プロフィール

ひがっさん!!

Author:ひがっさん!!
K(男の子)とR(女の子)の2人の子どもを大切にする
磯釣り師でHGは和歌山県・みなべ&堺磯です。
中でも満潮時 水没する磯に良く行きます。
フカセ,紀州釣りでの自己記録は、
尾長グレ  51cm (2.0kg)
口太グレ  46cm (1.8kg)
チヌ    59cm (3.0kg)
マダイ   60cm (2.5kg)
イシダイ  47cm (2.3kg)

特に紀州釣りが大好きで、チヌは実寸で60アップを
仕留めるため、日々勉強しております。

釣り日記以外に子どもネタも充実!!

カウンター

フリーエリア

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

ブロとも一覧

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

まとめ

みのむし

11月30日(水)21時20分現在
この季節らしくない暖かさです。
でも明日明け方~夜にかけて、気温が
上がることなく、逆に日中のほうが寒さを
感じることでしょう。

皆さん 明日はいつもより1枚多めに羽織って
風邪を引かないようにしてください。

IMG_9336.jpg
  ↑
「みのむし」です。
私達も寒波がくると、こんなふうになりたいと
思うでしょうね。
スポンサーサイト

サシエ入れ掛け具

数年前に こんな品物をオーダーメイドしていました。
 ↓
IMG_9391.jpg

ステンレス製サシエ入れ掛け具です。ピトンに装着した状態です。
切り欠き部にサシエ入れをセットするので、落下することは
ありません。
水没する磯では不要(ウマに置いたバッカンにセットするから)
なので、しばらく使っていません。
足場の高い磯では大活躍します。

好きな建物

IMG_9327.jpg

先日「みかん狩り」に行った時に、ランチをした
「秋津野ガルテン」の敷地内にある建物です。
と言っても この建物、実は元は上秋津小学校の校舎
だったのです。この手の木造建物 私は大好きです。

小学校は数年前に別の場所に移転となり、今では校舎を
当時のまま保存し(出入り自由ですが)校舎の前には
食べるところと宿泊施設があります。
店内でも食べることができますが、晴れた日は中庭の芝生に
設置されたテーブルで食べると食が進みます!!
メニューは地元で採れた野菜がメインで味付けもいたって
シンプル。

宿泊も安いですよ!!
例えば大人2名,子供2名で、部屋代として、10,500円也。
田辺市街地へも10分程度で行ける便利な立地です。
安上がりの家族旅行には もってこいの施設です。

お手伝い

今日も一日快晴で、気温も上昇。
上着は「長T」1枚で過ごしました。
Kと一緒にカットに行きました。
Kは「かっこいい猿カット」にしてもらい
ました。
写真のとおり、なかなか似合ってる。

CIMG7740.jpg

風呂掃除を手伝うKです。
少し服が濡れてしまいましたが、これから
戦力になりそうで期待しています。

みかん狩り

今日 嫁さん友人の実家のみかん畑(田辺市)に
お邪魔し、毎年恒例の「みかん狩り」を楽しませて
もらいました。
大人数が押し掛けたので、2グループに分け、私達は
午後の部でした。

今日は風もなく、昼からは気温も上昇。
最高のみかん狩り日和となりました!!
今年のは甘みがあり、美味しいと聞いていました。
本当に美味しかった!!

IMG_9343.jpg

 ↑
Rは みかんが大好きです。
放っておけば、あるだけ食べます。
美味しそうに食べている姿をみると、ついあげたくなって
しまいます。
ということで、2歳児が6ケも食べてしまいました。

Kは収穫に忙しく、カメラの前に姿を現しません。

今年もたくさんのみかんをいただきました。ありがとう。

北西風に強い磯

皆さん お疲れさまです。
この一週間、個人的に休憩する間もなく
フル回転で仕事に追われっぱなしでしたが
何とか明日明後日は ゆっくり出来そうです。
明日は みかん狩りに出掛けます。

CIMG1243.jpg

さて、写真は串本・通夜島の東に位置する
独立磯「シンキチ」から見た「オド島」と「ホーラク」
です。
通夜島の東側は北西風がいくら吹いても釣り可能です。
釣れるグレも大きく、50cmオーバーの実績も高いです。

あまり好きでない磯

南部・ナダ大島から南西方向を見ています。
CIMG2868.jpg

左前に見えるのが「ヘンナカ」と「キリリン」重なってみえます。
そして中央の沖目にみえるのが「ハテ」です。
小さな磯を好む私ですが、ここは嫌いです。

波切りが悪い上、岩が硬くて滑り易い。
過去に何人も海に放り込まれたり、道具を流されています。
「ハテ」の左側に「ハテのハナレ」という磯がくっつくように
ありますが(満潮で水没しており見えてませんが)、ここのほうが
波には強いです。

好みの磯

CIMG2869.jpg

南部・ナダ大島から北西方向を見ています。
左端の切れて写っているのは大島。その右の
饅頭みたいな磯が私の好きな「沖ハチ」です。

わだま船頭は 小荒れの時、磯着けするのを嫌がります。
ここは朝一番のマキエの効かない頃に大型が
よくアタリます。

私のここでのタックルは、0.8号-7.2mという
長尺竿にハリス3号という最強タックルで挑みます。
0.8号=チヌ竿というイメージですが、7.2mあるので、
ムチのようにしなり、タメていれば大抵の魚は浮いてきます。

沖ハチは定員1名で無理すれば2名乗れます。
南西方向に伸びる潮の時に釣りたいですね。

日曜参観

11月20日(日)
Kの日曜参観に行ってきました。
「はしの上のおおかみ」というお話を聞いて、
子ども達の想像力を試す授業でした。

IMG_9277.jpg

写真ではK(中央最後列)が手を挙げていますが、
本当にわかって挙げているのかな?

この翌日は学校が休みだったので、サーカスを
観にいったようです。
初めて観たサーカス。とても楽しかったようで、
色々話してくれました。

ここまでやるか?

Kの靴です。
親指付近(先端)に穴があき、酷い状態です。

IMG_9317.jpg

聞くと、自転車のブレーキを足でかけたとのこと。
それにしても、ここまでやるか?と問いたくなります。

いまどきの子ども用の靴は軽いですね。
通気性も良くて。
私達の時代は、こんなのなかったですよね。

不釣り合いなパジャマ

昨夜、KがふざけてRのパジャマを着ました。
Kはスリムなので幅はいけますが、丈が何とも・・・
5分袖・5分パンツになっています。

IMG_9272.jpg

RにはKのを着せました。
ズボンはダボダボで腰ゴムも効きません。
ズッてきて。
何とかポーズをとらせてみました。

ウキの改造

今日 和歌山市は大雨だったため、一歩も家から
出れませんでした。
そこで思いついたのはウキの改造です。

紀州釣りで使っていた 立ちウキ(Sタイプ)の環を切断し、
代わりにブランコを付けて、PEラインで補強し、
瞬間接着剤で仕上げました。

IMG_9268.jpg

このウキ単体では重量が無いため使えません。
飛ばしウキを付けて、その下に固定して使います。

トップが黒色なので、南部・ウノ島やカブトなど 南東~南向きの
釣り場では朝一番に活躍しそうです。(朝一番 限定でね)

オセンコロシ

CIMG2870.jpg
  ↑
この魚はスズメダイ。
和歌山ではオセンコロシと呼びます。
(先日 南部・ナダ大島で釣れました)

昔、「おせん」というおばあさんが、この魚を
食べて喉に骨を詰まらせて死んでしまったので
この名がついてたというウソみたいな話が言い伝えられています。
たまにコイツが釣れることがあります。
普通はリリースしますが、梅雨時の卵を抱いている
やつは美味いです。

おせんさんが喉に詰まらせたという骨に気をつけて
食べると非常に美味い!!
大きいもので16cmくらいです。

晴れてほしいが

今日 昼頃まで天気良かったですが、明日から崩れそうです。
何故週末に崩れるのかな?

IMG_8503.jpg

土曜日に予定していたイベントが延期になってしまいました。
延期が続くと、どんどん寒くなってくるので難儀です。
(釣りならば、どんなに寒くても平気ですが)

プラレール

Kは幼い頃から電車好きで、2歳くらいからプラレールで遊ぶように
なりました。彼は電池がなくても手動で顔を畳に擦りつけながら、
口から電車の音を発し、レールの上の電車を走行させています。

プラレールも数有れど、何故か「くろしお」や「オーシャンアロー」
が発売されていないのは和歌山に住む私達には納得いきません。
人気車両なのに。

CIMG7730.jpg

この写真の「アクティ」というE217系(東海道線)は、なかなか
完成度が高いです。グリーン車は2階建てです。
東京駅で停止していた現物にも入ったことありますが、カッコいいです。

Kは異常なほどの電車好きで、山手線の駅名は一周言えます。
今まで50種類を超える電車を前にして記念撮影をしており、
それは彼の宝物です。

今夜から明日明後日にかけて気温の低い状態が続きます。
皆さん体調管理は万全に!!
我が家はファンヒーターの準備はしていますが、
まだ運転かけていません。
一度つけてしまうとクセになってしまいますからね。
今冬も夏と同様、関電から節電要請がきます。
会社では勿論のこと、家庭でも節電を意識して、
電力の消費を極力抑えましょう。

IMG_9251.jpg

要注意人物

CIMG7727.jpg
 ↑
Rです。
キッチンに置いていたリンゴを勝手に食べています。
先日はスーパーで売り場のリンゴを勝手に食べていたようです。
仕方なくリンゴは買い取りました。

彼女はまだまだ善悪というものがわからない
(2歳なので無理もないが)ので、常に見張っておかないと
大変なことになりそうです。

高野山

先週から行こうか悩んでいた「高野山」まで足を伸ばしました。
途中 買い物をしてから、まずは護摩壇スカイタワー方面に向かいます。
スカイタワー過ぎたあたりの小さな芝生にテーブルをセットして
昼ご飯を食べました。
この辺りの紅葉は既に終わっており、冬を迎える山を感じました。

IMG_9241.jpg

少しゆっくりしたいところですが、気温が低く(車の外気温計で12.5度)、
じっとしていると震えてきます。(昨日の釣りではTシャツで過ごしたのに)
食べ終わると同時に車に戻り、奥の院を目指します。結構な距離です。
お参りをする前に、弥勒石(みろくいし)にチャレンジです。
ここに来れば必ずやります。
これを持ちあげれば願いが叶うとされています。
今回は右手と左手の2回やりました。
2回とも簡単に上がりました。
やっぱり紀州釣りで腕を鍛えているからでしょうか。

次に向かった先は、壇上伽藍までにある「もみじ道」です。
今年もいい家族写真が撮れました!!
帰りは 焼きもちを買って帰路につきました。

釣行日記 11-11-12

釣行日  11月12日(土)

釣り場  南部・ワタリ

釣果   チヌ  32~35cm  2匹
     ヘダイ 27~31cm  3匹

仕掛け  ハリス1.5号,伊勢尼6,9号,
     自作立ちウキ(黒,橙),タナ5~5.5ヒロ

エサ   オキアミ(紀州釣り)


以前から計画していたK氏との釣り。
前日の天気予報では天候も安定するとのことでワクワク
しながら、ダンゴの配合を行なう。
K氏には前回同様、遠方より私の自宅まで来てもらい、
乗せていただいた。
釣り談義に花が咲き、あっという間に「わだま渡船」に到着。

今日は潮位が高いこともあり、お客さんは少なく、6時の一番船
には10名。
私達が希望するワタリは弁当船まで乗れないということで、
時間つぶしのため、「ナダ大島」に乗ることにした。
ここでの紀州釣りは18年くらい前か、コロダイを釣った記憶が
ある。南向きの水道を狙う。
釣れてくるのはフグばかりで、ハリの消耗がひどい。

9時30分過ぎに船が来たので、道具を担いで乗り込み、ワタリを
目指す。
まだ潮位が高いので、波には細心の注意を払いながら、荷物を順に
下ろしていく。
K氏は左、私は右に釣り座を取り、釣り開始。
最初は出し潮が速く、お互いの仕掛けが干渉しそうになったが、
そのうち安定した出し潮となった。

最初に竿を曲げたのはK氏で、これは44cmのチヌ。
続いて40cmクラスのチヌを取り込んでいた。
負けてはいられないと、こちらも同一ポイントにダンゴの
投入を繰り返す。

チヌは釣れたものの、小型のもので、イマイチ物足らない。
13時くらいからは入り潮となってきた。
この潮では釣った試しがない。
やはり魚は来ず。
異常潮位のため、14時30分納竿とした。

2011年の紀州釣りは今回で終了。
来月からはフカセ釣りにチェンジします。

K氏。往復の運転お疲れさまでした。今日は完敗でした。

IMG_9239.jpg

明日は釣り!!

皆さん お疲れさまです。
私は明日、3週連続の釣りに行きます。
水温は23度台とまだまだ高いですが、身体が濡れて外気に
当たると、非常に冷たく感じます。

そこで、明日は今シーズン初の胴付ウエーダーを登場させます。
冬場はこれに限ります。

IMG_9200.jpg

身体はウエーダーに密着するため外気を完全に遮断します。
注意点は、インナータイツの素材の選び方です。
綿素材を着用すれば汗が溜まり、エライことになってしまいます。
ポリエステル系のものを着用すれば快適に釣りが楽しめます。
これも4シーズン目で、少し痛んできてますが、まだまだ現役で
使えそうです。

七五三参り

今日 Rの七五三参り(日前宮)に行ってきました。
Kが学校から帰ってきた14時から全員で出掛けました。
平日で時間も遅いことから、我が家一組だけでした。

人形のようなRの着物姿を披露いたします。
   ↓
IMG_9214.jpg

こんなんも

昨日の続きです。
フカセ釣りの必需品・マキエシャクです。
チタンカップの65cmです。
去年から欲しかった一品です。

IMG_9199.jpg

従来品より、グリップ部が軽量化かつ握り易い
形状のため、振り抜きが楽に行なえそうです。

これも相当安く買えました。

ついでに

昨日の品と同時に、こんな商品も買ってみました。

IMG_9196.jpg

あえて2008年モデルを新品購入しました。
理由は控え目な渋いデザインにひかれたことと、
劣化しにくい材料を使っているからです。
これも相当安く買えました!!

これは12月からのフカセ釣りでデビューさせます。
今着ているフローティングベストは、来月早々オークション出品
し、次の釣具購入の軍資金にします。

念願の品 遂に購入

去年2月に南部・フタゴで釣りの最中に、腰に着けるタイプの
ナイフをケースごと落としてしまいました。
普通の磯の上ならば、あとからでも気付いて拾えるのですが、
フタゴも満潮時は水没します。
気付けば、どこかに流れていました。
それ以来、キレの悪いナイフを使っていましたが、本日 遂に
欲しかったナイフを購入しました。
材質はチタンです。

IMG_9192.jpg

通常 店頭で買うより、相当安く買えました。
今度は落とさないように、リングにチェーンでも付けておきます。

予想外の筋肉痛

昨日 「ワタリのハナレ」での撤収時、重い荷物を船に
上げる際、全身の筋肉を使った(使い果たした)。
筋肉痛は翌日以降にきます。
今朝から節々が痛み、夕方は更にきてます。

釣った魚は即シメて、クーラーに潮氷をつくり、浸け込みました。
これをするのとしないのとでは、身の締まりが全然違います。
  ↑
こんなことをしたから、クーラーを船にあげることができず。
せっかくつくった潮水をクーラーから抜きました。
大変な一日でした。

CIMG2861.jpg
 ↑
朝7時くらいのワタリのハナレからみた鹿島です。

釣行日記 11-11-05

釣行日  11月5日(土)

釣り場  南部・ワタリのハナレ ~ トオデ

釣果   チヌ  42~46cm  4匹
      アイ  33cm      1匹
      ヘダイ 30cm     1匹

仕掛け  ハリス1.5号,伊勢尼6,8号,
     自作立ちウキ(黒,橙),タナ4.5~5.5ヒロ

エサ   オキアミ(紀州釣り)


天気予報は最悪。日曜日のみ雨との予報だったが、土曜日も雨予報。
しかし雨がどうこう言ってられない。
強行で、南部で紀州釣りをすることにした。

5時過ぎに、わだま渡船に到着すると、既に船頭も来ており、
客もかなり多い。
私は予定どおり、「ワタリのハナレ」を希望。
5時50分出船。客は25名くらい居る。半数はイカ釣りの客だ。
中ノ島から着けていくが、今日一番の干潮の時間帯にも関わらず、
中ノ島の背後から足元を洗うような波が寄せている。
私は3番目に一人でワタリのハナレへ。

今日もショートタイプのシューズなので、磯に降りた瞬間に膝下まで
濡れることになった。でも全然気にしていません。
早速 紀州釣りの用意をする。
去年6月は、ここで夢のような釣果を記録した。(チヌ 38~46cm 19枚)
夢よ再びという願いを込めて、ダンゴを投入する。

朝は緩い出し潮で釣れそうな感じがする。
同一ポイントを集中的に攻める。エサ取りの動きも活発なようで、
ウキにアタリは出ないがエサはすぐなくなっている。

最初にチヌが来たのは7時過ぎ。ゆっくりとウキを押さえ込んでいった。
これは本日最長寸の46cm。
その後8時30分過ぎには45,44cmの2連発もあった。
この2匹は体高のある丸い魚体で、重量感タップリ!!

朝一番から10時くらいまでは、無風で曇天。
紀州釣りには最高のコンディションである。
しかし喜んでいたのも束の間。急に南東風が吹いてきた。
これではポイントがポヤけてしまう。
釣る角度を変えて、少しタナを切ってみた。
するとアイが釣れた。
隣のワタリでは地元のオイヤンがアイを入れ食いさせている。

11時くらいからワタリのハナレも膝上までの波が襲ってきた。
私の身体も浮かさせるほどの波だ。
13時前に船が来たので、取りあえず乗り込むのだが、潮位高いため、
船の舳先が、とんでもなく高い位置にある。
そして悪いことにポーターが居ないので、一人でハシゴを下ろし、
重い荷物を一つずつ上げていく。
私ひとりのために5分くらいかかってしまった。
同時に川筋の全磯は、波が大きくなっているので撤収。

第2ラウンドは、トオデを選択。
15~16年前の紀州釣りは、トオデばかり行ってた。
他のフカセ客2名と一緒に降りる。
私は中央に陣取り、20m前方にポイント設定。
曇天で海面はしらっとしているので、自作立ちウキ黒は非常に見やすい。
南風が強く、雨が強まる時間帯もあったが、辛抱して釣り続ける。
15時30分に会心のアタリ。そこそこの手応えで、海面に姿を
現したのは、42cmのチヌだった。
以降、サンノジやポラがよく当たったが、本命は来ず。
16時45分納竿。

海水温は24度もあり、まだまだ紀州釣りのほうが分があると思う。

CIMG7728.jpg


磯の選択

明日の天候が急変したので、どこに行くか悩んでいます。
多分 道中も悩みながら車を走らせることになるでしょう。
釣果は別にして、一日楽しく釣りたいです。

CIMG2851.jpg
   ↑
南部・ウノ島。こんな穏やかな天候のもとで釣りたいね!!

祝日なのに

CIMG2855.jpg

11月3日。文化の日。
祝日なのに普通に仕事でした。
会社のカレンダーが、そうなっているのです。
代わりに年末年始,GW,夏休みは長くて計画を立て
やすいです。
あと一日頑張れば釣りに行けます。
既に乗る磯は決めています。

ほんまに一緒なん?

CIMG7713.jpg

昨日 紹介した堺磯・大島です。
カメラアングルが少し違いますが、同じ場所を撮影しています。
昨日のとは全然違う磯に見えますが、沈む磯はどれもこんな感じ
なのです。お昼のド干潮前の写真です。

この日は自分の不注意で、ウキを4ケも流失してしまいました。
夏場なら泳いで取りに行ったけど・・・
でも4ケ流失しても、自作の安価なものなので、あまり気には
していません。

どこが磯?

CIMG7711.jpg

先日釣りをした堺磯・大島です。
朝焼けが何とも言えない雰囲気を醸し出しています。
この写真は朝6時過ぎです。ここから1時間30分くらい
更に潮位が上がりました。
ウマの上にバッカンと水箱を置いて、膝上まで浸かりながら
の釣りです。
今まで乗った中で、一番潮位が高かったです。
しかし慣れれば、何てことないです。

| ホーム |


 ホーム