プロフィール

ひがっさん!!

Author:ひがっさん!!
K(男の子)とR(女の子)の2人の子どもを大切にする
磯釣り師でHGは和歌山県・みなべ&堺磯です。
中でも満潮時 水没する磯に良く行きます。
フカセ,紀州釣りでの自己記録は、
尾長グレ  51cm (2.0kg)
口太グレ  46cm (1.8kg)
チヌ    59cm (3.0kg)
マダイ   60cm (2.5kg)
イシダイ  47cm (2.3kg)

特に紀州釣りが大好きで、チヌは実寸で60アップを
仕留めるため、日々勉強しております。

釣り日記以外に子どもネタも充実!!

カウンター

フリーエリア

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

ブロとも一覧

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

まとめ

R7 Birthday Party

1月31日(日)
Rが7歳の誕生日を迎えました。

   
CIMG2219r.jpg

夕方 anne(アン)へ予約していたケーキを受け取りに。
   ↓
CIMG2184r.jpg

今回のパーティー、子ども達が喜ぶ料理が並びます。
   ↓
CIMG2195r.jpg

Rがリクエストしたケーキは、Rが大好きなロシアのアニメ "チェブラーシカ" 
   ↓
CIMG2201r.jpg<


CIMG2208r.jpg

喜んでくれて 良かったです。
   ↓
CIMG2205r.jpg

スポンサーサイト

見かけによらず

ウツボ(鱓)です。
   ↓
CIMG2159u.jpg

ド迫力の風貌。
ウツボは世界各国のものを含めると、約200種類くらいあり。
歯は鋭く毒はないですが、顎の力が強く、
噛まれたらエライこっちゃ。

タコはウツボの天敵で、伊勢エビはタコの天敵。
面白いことにウツボは伊勢エビと共生関係にあり、
伊勢エビにつられて寄ってきたタコをウツボが食らうという
ことが良くあるようです。

10年ちょっと前、みなべの国道沿いにある居酒屋で
"ウツボ鍋"を食べたことありますが、見かけによらず大変美味でした。
コラーゲンたっぷりなので女性にも大人気。

装飾された魚

ミノカサゴ(Luna Lionfish)。
   ↓
CIMG2085m.jpg

泳いでる姿はヒレが立って大きくみえます。
個体数が少なく、市場に出回ることはありません。
背ビレに毒があり、刺されると激痛が走る。

自宅に水槽があれば飼ってみたい魚です。

強烈な寒波

昨日から今日にかけて日本全国を強烈な寒波に包まれて、
寒さに慣れていない私達は大変でした。
昨日は家の敷地から一歩も外に出ませんでした。
昨日 夕方5時過ぎの私の車。フロントガラスがカチカチに。
   ↓
CIMG2170y.jpg

私自身 和歌山でこんな寒さを経験するのは過去なし。

【1月24日】
 和歌山市  最低-2.7℃,最高+2.8℃
  高野山   最低-10.8℃,最高-3.9℃
【1月25日】
 和歌山市  最低-1.6℃,最高+6.3℃
  高野山   最低-10.2℃,最高-2.7℃

標高の高い高野山は二日連続で-10℃を下回る極寒。
明日,明後日のソリ遊びはコンディション上々でしょう。

寒さのピークは過ぎましたが、朝晩は冷え込むので、
温かくしてお休みください。

釣行日記 16-01-23

釣り場  みなべ・カブト

釣果   グレ    30cm * 1匹
      ヘダイ   39cm * 1匹

仕掛け  ハリス2号,鯉針12号,釣太郎SP/G2,
      タナ2~2.5ヒロ

エサ   オキアミ(フカセ釣り)


翌日(日曜日)大シケとなる前に釣りに行くことにした。
5時15分 わだま渡船到着。
最近お客さんが少ない。今日の一番船は11名を乗せて出船。
私が希望するカブトは全3名の競合となったが、私がじゃんけんで
勝ったので単独で行くことに。

港から左周りでトオデから着けていく。
沖磯を目指すのは計4名、私が最初にカブトに渡礁。

今日は曇り空なので 日の出を拝むことが出来ず。
   ↓
IMG_0661k.jpg

乗ってすぐは潮位が高いため、足元を固め、ゆっくり仕掛けを準備。
第一投。潮は白浜方向に真っ直ぐ伸びていく。
どんな魚が食いついてくるか楽しみにしていたが、しばらくやってみたが
魚の反応なし。サシエの生オキアミは黒眼が付いたまま。

今日はカカオです。お歯黒になるが美味い!
   ↓
IMG_0663k.jpg

その後も集中して頑張るも、状況変わらず。
風は北東~北の微風で最高のコンディションなのだが。
   ↓
IMG_0665k.jpg

沖の溝をダイレクトに攻めてみたが、これも空振り。。。
う~ん、今日は厳しいな。。。

潮が引き、右の瀬が姿を現してきた。
   ↓
IMG_0666k.jpg

正午をまわっても一度もウキは入らない。
このままでは完全丸坊主となってしまう。
過去に例をみない大変厳しい状況であるが、贅沢にも土曜日に
単独でカブトに乗れているので、最善を尽くす。

霧雨が降ってきて気温も下がってきた。
私は竿を握りながらスクワットをして身体を温める。

14時くらいから一ノ島方向に潮が取り出した。
やや遠目の筋を流している時に竿引きの大アタリが出たが、
フッキングに至らず。
同じ筋を攻めて2回目のアタリ、竿が曲がるも正体はヘダイだった。
続いて仕掛けが馴染む前にウキが消し込んだ。
本日唯一のグレは30cmの尾長グレ。
 
夕方の満潮が17時なので、最終の16時30分まで釣るのは
危険を伴なうので、中途半端な15時の船で帰港した。

今日の みなべ磯は全般に不調だった。
カブトでのウキ入れ回数は たったの3回でハリは1本で通せた。

カブト周辺の水温は16.4度。
この状態が一週間くらい続くと好釣果が期待できる。

CIMG2168k.jpg

試練の釣行

またまた週末から週明けにかけて今期最強の寒波がやってきます。
明日 土曜日は夕方までは何とかなりそうなので、
水没磯へ行ってきます。

いつも以上の防寒対策で。

IMG_0519o.jpg

路面凍結に注意

1月19日(火)
発達した低気圧の影響で未明から暴風となり、
和歌山市では午前0時台に瞬間最大風速24.7mを記録。
日中も10m以上の風速で気温も7度止まり。

CIMG2146f.jpg

積雪に慣れていない和歌山人。
少し雪が積もっているところもあり、明日の明け方の路面凍結が心配だ。

山歩き 

1月17日(日)
午前中にRを連れて 紀伊風土記の丘へ山歩きに行ってきました。
昨日は家族全員で同じコースを歩いてます。
ハイキングコースの図。
   ↓
CIMG2162f.jpg

反時計まわりでコースを歩きます。
(旧 谷村家 宅を右折)
   ↓
CIMG2139f.jpg

途中から舗装されていない土の道。
勾配もきつくなります。

中間地点の展望台から北側(和泉山脈側)を望む。
   ↓
CIMG2140f.jpg

そのまま一周すると後半は勾配がキツ過ぎて、足首,膝に負担が
かかるので、ここで折り返し。

こんなところを歩きます。
   ↓
CIMG2142f.jpg

途中 脇道に入り、古墳群の横を通過。
   ↓
CIMG2144f.jpg

約30分で旧 谷村家 宅前へ戻ってきました。

Rは最近 毎日縄跳びの練習をしており、今日も縄跳び持参で。
   ↓
CIMG2149f.jpg

竪穴住居前でも。
   ↓
CIMG2153f.jpg

竪穴住居の藁葺の厚み。
   ↓
CIMG2158f.jpg

旧 柳川家 宅前。
   ↓
CIMG2161f.jpg

ハイキングコースは人気で今日もたくさんの人と出会った。

最強寒波到来

ここ2~3日 寒さ厳しいですが、
来週火曜日~土曜日(日曜日)にかけて
全国的に厳しい寒さに包まれるようです。

朝起きが苦手な人には大変な一週間になりそうだ。

CIMG1950u.jpg

マキエ杓(ショートタイプ)

1月3日 みなべ・カブトでの釣りでマキエ杓を流失してしまった。
お気に入りのショートタイプを失いショックだったが、
1年前に購入済みのシャフト(630mm)があったので これをショートタイプに改造。
(改造前)
   ↓
IMG_0618s.jpg

ベルモントのチタンカップ。
   ↓
IMG_0620s.jpg

ノコで切断して接着剤を塗布。
左が690mm(標準品),右が510mm(改造品)
   ↓
IMG_0615s.jpg

バッカンにセットした例。(ロングとショート)
   ↓
IMG_0625s.jpg

ウマの上にセットしたバッカンからマキエを撒く時、遠投の場合は
ロングを使いますが、足元~竿2本くらいの範囲に撒く時は
ショートタイプが断然有利です。
強風により、バッカンから落下することもありません。

カーディーラーで愉しむ

1月10日(日)
朝から近くのカーディーラーに遊びに行ってきました。
福袋や搗きたての餅をいただきました。

11時からはデコレーションアート教室。
   ↓
CIMG2113w.jpg

細かな作業。Rの得意な分野。
   ↓
CIMG2116w.jpg

(左)R作   (右)嫁さん作
開くと両鏡になってます。
   ↓
CIMG2122w.jpg

Kは暇なので けん玉で遊ぶ。
   ↓
CIMG2118w.jpg

12時30分からはバルーンアート教室。
お題は猿年にちなんで"猿"。
   ↓
CIMG2120w.jpg

完成!
   ↓
CIMG2121w.jpg

釣行日記 16-01-09

釣り場  みなべ・アオギ

釣果   グレ 33~35cm * 3匹

仕掛け  ハリス2号,ハリ口太グレ7号,
      ウキ釣太郎G2/イエロー,タナ2~2.5ヒロ

エサ   オキアミ(フカセ釣り)

三連休の初日、みなべ磯へ行くことにした。
5時15分 わだま渡船到着。今回もお客さんは少ない。
6時20分 13名を乗せて出船。

私はフタゴを希望していたが、他船がアオギには着けない
とのことなので、久々にアオギに行くことに。

乗って早々、波の洗礼が待っていた。
ここは特異な波が立ち、過去 何人も海に放り込まれている。
約30分間 ひたすら波に耐えた。
波が少しマシになってきたので8時前から仕掛けつくり開始。
久々のアオギ、どんな釣りが出来るのか?

きれいな日の出を拝むことが出来ました。。
   ↓
IMG_0635a.jpg

朝はゆっくり上り潮。
非常に良い感じだ。20m付近まで流した時に竿引きの大アタリ。
幸先よく 35cmのグレが玉網に収まった。
   ↓
IMG_0636a.jpg

10分後にも同じようなアタリで35cmを取り込む。

今日の朝食、和栗モンブラン。
   ↓
IMG_0637a.jpg

潮は引きだしたが、時折 大波が背後から襲ってくるので、
このようにウマをロープで固定した。
   ↓
IMG_0638a.jpg

うしろの地磯 カンス。人が増えてきた。
   ↓
IMG_0639a.jpg

グレはもう一匹追加したが、以降は厳しい状況が続く。
白浜向きのポイント。
   ↓
IMG_0641a.jpg

昼を過ぎ、干底であるが 背後から勢いのある波が
何回かの周期でやってくる。
出船時、わだま船頭からは「やれても15時まで」と言われていたが、
先週 近くの磯で1名海に放り込まれているのを見ているので、
安全第一 13時の船で磯替わり。

やってきたのは子ノ島。
南向きに釣り座を取り、釣り開始。
以前紹介した自作のマキエ杓ホルダーも活躍してます。
   ↓
IMG_0647a.jpg

子ノ島はフグが多いので、足元にフグを釘付けにして
遠投で大型グレを狙う。
今日の潮は20mくらいまでは素直に白浜方向にとり、そこから右にカーブ。
何度やってもエサは半分だけ 齧られる。

14時30分 この竿先が勢いよく引っ張り込まれた。
   ↓
IMG_0645a.jpg

しかし残念。ハリ外れ。
その後 もう一回同じようなアタリがあったが、
これもフッキングさせることが出来ず×。
14時45分 納竿とした。

南のシモリで盛り上がった波がどんどん大きくなってきた。
   ↓
IMG_0649a.jpg

大変厳しい一日でした。

IMG_0651a.jpg

玉の柄 復活!

先日 みなべ・カブトでの釣りでサックリと折れてしまった
玉の柄(G-SPESIAL430)
   ↓
IMG_0613t.jpg

翌日(4日)までは折れた#1を購入しようと考えていたが、
費用もかさむことから 自分で修復することにした。

比較的きれいに折れていたので、ヤスリで面取りして
受けネジを埋め込み接着。
   ↓
IMG_0621t.jpg

玉網をセットし、ネジの効き具合を確認。
   ↓
IMG_0629t.jpg

IMG_0630t.jpg

全長は4.1mになったが 私のHGでは4mもあれば充分。
ネジの締めつけの繰り返しで接着部がどうなるか
わからないが、当面これで勝負します。

酒の肴に最適

先日釣ったアイの一夜干しです。
アイを開き、立て塩をして網の上で干します。
   ↓
IMG_0622a.jpg

IMG_0624a.jpg

冷凍していたのを今夜いただきました。
   ↓
IMG_0628a.jpg

見た目はよろしくないですが、酒の肴には最高!
好き嫌いハッキリする魚ですが私は20~25cmのやつが
大好物です。

グレ三昧!

1月5日(火)
冬季連休も今日が最終日。
今夜はグレ三昧でした。

皮の湯引き、柚子ぽんでいただきます。
コラーゲンたっぷり。
   ↓
CIMG2109g.jpg

一番大きいやつの脂の乗りが良かったので刺身に。
   ↓
CIMG2108g.jpg

そしてメインのグレ鍋。
   ↓
CIMG2110g.jpg

最後は雑炊で〆た。
食材が多かったのでお酒もすすみました。

釣行日記 16-01-03

釣り場  みなべ・カブト ~ ウノ島

釣果   グレ   34~42.2cm * 3匹 (実寸)
      アイ   24~27cm   * 3匹
      丸ハゲ  24cm      * 1匹

仕掛け  ハリス2号,ハリ鯉針11号,
      ナニワSP/G2,タナ1~2ヒロ

エサ   オキアミ(フカセ釣り)

2016年の初釣りは迷うことなく、わだま渡船へ。
今回は単独釣行です。
5時過ぎに わだま渡船到着。例年と比べてお客さんが少ない。
6時になっても駐車場は満杯になることなく。

6時20分 13名を乗せて出船。
地方磯から着けていく。今日は珍しく、13名全員が水没磯へ。
私は単独でカブトへ渡礁。

仕掛けの準備完了。今年の初釣り、いい釣りしたい。
朝はゆっくりした上り潮で、潮の差し込む角度は悪くない。
竿2本前を攻めるが、エサは残ったままが多い。

今年も去年と同様の朝食です。
   ↓
IMG_0605h.jpg

程良いサラシが形成されて前方へ払い出されていきます。
   ↓
IMG_0606h.jpg

時々ウキを押さえ込むのはアイ。
干物に最高のサイズなのでキープ。
グレは10時くらいに1匹釣れただけでパッとしない。

11時くらいに鹿島向きに流れる潮筋をみつけたので
ここを重点的に攻める。
やや遠目のポイントで竿引きのアタリが出た。
そこそこの重量感、久々に味わう40アップのグレの引き。
玉網に滑り込ませたのは良型グレ。

昼前の海況は緩い北風でベタ凪。
   ↓
IMG_0608h.jpg

気温も16度まで上昇し、願ってもないコンディションだが、
このあとエラいことになってしまうのです。
13時過ぎ、急に西からの波が大きくなってきた。
何回かの周期で大波がカブトを襲いだした。
遂にはウマの上に置いていたバッカンとマキエ杓が流された。
バッカンは沈む前に自力で回収。
そして思いもよらないアクシデント発生で"玉の柄"の#1が波の勢いで
折れてしまった。最悪だ。

船は全速力でやってきた。
私は急いで船に乗り込み、その他の荷物の流失は免れたが、
某磯で釣っていた1名が大波で流された。
取りあえず海に落ちた人を木棒に捕まらせて少し沖へ誘導後、
船の中程から大人3名かかりで引き揚げた。
無事で本当に良かった。
長年みなべ磯に通っているが人が流されたのは初めてみた。

気を取り直し、私はウノ島へ磯替わり。
   ↓
IMG_0609h.jpg

ここも波は大きく、チャラン棒の周辺に置いたウマも何時倒されるか
わからないのでロープで固定した。
私の入ったポイントは西波で仕掛けが安定しない。
2投目に36cmのグレを釣ったが、あと続かず。

前のシモリで砕けた波が押し寄せる。
   ↓
IMG_0611h.jpg

波を気にしながら釣るのも疲れたので少し早いが
16時20分 納竿とした。
私の過去の釣り日記を振り返ると、近年 正月は1月3日に釣りに来ており、
2013年,2015年と大波でドエラいことになった。
そして2016年、午前中は静かな海で最高のコンディションだと
思っていたが、海況急変で結局今年も何時流されてもおかしくなかった。
1月3日は何かがある。

CIMG2104h.jpg

初詣

1月2日(土)
昼前に近くの神社に初詣に行ってきました。
風もなく穏やかな和歌山市。
例年より参拝客が少なかったような気がしました。

おみくじを引いた子ども達。
結果は まあまあ良かったです。
   ↓
CIMG2103n.jpg

2016年 元旦

皆さま 明けましておめでとうございます。
今年も一年 日々の出来事をお届けします。
どうぞよろしくお願いします。

さて、今年の元旦は日の出前から始動。
和歌山城で毎年開催されている「歩こう走ろう会」に
初参加しました。
   ↓
CIMG2091s.jpg

総勢2,000名超。和歌山城の堀を歩きます。
今日は風もなく穏やかな一日でした。
冷え切った空気が美味い!Kが歩きます。
   ↓
CIMG2096s.jpg

私達にはモノ足らなかったな。
終了後、堀の前で記念撮影。
   ↓
CIMG2099s.jpg

9時前に自宅に戻り、雑煮を食べます。
毎年 紹介してますが、和歌山の雑煮は白味噌に
糸アオサをまぶして食べます。
   ↓
CIMG2100s.jpg

夜は実家でカニ鍋をご馳走になりました。
さすがに この時間帯、眠いです。。。

| ホーム |


 ホーム