FC2ブログ

プロフィール

ひがっさん!!

Author:ひがっさん!!
K(男の子)とR(女の子)の2人の子どもを大切にする
磯釣り師でHGは和歌山県・みなべ&堺磯です。
中でも満潮時 水没する磯に良く行きます。
フカセ,紀州釣りでの自己記録は、
尾長グレ  51cm (2.0kg)
口太グレ  46cm (1.8kg)
チヌ    59cm (3.0kg)
マダイ   60cm (2.5kg)
イシダイ  47cm (2.3kg)

特に紀州釣りが大好きで、チヌは実寸で60アップを
仕留めるため、日々勉強しております。

釣り日記以外に子どもネタも充実!!

カウンター

フリーエリア

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

ブロとも一覧

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

まとめ

公式戦初勝利

2018年 秋季高校野球近畿大会
《準々決勝》  大阪桐蔭 2対5 智辯和歌山
安定したバッテリー,内外野の堅守とここぞという時の
集中打で宿敵を撃破。
過去の戦歴は負けっぱなし。
   ↓
 2008春季大会● 0対2 
 2017春季大会●  3対6
 2017夏選手権大会● 1対2
 2017秋季大会● 0対1
 2018春選抜大会● 2対5
 2018秋季大会○ 5対2

IMG_0780ost.jpg

黒丸ばかりだったが、遂に大阪桐蔭に土をつける
ことができた。

高嶋監督に代わり、8月末から指揮を執る中谷新監督の
采配が見事にハマった。

近畿大会ベスト4ということで、来春の選抜大会出場は
ほぼ確実とみられる。
新チームは夏大会の経験者が多いが、一年生の活躍に
目を見張るものがある。
桐蔭戦 8回2失点でまとめた軟式出身の投手,
背走キャッチも難なくこなすセンター,
9番に定着し勝負強さ・打点はチーム1の選手は脅威である。



スポンサーサイト

2018年 ドラフト会議

10月25日(木)
運命のドラフト会議が開催。
和歌山県からの指名選手は以下3名。

■林 晃汰(智辯学園和歌山高校)
   ↓
IMG_0661dfk.jpg

 《広島カープ 3位指名》
 広角に打てる智辯歴代トップクラスの長距離砲。
 甲子園でも滞空時間の長いホームランを放った。
 大柄な割には動きは俊敏。


■東妻勇輔(智辯和歌山高校 → 日本体育大学)
   ↓
CIMG7183dfk.jpg

 《ロッテマリーンズ 2位指名》
 智辯和歌山時代は3年春に選抜大会で明徳義塾との
 死闘を演じた。
 大学に進学し体幹もしっかりしてきた。
 ストレートは最速155km。
 闘志むき出し。ハートが強い。
 中学時代は陸上競技200m,400mでも活躍。


■富山凌雅(九州国際大付高校 → トヨタ自動車)
   ↓
IMG_4821dfk.jpg

《オリックス 4位指名》
 スケールの大きい左腕。
 出身は御坊市で九州国際大付に進学。
 去年の日本選手権ではエースとして優勝に貢献。
 14名兄弟として話題になった。

3名とも実力,実績のある選手。
怪我には注意して。まずは一軍目指して頑張れ!

高校野球観戦記 18-10-07

秋季高校野球 和歌山県二次予選 決勝戦
 智辯和歌山 対 南部
智辯の先発は実質エース1年生のI君。
スピードはないが、制球力で勝負できる。
   ↓
IMG_1938nzy.jpg

一番を打つ1年生 H君。
ボーイズ世界大会の経験あり、俊足巧打。
   ↓
IMG_1935nzy.jpg

二番 N君。
この日は点差を突き放されてもおかしくない場面で強烈な
打球を見事なグラブさばきでゲッツーに仕留め、会場から
割れんばかりの拍手がおこった。
   ↓
IMG_1941nzy.jpg

三番 K君。
手首の怪我も治り、元気にセカンドを守る。
チャンスに滅法強く、豪快な打球を飛ばしてくれた。
   ↓
IMG_1940nzy.jpg

IMG_1943nzy.jpg

四番 A君。
打球の速さには目を見張るものあり。
扇の要。座ったまま一塁に牽制球に会場が沸いた。
お兄ちゃんは投手で今秋のドラフト候補。
   ↓
IMG_1937nzy.jpg

5回まで2対1でリードしていたが、南部の四番 O君に
手痛い一発を浴びた。
このバッター凄かった。
   ↓
IMG_1945nzy.jpg

7回からは1年生のK君がマウンドへ。
こちらもコントロール良く、自滅するタイプではない。
   ↓
IMG_1944nzy.jpg

終盤に畳みかけるような攻撃(ホームランなし)で
終わってみれば10対3で8回コールド勝ち。
   ↓
IMG_1946nzy.jpg


試合終了後の挨拶。
   ↓
IMG_1947nzy.jpg

これで和歌山県二位以上確定で近畿大会へ駒を進めた。

翌日の決勝戦は市和歌山との対戦。
中盤まで0対6の劣勢におかれながらも、
長短打を浴びせ、ダブルA君それぞれに
2点本塁打が飛び出し、9対6で優勝。
和歌山県一位通過となった。

今年の近畿大会は和歌山から三校出場。
それぞれ持ち味を出し、来春の選抜大会を目指せ。

遂にこの日が・・・

8月24日(土)
智辯和歌山 高嶋監督が勇退と発表された。
甲子園での戦いを隅々まで知り尽くす手腕は
全国の高校野球監督のお手本となり、高嶋監督を
慕う他校監督も多い。

特に明徳義塾 馬淵監督,大阪桐蔭 西谷監督との
つながりは強く、お互い甲子園大会の出場が
決まれば食事会を開く仲なので、寂しい気持ちは
より一層強いと思う。

私はいつの頃からか智辯和歌山の魅力に憑りつかれ、
甲子園観戦は全15戦。(10勝5敗)

【私のベスト10】
 1994春 6対5 宇和島東
 1997夏 1対0 浦添商
 1999夏 7対2 柏陵
 2000夏 7対6 柳川
 2000夏 11対7 PL学園
 2003春 7対6 浦和学院
 2006夏 13対12 帝京
 2008夏 5対2 木更津総合
 2018春 11対10 創成館
 2018春 12対10 東海大相模

他にも数多くの名勝負を繰り広げ、観る者に感動を
与えてくれて感謝。
私が観た甲子園での最後の仁王立ち。
(2018年4月3日 対 東海大相模)
   ↓
IMG_0677ct.jpg

後任は同校OB(1997主将)の中谷仁氏。
新チームは本日の新人戦コールド発進。
新体制でも常昇!常勝!常笑!

新戦力

8月20日(日)
和歌山市内某所にて練習試合の見学に。

 早稲田実 対 智辯和歌山

甲子園での対戦もない両校の試合見たさに
訪れた 観客 見学者は約50名。

イニング間に和泉監督が指示を送る。
   ↓
IMG_1539cg.jpg

私は都合により、30分ほどの見学でした。
序盤の5失点は2年生が打ち込まれたようで。
   ↓
IMG_1534cg.jpg

第一試合は後半に猛打爆発して9対5で勝利。

続いて第二試合が行なわれ、何と主軸を担う捕手
A君が3本も本塁打を放ったようだ。
   ↓
IMG_1531cg.jpg

結果はこんな感じです。
走攻守に於いて世代を代表するキャプテンは手首骨折
により秋大会の出場は厳しそうな中、猛打爆発。
プラス1年生投手リレーで早実打線を
ほぼ完璧に抑える。
   ↓
IMG_1572cg.jpg

多摩ナンバーのマイクロバスで日帰りか。
遠方からご足労いただき、お疲れさま!
次は甲子園を舞台に対戦していただきたい。




| ホーム |


 ホーム  » 次のページ