プロフィール

ひがっさん!!

Author:ひがっさん!!
K(男の子)とR(女の子)の2人の子どもを大切にする
磯釣り師でHGは和歌山県・みなべ&堺磯です。
中でも満潮時 水没する磯に良く行きます。
フカセ,紀州釣りでの自己記録は、
尾長グレ  51cm (2.0kg)
口太グレ  46cm (1.8kg)
チヌ    59cm (3.0kg)
マダイ   60cm (2.5kg)
イシダイ  47cm (2.3kg)

特に紀州釣りが大好きで、チヌは実寸で60アップを
仕留めるため、日々勉強しております。

釣り日記以外に子どもネタも充実!!

カウンター

フリーエリア

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

ブロとも一覧

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

まとめ

遂に成虫に!!

今日 Kがカブトムシが成虫になり、地上に出てきた
ことに気付きました。
色は艶のあるこげ茶色。ツノは子どもなので、
小さく控えめなのが生えています。
そのうちツノも体も大きくなるでしょう。
子ども達は大はしゃぎでした。

IMG_8592.jpg
スポンサーサイト

釣行日記 11-06-25

釣行日  6月25日(土)

釣り場  堺磯・内ミノ~平島のウラ

釣果   ナシ

仕掛け  ハリス1.5号,ハリ伊勢尼8号(黒),
     自作立ちウキ(黒),タナ4.5~6ヒロ

エサ   フナムシ(紀州釣り)


台風のウネリがあるのを承知で、堺磯へと車を走らせる。
5時出船(早番)。
K氏御一行様も来ており、平島のウラへ行くという。
私はウネリがあるので、安全な内ミノに渡してもらう。
潮位は底だが、時折 くるぶしを洗う波が南から押し寄せる。
この状態だと水箱に腰を下ろしての釣りは不可能だ。

準備もできたので、第一投。
風はなく釣り易いが、南からのウネリに注意しながらの
釣りを強いられる。
イサギ子が掛かる程度で、エサ取りもそんなに多くなさそう。

しばらくして流れ藻がたくさん漂流してきた。
ワンコの中で溜まったかと思えば、沖に出たり。
これに道糸をとられ、釣りにならない。
釣れそうな雰囲気が漂うが、ここではクーラーに入る魚なしで、
11時過ぎにK氏らが居る 平島のウラに磯替わり。
今日 K氏は底物狙いで、朝の5投目に45cmのイシダイを
仕留めていた。

平島のウラの状況は、ヤナギで大きく砕けた波が平島のウラの
ポイント近くまで伸びてくるが、潮が右から左にとっているので、
波の影響はないのだが、右から左にとる潮の時は釣った試しが
ないので、嫌な予感。
一回だけ いいウキの引き込みをみせたのは、ボラだった。

次第にウネリが大きくなり、満潮いっぱいの13時過ぎに
撤収命令がでたので、仕方なく納竿とした。

水温が24度を超えてきたので、「サナギの浮かし釣り」
そろそろいけそうだ。
(釣果ナシのため写真はありません)

明日の準備

いよいよ週末。
南寄りの風が強いようですが、明日釣りに行きます。
紀州釣りのダンゴの基として、私は80cmのタライを使い、
添付写真の具材を配合します。
写真には写っていませんが、当然 砂も入れます。
配合割合って人それぞれ違いますが、私のは 至ってシンプル
なのです。

CIMG7525.jpg

これは何?

CIMG7522.jpg

  ↑
この写真ですが、何だかわかります?
実は、カブト虫なのです。
Kが幼稚園の時、幼虫を友達から もらってきました。
サナギになって2週間くらいでしょうか。
冬の間もしっかり世話してきた甲斐あり、
日に日に成虫のかたちになってきています。
今サナギが6匹いますが、この子が 地上に
出てくるのは時間の問題です。

逆上がり

日曜日 雨があがり、Kが「鉄棒の練習をしたい」というので、
公園に行きました。
最初にK氏から伝授されたタオルを使って逆上がりをしました。
すると1回目で出来ました!!
そこでまたまた調子に乗ったKを誉めちぎって2回目トライした
のですが、どうもうまくいかず。
3回目もダメ。とうとう2回目の成功は見れませんでした。
しかしコツをつかめばコンスタントにできるでしょう。

CIMG7521.jpg



作品

昨日は父の日。
Kがプレゼントをくれました。
広告の裏紙でつくった「ピエロ」です。
いいですねぇ。こどもの作品は。
IMG_8590.jpg

釣行日記 11-06-18

釣行日  6月18日(土)

釣り場  南部・ウノ島 ~ ワタリ

釣果   チヌ 41.0~44.5cm  3匹

仕掛け  ハリス1.5号,ハリ伊勢尼8号(黒),
     自作立ちウキ(黒),タナ3.5~7ヒロ

エサ   オキアミ(紀州釣り)


以前から計画していた初めてのK氏との釣り。
K氏とは、とある渡船店で知り合い、出会った時には色々と話をさせて
もらってきた。
付き合いは浅いが、釣りに対する思いなど共通点が多く、気が合うのだ。
今日はどんな釣りになるのか非常に楽しみである。

K氏には遠方より わざわざ和歌山ICで降りてもらい、3時30分に
私の自宅近くまできてもらった。
道中 色々作戦会議をし、あっという間に今回お世話になる
わだま渡船に到着。
6月半ばだというのにお客さんは多いほう。
約15名を乗せ、5時出船。

私達が希望する川口方面の磯は朝 潮位が高く、とても無理。
しばらく時間待ちのためウノ島に乗ることにした。
荷物を下ろしたのはいいが、波に強いウノ島でさえ凄いことに
なっている。
ポイントまで道具を運んだが、ウマに乗せたバッカンの15cm
くらい下までの波が時々くるため本命ポイントでの釣りは不可能。
仕方なく北の舟着きで釣る。

何の変哲もないところだが、ダンゴを打っているとそのうち反応
してくるだろうと思い釣り開始。
この舟着きでさえ危険な状態まで潮位が上がり、足はハの字に
踏ん張り、耳をすまして不意に襲う波に備える。
「こんなところに連れてきて・・・」とK氏にはとても申し訳
ないと思いながら潮位の低下を待つ。

MAXの潮位が過ぎ、徐々に釣り易くなってきた。
8時30分過ぎにようやく表のポイントに移動できた。
浅いが(舟着きの水深の1/2しかない)雰囲気のある状態だ。
ここでは早々に本日最長寸のチヌが竿を曲げてくれた。
本日デビュー予定の「枯冴」は まだ出番なし。
K氏もウノ島の雰囲気を気に入ってくれたようだ。

9時30分にようやく磯替わりできることになった。
川口磯群には8名行くことになり、私達はワタリに乗ることに
した。
ワタリでの紀州釣りは今回初めてで、ポイントも未知だが、
すぐ隣のワタリのハナレとほぼ同じだと読んで釣り開始。

水の色は全域にわたり、黄緑色でとても海で釣りをしている
ようには思わない。
釣り始めは厄介な出し潮が非常に速く、2名並んでの釣りは
困難。そこで私はハナレ寄りのハナに移動し、潮上にダンゴ
投入し、自分の正面で勝負する戦法にでるがXX。
エサが残ってくることも多く、時間だけが過ぎていく。
そうこうしているうちにK氏が竿を曲げた。
チヌである。本格的な紀州釣りは初というK氏は嬉しそう。
昼過ぎにもK氏がチヌを追加した。

潮の速度も落ちてきたので、私はK氏の横に入らせてもらう。
私のウキにもようやく反応あり。モゾモゾしたアタリが続き、
ゆっくりウキを押さえ込んでいった。
ワタリに来て初おろしの「枯冴」が初めての弧を描く。
胴まで乗ってくる。メーカーのコンセプトどおり
「釣り味を楽しむ」まさにそのとおりである。
これは43cmあった。

16時をまわり、再び潮位が上がる。
K氏が3匹目のチヌを釣りあげた。K氏はツボを押さえたのか?
フカセ歴は長く、大型魚も多数取り込んでいるが、勝手の違う
初紀州釣り。数時間でマスターしてしまうセンスに脱帽である。

私も16時40分にいいアタリを捕え、41cmのチヌを追加した。
港から迎えの船が出てきたので納竿とした。
2名とも3匹ずつの釣果を得られ良かった。

帰りの道中、反省会を行なったが、有田の渋滞がなくなったので
自宅まで1時間強で帰った。
K氏 運転お疲れさまでした。翌日,翌々日どこか筋肉痛になると
思うので覚悟して~
IMG_8588.jpg

バッカン置き台

明日は待ちに待った釣りです。
行き先は未定ですが、相棒に負けないように
頑張ります!!

CIMG7520.jpg

さて、写真は新作バッカン置き台です。
南部の渡船屋さんに常備しているウマの小型版です。
ステンレス製なのでサビの心配もありません。

私は紀州釣りの時、水箱に腰をおろして釣りますが、
ダンゴを握る時、直にバッカンを磯に置くと腰を
深く屈めないといけません。
夕方近くになると腰を屈める回数も200回を超して
きて、大変疲れました。
何か良いアイデアはないかということで、12年前に
第1作目のバッカン置き台を製作しました。

しかし先日の釣りで磯から海に落としてしまったため、
第2作目を製作しました。

非常に便利です。
磯の形状に合わせて脚高さ調整可能(ずん切りボルト+
高ナットの組み合わせ)ですし、
釣りの行き来の際は、バッカンの上からかぶせることも
できる優れものです。

週末近し

年に数回ある仕事の山場を迎え、連日の午前様で身体が
壊れそうです。
早く土曜日になってくれ~
土曜日は釣りに行きます。紀州釣りです。
釣り友でありながら、実は一緒に行くのが初めての人です。

全く関係ないですが、↓ 子ども達が好きなお面です。CIMG7517.jpg


出刃包丁

CIMG7514.jpg

マイ出刃包丁です。
モリブデン鋼製で、12年間愛用しています。
良く切れます。でも大きなチヌの頭を縦割りにする時、
たま~に難儀します。
釣った魚は さばいて冷蔵庫に入れるまでが私の仕事です。

鉄棒

Kが「鉄棒技みて~」というので、小雨が降る中、公園に行きました。
鉄棒をウエスで拭いた後 みせてくれた技は、『ツバメ』でした。

CIMG7512.jpg

誉められて調子に乗ったKは その後も色んな技をみせてくれました。

次の課題は『さか上がり』。
地面を蹴って足を巻き込むタイミングがまだわからないようです。

旧友と

今夜 30年来の旧友(釣り友)と急遽 飲みに行きました。
時間制限のない店で、釣り談義,日常生活のネタに
花が咲きました。
久々に活力が出たって感じです。
これから風呂入って寝ます。おやすみなさい。
IMG_6674.jpg

フナムシかご

今日15時過ぎに強い雨,雷がありました。
梅雨 本番って感じです。
うっとおしくてイヤですね。

6月10日 ボーナス支給されました。
小額ですが、非常に有り難いです。

CIMG7509.jpg

↑ 「フナムシかご」です。
富田の釣り具店で調達しました。
フナムシは紀州釣りのサシエに使います。
大きめのサイズなので、1キロ分は余裕で入ります。
紀州釣りでは1日 150gもあれば充分ですが。
でも1キロのフナムシって、一体何匹になるのか?
考えただけでゾッとします。

スカイツリー

こんばんは。
今日 ちょっと蒸し暑かったですね。
今週末は天気崩れそうなので、釣友との紀州釣り計画は延期に
なりました。

IMG_7864.jpg

Kと建設工事中のスカイツリー。(2010年11月末)
電波塔としては世界一の高さ634mで、2012年5月22日に
開業予定です。
先日 入場料が公表されましたが、地上350mの第一展望台は
大人2,000円。そして地上450mの第二展望台は
大人3,000円です。
ほとんどの人は「高いなぁ」と思うでしょうが、眼下に広がる
大パノラマに「おおっ!!」っと感激するでしょうね。

携帯電話

私の所有する携帯電話です。

CIMG7499.jpg


かれこれ6年使っています。Kが生まれた年です。
調子は良いのですが、周波数切り替えに伴い、来年7月末をもって
利用できなくなるそうです。
これは衝撃に強く、コンクリート上に落としてもビクともしません。
また防水機能も優れております。

現在 現行モデルのGz-Oneを検討中です。
重いのが難点ですが、私好みの仕上がりです。

500系

こんばんは。
雨降りそうで降りません。
この時期は洗車しても すぐ雨なので、あまり念入りに
しません。 かと言って、手を抜くことの嫌いな私は
よそから見れば丁寧にやってるなぁ と見られているの
かもしれません。

さて、写真は3月 新大阪駅に「さくら」を見学に行った
時に、たまたま入線してきた「500系」の前に
子ども達を座らせて記念撮影したものです。

N700系登場により、2010年2月限りで「のぞみ」
を撤退し、現在は山陽新幹線区内で走っています。
古いモデルですが、個人的に新幹線の中では一番好きな
デザインです。
IMG_8423.jpg
※私の高校時代の友人が雑賀崎でカフェを営んでおります。
その名は「スハネフ14-1」。
リンク貼っております。
オーナーは鉄道マニアで、先日も日本一周(和歌山~北海道~鹿児島~和歌山)
してきたそうです。
店内にはNゲージが元気よく走っております。
高台にあり、海が良く見えて最高です。
皆さん 是非お立ち寄りください!!

釣行日記 11-06-04

釣行日  6月4日(土)

釣り場  田の浦波止

釣果   キス 16cm  1匹

仕掛け  ハリス0.8号,金袖4号,
     丸玉オモリ1号

エサ   さしあみ(イカダ竿 直下釣り)


午前中 仕事で14時前に自宅を出発し、田の浦へ。
天候も良く、湾内にはたくさんのお客さんがいる。
桟橋の先端北向きが空いていたので、K用のイカダ竿
を準備する。このイカダ竿は私が中学生の頃 自作した
思い出の作品で、今 見ても「なかなかやるなぁ」って
感じがする。その頃は波止の直下釣りばかりしており、
ガシラやベラを釣って喜んでいた。

3投目にKの竿が曲がる。
リールを巻くのもぎこちないが、ゆっくり引き上げて
きたのは予想外のキスだった。サシアミでキスか?
Kも嬉しそうな顔をしている。

その後はアタリもなく、サシアミはそのまま。
姥岩側の外向きも行ったが、風強くダメ。
結局 その後何も釣れず、早いが16時前に納竿。

16時30分まで、浪早ビーチの遊具でKはひとり
一生懸命 汗かいて遊んでいた。
CIMG7497.jpg








釣行日記 11-05-21

釣行日  5月21日(土)

釣り場  田杭・地のイカリ

釣果   グレ  34cm  1匹
     丸ハゲ 20cm  1匹

仕掛け  ハリス2号,くわせグレ7号,
     自作立ちウキ(橙),タナ5.5~6ヒロ

エサ   オキアミ(紀州釣り)


この時期45cmを超えるグレが紀州釣りで狙える田杭に行くことにした。
自宅を早めに出発して3時20分に港に到着。
そして5時前に舟着きへ。少ししてから隣の港から船がやってきた。
8名を乗せて出船。
紀州釣りということで、船頭から「地のイカリ」に行こうと言ってくれた。
ラッキーだ。

朝は波気があり、高場に荷物を集結させる。高場と言っても、海面から2m
程度の しかも足場の悪い磯なので、身動きするのも一苦労だ。
今日の仕掛けは普段 紀州釣りで使っているハリスより2ランクアップ。
大型グレに備える。
ダンゴの準備も整い、釣り開始。
最初はサシエ残ることが多かったが、次第にエサ取りが集まりだした。
最初 潮は真横(左)に流れていたが、そのうち左斜め手前に突いてくる
ようになってきた。これでは釣りにならない。
ちょうど昼ご飯の時間帯なので、ポイントを休め、昼食。

第2ラウンド。
状況は同じである。潮位も底なので、お土産の海藻など採取して遊ぶ。
13時くらいに潮が止まり、右に流れだした。
13時30分に少しウキが押さえ込まれた。合わすと魚はグングン下へと
潜る。強引に足元へ寄せる。これは綺麗な34cmのグレだった。

その後も釣れそうな雰囲気だったが、丸ハゲが釣れた程度。
17時過ぎには足元に35cmクラスのグレやアイのシブカミ級がヌカに
反応し、乱舞していたのには興奮した。
17時40分納竿。

ようやく水温20度を超してきた。船頭は「紀州釣り ちょっと早いんかな?」
と言ってた。グレ1匹しか釣れなかったが、水の綺麗な海で一日過ごせたことが
良かった。
CIMG7462.jpg

私の紀州釣りを支えるウキ達

こんばんは。金曜日。皆さま 一週間の疲れさまでした。
私は明日 午前中仕事で、午後からKと市内の波止に釣りに
行く予定です。3時間程度の釣りです。
情報によると、豆アジは少し出てきたようですが、イワシの
ほうが多いようです。

さて、今回紹介する品は、私の紀州釣りを約10年間支えて
くれているウキです。
それまでは市販ウキを使用していましたが、流失してしまう
ことが多く、出費がかさんだ。それなら安価で自分の気に入った形状の
ものをつくろう ということで始めたウキづくり。

材料は安いです。本当に安いです。そして不細工です。
しかし私にとって、このウキ達はなくてはならない存在なのです。

CIMG7493.jpg


上から 寝ウキ(橙)オモリ内臓で、ローリングサルカンは回転します。材料は発泡とカヤ。
中は立ちウキ(橙)ピアノ線を軸とした簡単なもので、少し暗い時は非常に見易いです。
下は立ちウキ(黒)橙の色違いで、逆光時や海面が光って見辛い時に威力を発揮します。
黒は「内ミノ」の朝9時くらいまでや、「平島の裏」の曇っている時なんかは結構使えます。
製作する時は10本くらいまとめてつくっています。
この前たくさんつくったので、今シーズンは充分もつかも?

釣行日記 11-05-14

釣行日  5月14日(土)

釣り場  田の浦・波止

釣果   イワシ 15cm前後  33匹

仕掛け  市販サビキ仕掛け(赤スキン)

エサ   アミエビ


今日はKとのサビキ釣り。前日から色んな入れ知恵をしたため
相当ワクワクしているようだ。
9時前に自宅出発。マルニシ本店で必要なもの一式買い込んで、
現地へ。

土曜日で快晴ということもあり、各ポイントは家族連れで賑わって
いる。釣り座をどこにしようか考えたが、桟橋の付け根が空いていた
ので、ここに入る。

今日は私とKで竿1本。早速 釣り開始。
今はイワシが釣れているようで数釣りに期待!!と言いたいところだが、
マキエをしても一向に大群は来ない。
しばらくして、小さなイワシの群れが来た。
「サビキの針に鈴なり」とはいかず、多くて2匹しか掛かってこない。
群れは時々来る程度で、サッパリ。

11時頃か。少し前で「ジャボーン」という音が聞こえた。
見ると、3歳くらいの女の子が海に落ちたのである。
すぐにお父さんが飛び込んで、女の子を抱えた。
しばらくして近くで釣りをしていた人が車からロープを取ってきて
2人を引き上げた。女の子が落ちた時はビックリした。

再び釣り開始。
竿1本前の底を見ると、何とチヌが3匹。グレが1匹 アミエビを
食べているのが見える。
どうにかしてサビキ針を食わそうとするが、奴らは賢い。
手を尽くしたがダメだった。

その後もイワシは1匹ずつ掛かる程度で12時納竿とした。

Kは2回目の釣り。
数は釣れなかったが、Kは楽しんでいたように見えた。
Kには どこで釣るにしてもフローティングベストを着せて、楽しく安全な
釣りをしてもらいたい。

CIMG7430.jpg

釣り道具 総入れ替え?

こんばんは。
今日の和歌山市内、夕方 雨が強く降りました。
梅雨に入ったというのに、あまり蒸し暑さが感じられ
ませんね。

さて、前々回の日記で「臨時収入」と書き込みしましたが、
それは、釣り道具をオークションに出品し、落札金額を得る
ということなのでした。
色んな釣り具(竿,リール)を出品しましたが、全て予想を超える
高値で取引されました。
現在 手持ちの不要な道具を売り、今後必要な道具に買い替えして
おります。
「がま磯 枯冴」に続き、こんなんも同時に購入しました。
               ↓
CIMG7486.jpg


シマノ バイオマスターC3000HG
ハイギア仕様です。ハイギアは巻き取りが速く、手返しも速くなります。
何より、掛けた魚を素早く取り込むことができます。
性能面では、2ランク上の機種に引けをとりません。
価格の割に非常によくできたリールだと思います。
エコノマイザー付きなので、下糸は少なくて済みます。
これは紀州釣り用に購入しました。枯冴とペアで使います。

| ホーム |


 ホーム