FC2ブログ

プロフィール

ひがっさん!!

Author:ひがっさん!!
K(男の子)とR(女の子)の2人の子どもを大切にする
磯釣り師でHGは和歌山県・みなべ&堺磯です。
中でも満潮時 水没する磯に良く行きます。
フカセ,紀州釣りでの自己記録は、
尾長グレ  51cm (2.0kg)
口太グレ  46cm (1.8kg)
チヌ    59cm (3.0kg)
マダイ   60cm (2.5kg)
イシダイ  47cm (2.3kg)

特に紀州釣りが大好きで、チヌは実寸で60アップを
仕留めるため、日々勉強しております。

釣り日記以外に子どもネタも充実!!

FC2カウンター

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

ブロとも一覧

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR

スイミング【終了】

1月31日(木)
本日10歳の誕生日を迎えたR。
スイミングスクール最後の日。
   ↓
CIMG8197rsm.jpg

CIMG8206rsm.jpg

幼稚園(年中)から始めて今年で5年。
先日 1級合格。

ここで辞めるのは もったいないと思うが、
色々と思うところがあるようで。

スイミングを始めてから風邪を引かなくなった。

良くがんばったと思います。




スポンサーサイト



R10 Birthday Party

先週末、Rの誕生日に先行して
誕生日会を開催。
早いもので10歳になりました。
   ↓
20190127_210257.jpg

2019書初会 展覧

正月に海南・春日神社で開催された書初会の
展覧が現地で開催中。
   ↓
CIMG7992ksg.jpg

中央がRの作品。
   ↓
CIMG7989ksg.jpg

来年も参加しようと思っています。


2019選抜高校野球 出場校決まる

3月23日より阪神甲子園球場で開催される
選抜高校野球大会の出場校が決定。

和歌山県からは市和歌山と智辯和歌山の二校が
選出された。
両校 夏の県選手権大会では常に準決勝,決勝で
顔を合わす実力校。
両校監督は中学校の先輩後輩の仲。

今年の市和歌山は秋季近畿で優勝した
龍谷大平安をあと一歩のところまで追いつめた
粘りのあるチーム。
投手の育成が上手。打撃陣は大砲は居ないが、
機動力,繋ぐ野球が出来る。

一方、智辯和歌山は去年春の選抜準優勝の
メンバーも数名残り、一年生の台頭も著しい。
前評判はそんなに高くないが頂点を狙ってほしい。
   ↓
DxvhLzUVsAE1NjH.jpg

個人的には聖地で以下二校との対戦希望。
【明豊(大分)】
明豊 川崎監督は智辯和歌山出身で、
1年生ながら97年選手権優勝メンバーで、
その時の主将は現智辯和歌山の中谷監督。

【習志野(千葉)】
公立校ながら秋季関東大会でベスト4に入り、
今大会出場を決めた。
チームの詳細は不明だが、
ブラスバンドは相当レベル高く、代表曲として
ハリーアップ,レッツゴー習志野など。
対面アルプススタンドで "美爆音"を
是非とも聴いてみたい。


水溜まり

みなべの水没磯には至るところに
こんな水溜まりがあるので、
水汲み時はバケツのロープ無しでもOK。
あると邪魔になる。
   ↓
IMG_1837kbt.jpg

バランス崩して人間がハマらないように注意すべし。


釣行日記 19-01-19

釣り場  みなべ・カブト~ウノ島

釣果   チヌ 33cm * 1匹

仕掛け  ハリス1.7号,ハリ掛かりすぎ7号,
       田辺ナニワL/G2,タナ2~3ヒロ

エサ   オキアミ(フカセ釣り)


懲りずに今回も みなべ磯へ。
5時 わだま渡船到着。
前回よりお客さん少なく、10名乗せて6時20分 出船。
私は他のお客さんの動向をみて乗る磯を決める。
カブトは誰も希望しなかったので、私が乗ることに。

カブトに磯着けする前で既に戦意喪失。
竿2本前にはまたもや。。。
   ↓
IMG_2353kbu.jpg

しかし好きな磯に乗せてもらったので
最善を尽くす。

この瞬間、いつ見ても感激する。
   ↓
IMG_2351kbu.jpg

前回同様、ウキの位置は変わらず。
少しして潮がやや動きだしたが、黄色ブイの
ほうに行ったり、やや投点を変えるとアオギの
ほうに流れたりでポイントを絞ることが出来ない。

IMG_2356kbu.jpg

時間がもったいないので朝食は手早く。
   ↓
IMG_2355kbu.jpg

微風で波なし。潮が下げ、底の石が見えてきた。

一ノ島。
   ↓
IMG_2359kbu.jpg

港向きで竿引きのアタリで尾長グレが食ってきたので
そろそろアタる頃かと期待したが、何をしてもダメ。
エサはそのままの状態で上がってくる。

13時を過ぎた頃から潮位が上がってきたし、
カブトでは出来ても15時が限界なので、
ウノ島に磯替わりすることに。

いつもの釣座。
   ↓
IMG_2360kbu.jpg

足元にはフグが数匹でその他の魚はみえない。
潮が手前に突いてくるので、足元に引き付けて釣る。
ここでもエサは残ってくることが多い。

15時過ぎに小型チヌが釣れたのだが。
   ↓
IMG_2362kbu.jpg

他に竿を極限まで絞り込む魚はヒットせず。
16時15分 納竿とした。

IMG_2364kbu.jpg

自分の釣り、ちょっと考え直す時期が来てるかも。

過保護な浮力材

先月購入したフローティングベスト、
機能性は申し分ないのだが、浮力材の素材が
私の独自調査により、イマイチということが
わかった。(購入前からわかっていた)
   ↓
IMG_2336ftb.jpg

過去に着用していたものの中には
8年間着用しても経年劣化がみられない
素晴らしい素材もあった。
今回購入の際、その素材のものあったが、
デザインが×で却下となった。

少しでも劣化時期を遅らせたいという
想いで考えついたのが浮力材をポリブクロで
覆うということ。

水没磯では毎回波しぶきで全身濡れる。
当然ベストの浮力材も海水に濡れてしまう。
その都度 自宅で水洗いをしていた。

作業開始。
引き裂きに相当強いポリブクロを浮力材の形に裁断
して端面はシーラーで溶着。
   ↓
IMG_2335ftb.jpg

完成!
   ↓
IMG_2333ftb.jpg

IMG_2334ftb.jpg

新品一回目の釣りからこのポリブクロに
入れて水没磯で釣りをしているが、
特に問題なく使用出来ている。

浮力材は長期にわたる密閉状態では
劣化を早めると思うので、使用後は開口部を
開いて保管。

限界近し

2013年 初冬から使い始めた胴付ウエーダー。
現在6シーズン目を迎えているが、
御覧のようにフェルトが摩耗により見るも無残な
状態に。
   ↓
IMG_2330wed.jpg

IMG_2329wed.jpg

通常ならばメーカーにてフェルト張替えをお願い
するところだが、本体(右足)の一部が経年劣化より、
ひび割れして海水が侵入してきたので、
もう限界なんやろうと。
私の性格上、シーズンオフは綺麗に折りたたんで
購入時のケースに収納していたためと思われる。

水没磯専門の私は磯ブーツを保有していません。
シーズン中はこのウエーダーのみ。

今シーズンはこれで何とか凌いで、来シーズン用に
6月頃 新規購入予定。

釣行日記 19-01-13

釣り場  みなべ・カブト

釣果   チヌ 42cm * 1匹

仕掛け  ハリス2号,ハリ掛かりすぎ7号,
      ブランクレス2B(赤),タナ1.5~3ヒロ

エサ   オキアミ(フカセ釣り)


三連休の中日、みなべ磯へ。
5時10分 わだま渡船到着。
さすが好調に釣れているためか車が多い。
久々にみる駐車場満杯。

6時20分の一番船には約20名乗せて出船。
私は今回も単独でカブトへ。
磯に降り立ってまず気づいたことは、
ポイントのやや手前に網が入っていたこと。
カブトの左と右100m付近にも網が入っている。
網は入っているもののポイントはその沖なので
もし魚を掛けたら「一気に巻き上げの術」でと
イメージして釣り開始。

右の瀬から程良いサラシが形成されている。

綺麗な日の出。
   ↓
IMG_2337kbt.jpg

潮の動きは全くなく、3分待ってもそのままの位置。
投点を変えるも変化なし。

朝食は手早く済ませる。
   ↓
IMG_2340kbt.jpg

そのうち状況も変わると思っていたが、
ウキの位置変わらずエサはそのまま残ってくる。
昼前に初めてのウキ入れでチヌが竿を絞り込んだが、
厳しい状態が続く。

好調な 一ノ島(右)。
   ↓
IMG_2341kbt.jpg

最終(16:10)まで頑張ったが、不発に終わった。
この日は全般に不調でグレは数えるほどしか
なかったようだ。
水温 カブト周辺,鹿島周辺ともに14.2度。
これに懲りず、次回に向けてイメトレ実施。

チヌは最高のコンディションなので、刺身&鍋。

IMG_2347kbt.jpg

書道展 2019

1月12日(土)
和歌山市内でスポーツ書道展が開催され、
Rの作品が展示されていたので出動。
   ↓
CIMG7924sdt.jpg

今回のお題は "体力"。
   ↓
CIMG7918sdt.jpg

CIMG7919sdt.jpg

毛筆もだいぶん板についてきた。

厳寒の朝

明日の朝は今季一番の寒気により、平野部でも
氷点下になりそう。

20190104_164552.jpg

風が止むので車のガラスが凍結すると予想。

こんな寒気が入っても紀伊半島のグレ釣りは
好調をキープ。
次回はいつ行けるだろうか?水没磯。。。

釣行日記 19-01-05

釣り場   みなべ・カブト

釣果    グレ 31~36cm * 8匹
       アイ 24~28cm * 6匹

仕掛け  ハリス2号,ハリ掛かりすぎ7号,
      ブランクレスG2/赤・黄,タナ2ヒロ

エサ   オキアミ(フカセ釣り)


今年の初釣りは正月三が日を避けて、
5日にみなべ磯へ。
5時過ぎに わだま渡船到着。
前日は30名くらい居たというが、今日は少ない。

6時20分 出船。7名全員足元をウエーダーで固めているが、
鹿島沖向きが好調ということで、沖磯組は私含めて2名。
競合なく、単独でカブトへ。
潮位が高いので、波には細心の注意を払う。

上り潮が右の瀬の先端付近を越す勢いで流れている。
   ↓
IMG_2321kbt.jpg

潮の色は久々にみる紺色。
幸先よく 3投目にグレが来たので朝食を摂ることに。
   ↓
IMG_2324kbt.jpg

曇っていたので日の出は拝めず。
   ↓
IMG_2322kbt.jpg

初釣りということでラインを巻き替えた。
(VERTEX ロイヤルブルー)
   ↓
IMG_2320kbt.jpg

苦手な上り潮が続くが、グレは良く当たる。
25~28cmであるが、竿引きのアタリばかり。
アイも竿を絞り込んだが、全てリリースした。

ひとつのポイントを攻め続けるとグレは小型ばかりに
なってしまうので、遠近,左右とポイントを変えて
キープサイズをキャッチしていく。
   ↓
IMG_2326kbt.jpg

昼食を摂る時間が非常にもったいないので、
おにぎりを食べつつポイント周辺にマキエをかぶせる。

昼をまわった頃から風が出てきたが北風なので
釣りには全く影響なし。
しかし潮位の上りが早く、13時過ぎから右の釣座が
危険になってきたので左側に移動。
しばらくは安全な釣りが出来たが、14時過ぎから
背中を押される波になってきたので、足を前後にひらいて
波で身体を倒されないように踏ん張る。

そろそろ限界近くなってきたので14時40分 納竿とした。

結構竿は曲がったが、グレは良型来ず。
現在 鹿島沖向き絶好調。
しかし私は行きません。

IMG_2327kbt.jpg


2019 始動!

新年明けましておめでとうございます。
皆さま 今年の正月いかがお過ごしでしょうか?
我が家の元日は恒例の白味噌雑煮。
糸アオサをまぶします。
   ↓
CIMG7899kkz.jpg

午後からは初詣,実家で蟹をご馳走になった。

翌日は朝から箱根駅伝をテレビ観戦。
高校の後輩が青山学院大の一区を走るので全力応援。
最後は東洋大にかわされたが大健闘!
   ↓
Dv_HSRmVsAEyW1X.jpg

午後イチから海南市 春日神社で行なわれた書初めに
Rが参加。
   ↓
CIMG7901kkz.jpg

部屋の中で書初めを行ない、作品は後日展示
されるとのこと。
これとは別にスタンディングで今年の抱負を書く
ゾーンで。お題は毛筆の『八段』。
   ↓
CIMG7904kkz.jpg

おみくじは『大吉』と幸先良し。
   ↓
CIMG7905kkz.jpg

夕方はいつもの練習場で初練習。
   ↓
IMG_2309kkz.jpg

IMG_2313kkz.jpg

今年もよろしくお願いします。


| ホーム |


 ホーム