FC2ブログ

プロフィール

ひがっさん!!

Author:ひがっさん!!
K(男の子)とR(女の子)の2人の子どもを大切にする
磯釣り師でHGは和歌山県・みなべ&堺磯です。
中でも満潮時 水没する磯に良く行きます。
フカセ,紀州釣りでの自己記録は、
尾長グレ  51cm (2.0kg)
口太グレ  46cm (1.8kg)
チヌ    59cm (3.0kg)
マダイ   60cm (2.5kg)
イシダイ  47cm (2.3kg)

特に紀州釣りが大好きで、チヌは実寸で60アップを
仕留めるため、日々勉強しております。

釣り日記以外に子どもネタも充実!!

FC2カウンター

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

ブロとも一覧

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR

陸上競技大会 19-04-28

4月28日(日)
この日は中学生の記録会が補助競技場で
開催された。
午前に行なわれた男子走高跳。
Kは前半から身体の上がりが良く、期待して
いたが、自己ベストタイで2本失敗。

最後の3回目の跳躍。
   ↓
IMG_2616skr.jpg

まずまずの跳躍だと思います。
   ↓
IMG_2617skr.jpg

5cm上がり自己新を狙ったが、惜しくもクリア
ならず。

午後から男子200mに参戦。
足の回転ピッチが課題だが、自己新が出た。
   ↓
IMG_2666skr (2)

走高跳は上手くハマれば自己新狙える。
次回に期待。

スポンサーサイト



陸上競技大会 19-04-27

10連休の初日は陸上競技大会。Rのみ出場。
朝の全体アップはRが牽引。
   ↓
IMG_2572knk (2)

午前は小学女子5,6年生 100m。
   ↓
IMG_2581knk (2)

スタート直後、腕が振れておらず、
身体が立ち過ぎ。
   ↓
IMG_2583knk (2)

序盤でのつまづきが後半に響き、
前回同様、ストライド伸びず 腕振りが硬い。
   ↓
IMG_2586knk.jpg

タイムは自己ベストだが、追い風参考記録となった。
   ↓
IMG_2587knk.jpg

午後からは小学女子5年生 800m。
県トップクラスの選手達と走ります。
   ↓
IMG_2589knk (2)

IMG_2592knk (2)

序盤からトップクラス2名が抜け出し
太刀打ち出来ず。
Rは3,4番手でラスト200mで抜け出し
3着でゴール。
   ↓
IMG_2602knk.jpg

今まで体験したことのない疲労度。
フラフラでコースアウトした。
   ↓
IMG_2606knk.jpg

初めての800m。
ロクに練習出来てない中、弱音を
吐かず良く頑張った。
   ↓
IMG_2509 (2)


長期連休

明後日から10連休。
とりあえず色々と予定を組んでみたが、
予定どおり上手くいくかどうか?

20180422_.jpg


陸上競技大会 19-04-21

4月21日(日)
紀三井寺陸上競技場にて開催された
マスターズ陸上競技大会に知り合いの人が
出場するので、応援も兼ねて観戦に。

IMG_2499mtr.jpg

W30クラスの走高跳で見事 日本新記録で優勝した
選手の跳躍。聞くと、日本選手権で2回も優勝して
いるとのこと。
   ↓
IMG_2563mtr.jpg

年代別に設けられた各種競技。
私も走高跳に出てみたいが、ヘルニア再発が
恐ろしや。

砂採取

今夕、お気に入りの浜にて紀州釣り用の
砂を大量採取。   
ここの砂は粒子が細かく、ヌカに良く馴染む。

ここから見る夕日は大変美しいものだが、
この時期は黄砂の影響かせっかくの風景が
台無しになってしまうのが残念。
   ↓
IMG_2504hmm.jpg

ベタ凪

堺磯・平島のウラ。
マゼが吹くとこんな感じになります。
   ↓
IMG_1981hu.jpg

追い風となるので海面はベタ凪に。
ダンゴの投入もスムーズに行なえる。

私自身、50アップのチヌに関しては
一番実績が高い。

大潮の満潮(夕方)を迎えると、
釣れても釣れなくても、
「よし、やってやろう」という気持ちになる
非常に魅力のある磯。

陸上競技大会 19-04-14

記録会 2日目。
今日はRも参戦。
小学女子5年 100m。

IMG_2510klk.jpg

IMG_2515klk.jpg

中盤から後退し、気持ちに焦りが出たのか、
肩に力が入り 走りが硬い。

IMG_2521klk.jpg

自己ベストに届かず撃沈。。。
   ↓
IMG_2525klk.jpg

Rと同時間帯に行なわれていた
共通男子走高跳にKが出場。
自己ベストタイの時の跳躍。
   ↓
IMG_2513klk.jpg

IMG_2514klk.jpg

新スパイクはまだ足に馴染んでいないため
踏切足(踵部)が靴擦れになってしまったが
シーズン初期の跳躍にしては良かったと思う。

本日最終競技の共通男子400mで〆。
   ↓
IMG_2540klk.jpg

IMG_2544klk.jpg

Kは1レーンなので、事前ミーティングで周りの選手の
動きをみてレース展開を自分で判断するようにして
いたが、200m以降は失速してしまった。
しかしコンディション悪い中良く頑張った。

陸上競技大会 19-04-13

今シーズン2回目の記録会。
朝から天候は良く、太陽の下では
暖かいが、太陽が陰るとかなり肌寒い。

Kは今日と明日で4種目にエントリー。
まずは中学男子110mハードル。
   ↓
IMG_2468.jpg

IMG_2470.jpg

IMG_2473.jpg

ハードル間のインターバルは3歩で行くべきもの
だが、不慣れなため途中から5歩になってしまった。

まあ転倒すことなくゴール出来たのでヨシとしよう。
   ↓
IMG_2483klk.jpg

午後からは共通男子100m。
   ↓
IMG_2488klk.jpg

足は前でさばけず、うしろに流れて
しまっている。
   ↓
IMG_2495klk.jpg
  
IMG_2498klk.jpg

2種目とも自己ベストながら納得いかない走りだった。
明日は巻き返しを。




19-04-12

明後日は天候怪しいですが、
ようやくこの時期らしい天候に。

CIMG7018kss.jpg

私の花粉症、今年は就寝前に飲む薬が
良く効いているのか全く不快感なし。
夜も爆睡。

桜満開

4月7日(日)
子ども達の練習場の桜は一番の
見頃を迎えた。
   ↓
20190407_172728.jpg

20190407_172757.jpg

この日は朝から気温上昇して和歌山市の
最高気温は24度を記録。
日中は半袖で過ごすことができた。

釣行日記 19-04-06

釣り場  堺磯・大島

釣果   チヌ   42~43cm * 2匹
      ヘダイ 42cm * 1匹

仕掛け  ハリス1.5号,ハリ伊勢尼8号(黒),
      自作立ちウキ(黒・橙),タナ4.5~6ヒロ

エサ   オキアミ(紀州釣り)

今シーズン初の紀州釣りは堺磯で。
5時20分 港到着。
5時30分の一番船には6名乗せて出船。
私は単独で大島へ。大きな磯を独り占め。

日の出です。
   ↓
20190406_055334.jpg

大潮の満潮で足元は水没。
更に沖からの波が強く、足元を掬われそう。
足はハの字に開いて波による転倒を免れる。

潮位が高く、理想の釣りが出来ないので
早めの朝食。
いつもの奴と、最近お気に入りのスイートポテト。
今年に入ってから10ケは食べている。
   ↓
20190406_061255.jpg

ダンゴの準備は完璧。
   ↓
20190406_063126.jpg

ダンゴ投入。
潮は緩やかに右にとっている。
6時30分過ぎに少し食いあげたようなアタリ。
最初は小魚と思ったが、中層まで引き上げた時に
強烈な締め込み。
正体は良型のヘダイ。
   ↓
20190406_081024.jpg

その後 しばらく沈黙が続く。
水温16度弱なのにダンゴの周りでは結構な数の
エサ取りが付いているものと思われる。

10時前、またもや食いあげたようなアタリ。
竿の胴まで絞めこむ。
姿の綺麗なチヌが釣れた。
   ↓
20190406_095904.jpg

潮は上り潮に変わってきた。
相変わらずエサ取りが多く、苦戦を強いられる。

昼過ぎに2匹目のチヌが釣れたが、アタリは渋い。
   ↓
20190406_120626.jpg

潮位はまだまだ低いはずだが、南からのウネリが
大きくなってきたため、スタンディングでの勝負。
気配が出てきたが、更にウネリが迫ってきたので
14時45分 納竿とした。

一番良い時間帯を釣れなかったのは残念。
次回に期待。

20190406_204432.jpg

ブラバン対決

選抜高校野球大会 決勝戦
  東邦(愛知) 6対0 習志野(千葉)
東邦エースの独壇場。
被安打3 ,完封,更に本塁打を2本も放ち
試合を優位に進めた。

試合以外で皆さん注目していたのは
東邦&大阪桐蔭 対 習志野のブラバン対決。
これ聴きに行くだけでも価値あると思う。

甲乙つけがたい素晴らしい演奏だった。

私が度肝を抜かされたのは美爆音 習志野の
"Beautiful Smile"
あの高須クリニックCMで使われている
お馴染みの曲。
習志野風にアレンジされたレベルの高い仕上がり。
また夏の選手権で聴いてみたい。

narashino-19.jpg


選抜高校野球【大詰め】

今年の選抜高校野球は昨日準々決勝が
行なわれ、全試合 白熱した試合となった。
私のベスト4予想は東邦の1校だけに終わった。

明豊の監督は智辯和歌山OBで、1年生ながら
97年の選手権大会の優勝メンバー。
その決勝で対戦したのは昨日戦った龍谷大平安。
平安の当時の監督も現監督。
何とも感慨深いものがあるとコメントしていた。

その明豊と平安の主力メンバーに数名の和歌山出身
の選手がおり、平安の1番 センターを守る選手は
小学生時代は野球と陸上短距離も掛け持ち、
100mの学年別記録を何と4学年で持っている凄い
選手だった。
明豊で昨日先発して5回無失点に抑えた投手と
同じ地域出身のよう。
良い選手が県外に流出することは寂しいことだが、
それだけ和歌山には逸材がゴロゴロしている
ということ。

昨日の智辯和歌山は残念だった。
しかし収穫もあった。
彗星の如く現れた新2年生投手。
最後はサヨナラホームランを打たれたが、
失点はこれだけで強打の明石商を手玉にとった。
この冬に走り込み、下半身強化して体重は10キロ
増加した結果、
甲子園で智辯歴代最速の147キロを記録。

またキャッチャーもプロのスカウトの目に留まったはず。
昨日も二塁に走者をおいたピンチで牽制で刺した。
二塁送球タイムは高校ナンバーワンで送球精度も高い。
本日 U18日本代表の一次選考にセカンドを守る主将
とともに選出された。
是非とも最終選考に残り、智辯和歌山の名を全国に
知らしめてほしい。

本当の勝負は夏の選手権大会。
夏を見据えて日々精進。
   ↓
19senbatsu.jpg

| ホーム |


 ホーム