FC2ブログ

プロフィール

ひがっさん!!

Author:ひがっさん!!
K(男の子)とR(女の子)の2人の子どもを大切にする
磯釣り師でHGは和歌山県・みなべ&堺磯です。
中でも満潮時 水没する磯に良く行きます。
フカセ,紀州釣りでの自己記録は、
尾長グレ  51cm (2.0kg)
口太グレ  46cm (1.8kg)
チヌ    59cm (3.0kg)
マダイ   60cm (2.5kg)
イシダイ  47cm (2.3kg)

特に紀州釣りが大好きで、チヌは実寸で60アップを
仕留めるため、日々勉強しております。

釣り日記以外に子どもネタも充実!!

FC2カウンター

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

ブロとも一覧

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR

満喫! 田辺の旅 Part-2

3月16日(日) 旅行2日目です。
昨夜はYさん宅でたくさん飲んだので朝からちょっと頭が
ズキズキ。でも寒くもなく天候も良いので気分は最高。
朝から子ども達も元気イッパイ!
   ↓
CIMG2508.jpg

Yさん宅に寄せてもらってから車2台で出発!
今日の行先はYさん夫が提案してくれた熊野本宮大社周辺めぐり。

国道311号線を走ります。途中の公園でしばしの休憩・・・ならぬ
サッカーをします。ちょっと疲れたよ。。。
また車を走らせます。この道、信号もなく非常に走りやすいです。

まず最初に立ち寄ったのは、「川湯温泉」。
石をめくるとボコボコと温泉が湧いています。
直径5mくらいの まさに風呂がありました。
私たちは足湯を楽しみます。
普段はもっともっと透明度高いようですがこの日は濁っていた。
   ↓
CIMG2512.jpg

Yさんの一番下の子T君はおむつのまま風呂に入ってます。
ここまできたら何でもありよ。ね!
   ↓
CIMG2516.jpg

お昼を食べていると2羽の仲良しカモがやってきました。
MちゃんとKとRでパンをあげると手元まで寄ってきました。
   ↓
CIMG2514.jpg

足湯で疲れもとれたので次の目的地である熊野本宮大社に向かいます。
約10年振りに訪れたこの地、やっぱり神秘的です。
   ↓
CIMG2519.jpg

大社境内は写真撮影NGなのでお参りをして、次に徒歩で向かいの大斎原
(おおゆのはら)に行きました。
ここには日本一高い大鳥居があります。(高さ33.9mらしいです)
   ↓
CIMG2523.jpg

鳥居の中央には あの有名な八咫烏が。
   ↓
CIMG2524.jpg

八咫烏はサッカー日本代表のシンボルマークですね。
何でもこのマークの発創は日本サッカーの始祖である那智勝浦出身の
中村覚之助氏に何らかのかかわりがあるとか。
 
太陽の角度が良かったのでフラッシュなしでこんな写真撮りました!
   ↓
CIMG2525.jpg

この周辺も神秘的でGOODでした。
   ↓
CIMG2527.jpg

駐車場近くの資料館にはこんなのが展示されていました。
サッカー女子 日本代表が和歌山合宿に来た時のものなどサッカー好きには
たまらん品が。。。
   ↓
CIMG2533.jpg

CIMG2534.jpg

CIMG2532.jpg

次に向かったのは湯の峰温泉です。
温泉街の雰囲気が良かったです。
川のほとりに「湯筒」という90度の湯が沸いている枡があり、
ここに卵を浸けて「温泉卵」をつくるのです。
   ↓
CIMG2539.jpg

Kがやりました。
   ↓
CIMG2538.jpg

完成! Kはいい体験できたと思います。
   ↓
CIMG2550.jpg

塩をふりかけて食べます。黄身もアッサリで美味しかったよ。
   ↓
CIMG2556.jpg

CIMG2554.jpg

楽しかった旅ですが、そろそろ時間がきました。
Yさん一家とは ここでお別れして私達は龍神温泉経由で和歌山に帰りました。
両日とも天候に恵まれて楽しめました。
思い出に残る旅ルートをセレクトしてくれたYさん一家に感謝です!
スポンサーサイト



<< 釣行日記 13-03-24 | ホーム | 満喫! 田辺の旅 Part-1 >>


コメント

No title

熊野三山は、一度は訪れてみたいところです。
鳥居の大きさは半端ないですねぇ。
そして、太陽の入った写真はとても素晴らしい。
見どころ満載ですね。

dekoponさまへ

こんにちは。
この地は世界遺産に登録される前から
各所の整備が進み、登録後はその神秘的な
見どころが各情報網で伝えられて観光客が
どっと押し寄せるようになりました。

河原の石をめくって風呂をつくるっていいでしょう。
お湯がボコボコと湧いてきます。

本当に見どころ満載です。
dekoponさま家からは相当遠いですが、
お勧めです。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム