プロフィール

ひがっさん!!

Author:ひがっさん!!
K(男の子)とR(女の子)の2人の子どもを大切にする
磯釣り師でHGは和歌山県・みなべ&堺磯です。
中でも満潮時 水没する磯に良く行きます。
フカセ,紀州釣りでの自己記録は、
尾長グレ  51cm (2.0kg)
口太グレ  46cm (1.8kg)
チヌ    59cm (3.0kg)
マダイ   60cm (2.5kg)
イシダイ  47cm (2.3kg)

特に紀州釣りが大好きで、チヌは実寸で60アップを
仕留めるため、日々勉強しております。

釣り日記以外に子どもネタも充実!!

カウンター

フリーエリア

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

ブロとも一覧

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

まとめ

祝 3歳!!

sIMG_9518.jpg

本日 Rが3歳の誕生日を迎えました。
身長 96.5cm , 体重 15.3kg
両親同様に体は大きいのですが、言葉が満足に喋れません。
しかしKの影響で、ポケモンの名前はイッパイ言えます。
スポンサーサイト

自然の造形美

sCIMG2926.jpg
  ↑
南部・中ノ島にある穴(風呂)です。
直径約1.5m,深さ約2m。
これともう一回り小さい風呂が1つあります。
満潮の度に水が入れ替わるので、非常に美しい。
まさしく自然の造形美です。

何故このような風呂が出来たのか謎です。

この系統の穴は他の磯にもあります。
川口島の穴は潮の干満により、奇怪な音が鳴ります。

多種魚料理

今夜は「チヌ鍋」をメインに多種の魚料理を
食べました。
チヌ鍋,チヌ刺身,チヌ肝,チヌ皮,イシダイ刺身,イシダイ肝。
イシダイは言うまでもないですが、寒の時期のチヌの身は本当に
美味いです。
家族4名で食すには、昨日くらいの釣果で充分です。。。
Rもたくさん食べました。魚好き。底なしです。
人の魚まで取りに来る。

sCIMG2922.jpg

釣行日記 12-01-28

釣り場  南部・アオギ ~ 中ノ島

釣果   チヌ    44cm  1匹
     サンバソウ 32cm  1匹

仕掛け  ハリス3号,ハリ寒グレ7号,
     四国ますだSP/0~G2,タナ3~5ヒロ

エサ   オキアミ(フカセ釣り)


Kの体調も落ち着いたので、南部に行くことにした。
4時30分に わだま渡船に到着。車は他に1台しか
止まっていない。
おかしい?こんなことはないはず。休業か?と思い事務所入り口を
見に行くが、貼紙もしていない。
そのうち車が何台か来たが、駐車場満杯とまでいかず。

正月の賑わいはなく、6時20分の一番船には約10名乗せて出船。
私は希望どおりアオギに乗ることができた。
土曜日に単独でここに乗れるとは非常に贅沢な話だ。

早速釣り開始。
風も波もなく、池のようだ。
朝一からしばらくの間は潮の流れは全くなく、3分経過してもウキの
位置は そのままである。
しかもサシエは形のまま残ってくる。
「ちょっとマズイなぁ」という気持ちが早くも午前7時30分くらいに
思いだしたのである。
3ヒロでエサを取らない。ならば0ウキの下にガン玉G6をかまし、
サシエが馴染んだ時にジワッと沈むように調整した。
これでタナを探っていく。しかしアタリなし。

再びG2のウキに戻し、下り潮の時に攻めるポイントに遠投した。
これまた反応なし。右側のタナからまっすぐ白浜向きに流れる潮に
乗せたりもしたが、やることやることが全てうまくいかない。
おまけに風が冷たく、完全防備で来たのだが、釣果が寒いので気分まで
寒くなってきた。
そうこうしている間に昼をまわり昼食タイムにした。

第2ラウンド。
状況は何ら変わらず。またまた0ウキに変更し、3ヒロより深いところを
探っていく。
5ヒロくらい落ちていく最中(この時ウキは見えてません)竿先でアタリを
聞いていたら、コンコンと引っ張られた。
反射的に合わすと、こちらの想像を絶する重量級の魚が動き出したのである。
アテンダーⅡは胴まで入り、きしんでいる。ドラグから糸がどんどん出ていく。
なにしろ掛けたタナが深かったので、魚に主導権を奪われてしまい、ついに
根に入られてしまった。5分くらい待ったがダメだった。
その5分後に同じようなアタリ。
竿を叩くような強烈な引きを見せたのは綺麗なチヌだった。
それにしても今日のタナは深い。
以降 このようなパターンで魚達にアピールするもアタリとれず。

15時前に船が来たので、誰も乗っていない 中ノ島に磯替わりした。
舟着きは波気がなく、釣れそうな雰囲気なし。
そこで、西のハナに移動し、カブトの右に伸びる瀬の裏を釣る。
足元の払い出しが理想的に前方に伸びていく。
雰囲気は良かったのだがウキは入らない。
再び舟着きへ移動。少し遠投していたウキがゆっくり入った。
軽く上がってきたのはサンバソウだった。
港から船が出てきたのを確認したので16時20分納竿とした。

アオギでこんな厳しい釣りをしたのは初めて。
アオギ~中ノ島の間で水温14.6℃。
港の中のほうが水温高いのには驚いた。(15.4℃)
全員でグレが1匹と低調な一日だった。

sIMG_9517.jpg

明日は釣り!!

今日 飲み会で今帰ってきました。
明日は釣りに行く予定ですが、朝起きることができるか???
釣果は期待しないでください。
フグだけに終るかも。。。

sIMG_5474.jpg

玉の柄ホルダー

毎日寒いですね!!
私は こんな寒い時でも、釣りのことから頭が離れない
異常なほどの釣りバカなのです。

さて、今回紹介する品は、「玉の柄ホルダー」です。
  ↓
sIMG_9515.jpg

私は竿,玉の柄を磯に絶対置きません。
キズ付くことを極端に嫌います。
そこで、ピトンにホルダーを装着すれば、魚を取り込む時に
いちいち身体を屈めなくても良く、素早く玉の柄を取り出せる
ということであみ出した品です。
セパレートタイプで、上側は脚長なので、玉の柄は斜めにセット
され、ピトンの一番上に付ける竿受けには干渉しません。

今では商品化されていますが、私がデザインし製作したのが
12年前です。かなり重宝しています。

4月後半~こどもの日までは、「鯉のぼりホルダー」として
活躍します。

~本日のKとRの状況~
 Kは朝からヒマで、何をしていいのか悩んでいるようです。
 Rは自分の思いのまま行動。自由人です。鼻水ダラダラで、
 服の袖で拭いています。乾いてカピカピになってます。。。

寒さ続く

今日も気温の上がらない一日でした。
会社の帰り、車に乗り込みフロントガラスが
汚れていたのでワイパーをかけた。

ガラスが凍ってしまった。
ガラス全体に凍らなかったので、そのまま走行
したが、非常に焦りました。。。(外気温2℃)
明日の朝、凍結が心配されますので、車通勤の方は
充分注意してください。

Kの体力は回復。Rも心配なし。
今日Kは11時。Rは何と12時まで寝たようです。
そして、もうすぐ  また寝る。
「寝る子は育つ」→ そのとおりに育っています。

sIMG_6486.jpg
  ↑
これは2年前の正月。片男波内側の画像です。
カモメが食パンに群がり・・・

K回復したが・・・

Kが昨夜寝ている時に、いっぱい汗をかいていました。
全身熱い。一緒に寝ていますが、カイロみたいです。
そして10時30分まで寝たそうです。
熱を計ると平熱に落ち着きました。よかった。
Rも今のところ異常なしです。

Kが明日から学校に行くかと思っていたら、学校から
通達が来た。どうやら学級閉鎖になったようです。
水,木,金が休み。
Kにとっては2回目の冬休みです。

今日の夕方まで結構遊んだようですが、ついに遊び飽きたようで
ヤルことなく、勉強をしだしました。
親にとっては嬉しいことです。
水,木,金 ずっと勉強してくれればいいですが。。。

sCIMG7729.jpg

どうなる?子ども達

子ども達の体調は・・・
Rが夜中、結構高い熱でした。
それでRを小児科に連れていくついでに、Kも一緒に
診てもらいました。
すると、Rが平熱。Kが熱ぶり返し。なんちゅーこっちゃ。。。
Rは間違いなく感染しているはず。なのに、いつもどおり
おっとり遊んでいます。

sCA3I00350001.jpg
  ↑
これは先週の画像です。ひとり黙々と・・・

北近畿

Kの体調。相も変わらずです。
熱は下がり傾向にあるが、身体の芯の熱が高温を
保っているという感じでしょうか。
食欲はあります。
明日の体調をみて、水曜日くらいから登校できると
いいですが。

sIMG_6428.jpg
  ↑
183系「北近畿」です。(JR京都線 山崎駅にて撮影)
運行区間は、新大阪~城崎温泉です。
この時は”回送”だったので、運行区間外の山崎駅を通過
していきました。
奥に小さくみえる茶色の建物が、サントリー山崎蒸溜所です。
既に「こうのとり」にシフトされているため、走っている
姿をみることはできません。

家に引きこもり

インフルエンザにかかったKの体調は・・・
泣きそうな表情がなくなり、咳の回数も少しマシになってきた
ような気がしますが、まだまだ安静にしておかないといけません。
今日も日中は、ポケモンの本と、好きなアニメ三昧でした。

次に恐れていることは、Rに移ること。
同じ空間で居るし、Rはマスクの装着を頑なに拒否します。
もしかすると・・ と考えても、「なるようにしかならん」
と割り切っています。

話変わり、私は芋焼酎派です。
飲み始めてから8年くらい経ち、その間 色々と冒険もしました。
最初は甘めのものを好んでいましたが、最近は「やや辛口」が
口に合います。
しかし、今年の正月用に購入した白金酒造の「極芋」という焼酎。
「やや甘め」です。
鳴門金時の甘みが口の中に広がり、毎夜おいしくいただいています。

sIMG_9513.jpg

釣りは中止

Kの身体の調子が昨日朝から優れず。
夕方には、「寒い」と言い出しました。
夜中も非常にしんどそうで、泣いています。

私としては「ただの風邪であってほしい」と祈るような
気持ちでいましたが、本日診断の結果、”インフルエンザ”でした。

夕方まで3時間ほど寝たようで、今はリビングでポケモンの
本を見てます。

こんな状態なので明日の釣りは中止となりました。

sCIMG7789.jpg

底冷え

今日 一日中、寒かったですね。
冷たい雨。今も降り続いています。
明日の海は大荒れ。
一部の渡船区を除いて「出船できません」「沖磯は無理です」
と船頭からコメントでてるでしょう。

磯に立っているであろう32時間後の海の状態はどうか?
せっかく行くならば、良いコンディションで釣りしたいね!!



sIMG_9330.jpg
  ↑
久々ツーショットの仲良しKとRです。

放射冷却

今朝 和歌山市は冷えました。
我が家はカーポートがないので、車のガラスが
凍っていました。フロントガラスに お湯をかけました。
明日夜から天気が崩れてきます。

sIMG_9451.jpg

釣友と予定している土曜日の釣り、どうなるかな?
今回は天気がどうあれ、どこか場所を探して釣りに
行きます。それだけグレに飢えてます。。。

南部専用アイテム

私のHGである南部&堺磯は低い磯が多い。
満潮時は殆どの磯が水没します。そんな中、狙いの魚を求めて
寒い日も暑い日も、日の出から日没まで 立ちつくすのです。
当然 途中で竿を休めることがあります。
(私は食べながら釣り続けますが)
そんな時に便利なのが、このアイテム。
   ↓
sIMG_9512.jpg

ウマ(鉄製荷台)に取付する竿受けアタッチメント(特注品)です。
写真がダブりますが、1月4日のブログでウマに装着した姿があります。
オールステンレスで、ボルト+ナットで脱着します。

最近好調です

s2006-4-1e.jpg

堺磯・ヤナギです。
西向き(沖向き)のポイントです。
最近40アップのグレが高確率で出ている磯です。

バッカンの置いている場所が人気ですが、潮行きによっては
ワンドの左手に陣取るほうが良い場合があります。
北西風が吹くと、釣り辛いですが、海面がザワザワして
釣れそうな雰囲気が漂いますので、辛抱して釣りましょう。
釣り人が4~5名も並ぶと思うように流せないので、
出来れば平日のお客さん少ない時に乗りたいですね。

あとマイナーなポイントとして、平島ウラとの水道が
あります。何の変哲もないポイントですが、大型グレの実績が高く、
50アップも上がったことがあります!!
特殊なポイントで、「サシエに一工夫」と「辛抱」 ← これが一番大事ですが。。。

寒空の下

今日も午前中から外出しました。
先週行った某住宅会社のイベントが別の場所で
やっているので、行ってきました。
まぐろ汁,ぜんざい,お菓子などをいただきました。
Kが白紙の凧をもらい、絵を描きました。
それを持って、紀ノ川河川敷に向かい、凧あげです。
 ◆◆ 見えますか? Kと凧 ◆◆
      ↓
sIMG_9508.jpg

今イチ揚がりませんでしたが、Kは楽しそうに走って
操作していました。Rは相変わらず土遊びです。

良型グレ続出です。
海に行きたくて、行きたくて たまりません!!

見納め?

KとRを連れて10時過ぎから片男波内側にカモメのエサやり
のため、エサの食パンを買う前に見に行きましたが、今日も
居ませんでした。もう今年はダメです。

次は気になる軽自動車を見にショールームに行きました。
お客さんがイッパイでした。
お菓子のつかみ取りをさせてくれるというので、Kに「両手で
取れるだけ取れ」と指示したところ、結構取れました。

次に向かったのは、JR和歌山駅です。
昼食用のパンを持って、入場券でホームに入りました。
暖房の効いた待合室でKとRにパンを食べさせます。
しばらくしてから、「381系 くろしお」が入線してきました。
381系は、3月17日のダイヤ改正で姿を消してしまいます。
子ども達と一緒に写真撮れるのも今回が最後になるかもしれません。
上り,下り共に撮影でき、よかったです。

IMG_9497.jpg

最後は近くの公園です。
風が冷たかったので、他に遊んでいる子どもは5名くらいしか
居ません。
Kと私はボール遊び。Rは独りで砂遊び。満喫していました。

くっつき虫

先日の凧あげをした紀ノ川河川敷です。
南海鉄橋の下です。
この周辺にはチヌ釣りの人が7~8名居ました。

sIMG_9481.jpg

KとRは虫のように絡み合い、オキアミがこびりついた
土管の上で遊んでいます。

土,日も子守り頑張ります!!

私が利用している「わだま渡船」ではグレダービー開催中。
風の強い日も多いですが、大型出ています。
上位トップ3は、46.4cm,44.6cm,44.3cm。
40~42cmが結構出てきています。
45.0cmも出ましたが、ダービー未登録だったようで。
もったいないですね。
48cmくらいの出たらアテンダーⅡ 125-50が ほぼ
手中に収まるんだけどなぁ。紀州釣り用に欲しいです。
現実はそんなに甘くないね。。。

釣りに行きたい!!

今日も慌ただしい一日でした。
明日乗りきれば休みです。
今週末は釣りに行けませんので、子ども達と
楽しく過ごしたいと思っています。

CA3I00270001.jpg

今夜はグレの煮付け(ウノ島の冷凍もの)を
食べました。
私は腹まわりの身が非常に好きです。
頬肉も美味しいですね。
口太と尾長。比べるとやっぱり尾長のほうが
美味いと私は思います。

明日は凍る?

明日1月12日は極寒の一日になりそうです。
皆さん、どうか体調崩さないように いつもより
1枚多めに羽織るようにしてください。

今夜のミゾレが溶けて路面が濡れていました。
明日の朝、凍結するエリアもありそうです。

子ども達も公園で遊びたいだろうけど、明日の
寒さでは、付き添いの大人が参ってしまいそうで。。。

IMG_9183.jpg

大型グレに!!

私の好むグレ針です。
  ↓
sCIMG7788.jpg

(左)寒グレ7号  (右)短グレ8号
どちらも大きなハリです。
ハリス3号を多用する私の必須アイテムです。
どちらも自重のある重めのハリで、比較的穏やかな南部の磯では
完全フカセで、やや張り気味で釣ります。

特筆すべきは「フトコロ強度」。
どちらも5kg以上あるので、これは大きな魚が掛かっても伸びません。
前回は失敗したので、2012年の厳寒期は これで通します。

凧あげ

今日も朝から始動しました。
Kが鳥にエサをやりたいという提案をしたので、
格安の食パンを買って、紀ノ川河川敷へと向かいます。

IMG_9474.jpg

まず凧あげをしました。
わかりますか? Rの頭上にみえる三角形の凧を。
風は微風ながら、一旦上空20mくらいまで上げると、
いい角度で上がっていきます。Kが操作しています。
去年までは、リールの糸に凧糸を連結し、100m以上
上空まであげていました。
本流釣りなんか比較にならないくらい一気に糸が放出されていきます。
強風の時は大人でも結構な力を必要とし、なかなか面白いです。
竿なんかつけると、更に楽しめるでしょうね。

次にメインの鳥のエサやりです。
周辺はチヌが好調に釣れているので、結構 人が入っています。
(土入川~六十谷堰下までの区間、広範囲にチヌが釣れているので、
100名以上いました)
食パンを丸めて杓で遠投するも、寄りつきません。
しかも警戒心の強いカモです。早々にあきらめました。

その後、ボール遊びをしたので身体温まりました。

朝から始動

朝から片男波内側のカモメのエサやりに行きましたが、
今日も居ませんでした。
今年はこの楽園に来ないのか?

IMG_9468.jpg

その後、某社のワンボックスカーが気になっているので
初売りフェアに行き、福袋を2ケもらいました。
実は昨日も違う営業所に行き、福袋をもらっています。
中身は使えるものが入っているので嬉しいです。

次に向かったのは、マイホームでもある某住宅メーカーの
初売りフェア。凄い振る舞いです。
たこ焼き,おしるこ,豚汁などなど。
子ども用のお菓子もたくさんもらいました!!

さて、今夜のメニューは、
貴重な「イズスミのタキタキ」です。
父親を招待しています。

新型 特急くろしお

2012年3月17日のダイヤ改正から、現在 紀州路を走っている
381系特急くろしおが、287系に置き換わります。

IMG_9461.jpg

この車両、すでに「こうのとり」として運行しているものと
同じで、サイドラインの色がオーシャングリーンになっています。
カッコイイです。

和歌山市新在家。年末 買い物に行く途中に止まっていました。
そして今日、カメラを車に積んでいたので、Kと記念撮影。

つま先立ちするR

IMG_9456.jpg
  ↑
R単品の写真です。
彼女 撮影慣れしているので、笑顔でポーズも
キメテくれます。

つま先立ちしています。
歩く時も、つま先歩きするのです。
今月末で 3歳になりますが、まわりの子のように
しっかりと喋れません。。。

年明け、仕事は2日しか行ってませんが、明日から三連休です。
今回は釣りに行けません。(行きません)
できれば平日、お客さんの少ない時に行きたいな!!

伸びたグレ針

IMG_9459.jpg
  ↑
この手の話は大きくなり過ぎることがあるので
あまり好きではないですが、
先日 ウノ島での釣りで、写真のようにグレ針7号が
伸ばさてしまいました。
左が新品。右が伸びた針。
(故意にペンチで伸ばしていません)
25m沖を攻めていた時、アタリました。
竿は一瞬起きたのですが、魚のどこか硬いところに
ハリがのっていたのでしょう。

竿とハリスの強度に対し、ハリの強度(バランス)が
とれていなかったのです。

魚はグレではないでしょうが、私は4kgクラスの
イズスミかイシダイかと勝手に思っています。
グレ針は中地と太地を持っており、この時フグの多さに
本命の太地針を温存していたのが大きな失敗でした。

仕掛けはトータルバランスが整っていないとダメということを
改めて感じました。

竿受け

昌栄のステンレス製コンパクト竿受けを購入し、昨日ウノ島で
使いました。
名のとおり、使用しない時は非常にコンパクトにたためます。
竿の接触する部分はラバーに覆われており、キズつきません。

竿の角度も調整できるし、何より溶接が美しい!!
  ↓
CIMG2892.jpg

長い休みも今日で終わりです。
結構 充実した休みでした。

釣行日記 12-01-03

釣り場  南部・ウノ島

釣果   グレ 30~39.3cm(実寸) 4匹

仕掛け  ハリス3号,短グレ8号,
     四国ますだSP/G2
     タナ1~2ヒロ

エサ   オキアミ(フカセ釣り)


2012年の初釣り。単独で南部に行くことにした。
4時30分過ぎに わだま渡船に到着。
車は3台しか止まっていなかったが、以降ぞくぞくと
車が増え、港に置く人が続出。
6時30分の一番船には35名くらい居ただろうか。
こんな大賑わいをみたのは久し振りだ。

私はフタゴを希望したが、2名組優先のため、ウノ島に
行くことにした。
お客さんが多く、目津のアラレまでお客さんを降ろしたので、
一番最後のウノ島に着いたのは7時15分くらいだった。

残り福。
あれだけお客さんが居たのにウノ島に乗ったのは私ひとりである。
早速釣り開始。
朝は風もなく気温もそんなに低くない。絶好の釣り日和である。
しばらく釣ってみたが、フグが異常に多い。
(結局 夕方までハリは25本以上なくなったし、チモトの結び直し
 は50回はやった)
そんな中、グレが大型サンノジ(50cmクラス)に混じって乱舞
しだした。
仕掛けが馴染んだと同時にウキをひったくる。
30cm前後のグレが連続できた。しかしそう長くは続かないので、
思い切ってポイントを変えてみた。
どこもフグだらけであるが、辛抱して釣り続ける。

真剣に釣りをしていると時間が経つのが早い。
もう昼前になった。
他船で2名が磯替わりしてきた。
その人は、このブログを見てくれている人で、話させてもらうのが
今回初めて。若いが釣りに対する情熱は半端なものではなく、
みるみる良型グレを仕留めていった。

私のほうも負けてはいられない。
すると竿の胴まで引っ張り込む大きなアタリ。
竿は満月のようにしなるが、難なく取り込んだのは45cmのサンノジ。
フグは増える一方で、ハリがどんどんなくなっていく。
時間が経つ。焦りがみえてきた。

2名様は都合により、15時の船で帰って行った。
直後に私のウキがユラユラと入っていく。
魚との距離が短かったので、ダイレクトに引きが手元にきた。
何度かの締込みをかわし、玉網に滑り込ませたのは40cm近いグレだ。

以降もすごく釣れそうな雰囲気が漂っていたのだが、私の腕では
どうすることもできず。16時40分納竿。

今年の初釣りは穏やかな天候のもと自分の釣りができたので満足!!

IMG_9454.jpg

 

極寒の海

1月2日。
毎年正月の行事で、片男波内側のカモメにエサやりをしようと
いうことで安い食パンを買って行きましたが、カモメの群れは
全然居ませんでした。

次に向かったのは、マリーナ手前の浜の宮ビーチです。
容器を4つ持って浜に降りてとった行動は・・・

紀州釣りに使う砂取りです。
ここの砂はキメ細かくて、好きなのです。
容器満タンに入れると重くて持てないので、7分目
くらいに抑えました。(フルイにかけて不純物取り除き)
容器を含む総重量は、何と86kgもありました。
車の後部が沈んでいたでしょうね。

これだけあれば、2012年の紀州釣りは充分カバー
できるでしょう。
このうち5kg程度の量を、Rの砂遊び用としてプレゼントします。

IMG_9450.jpg

KとR。今年初のツーショットです。
いつも元気な子ども達ですが、さすがにこれだけ北西風が
吹くと、おとなしかったです。

| ホーム |


 ホーム  » 次のページ