FC2ブログ

プロフィール

ひがっさん!!

Author:ひがっさん!!
K(男の子)とR(女の子)の2人の子どもを大切にする
磯釣り師でHGは和歌山県・みなべ&堺磯です。
中でも満潮時 水没する磯に良く行きます。
フカセ,紀州釣りでの自己記録は、
尾長グレ  51cm (2.0kg)
口太グレ  46cm (1.8kg)
チヌ    59cm (3.0kg)
マダイ   60cm (2.5kg)
イシダイ  47cm (2.3kg)

特に紀州釣りが大好きで、チヌは実寸で60アップを
仕留めるため、日々勉強しております。

釣り日記以外に子どもネタも充実!!

FC2カウンター

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

ブロとも一覧

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR

ドラフト会議を終えて

昨夕 開催されたドラフト会議。
思惑どおりの選手との交渉権を得たチームも
あれば、そうでなかったところもあるようだ。

阪神タイガースは思惑どおりに事は進んだと思う。
指名6選手中、高校生は5名。
即戦力より、将来を見据えての指名。

1位指名を受けた投手N君は阪神ファンが
好むキャラの持ち主。
どうか遠慮せず、打者を打ち取った時は
代名詞であるガッツポーズを披露してほしい。
大観衆はそれを待っている。

20190817_105000.jpg

和歌山県からは3名の選手が指名を受けた。
(大学生投手,高校生捕手,高校生内野手)
しっかり下積みをして2~3年後には一軍で
活躍する姿をみたいものだ。

スポンサーサイト



8日後は

10月17日(木)17時から行なわれる
2019年プロ野球ドラフト会議。

地元和歌山からプロ志望届を提出したのは
高校生,大学生合わせて6名で、
中でも茨木国体て評価を上げたこの2名の
運命が非常に気になる。
   ↓
IMG_3306kse.jpg

IMG_3315kse.jpg

(2019年8月17日 選手権大会 星稜戦)

草野球チーム結成

日本のみならず、米国でも活躍した
イチローが今年のオフに神戸を拠点とした
草野球チームを結成するようで、
その結成を記念しての試合相手は何と
智辯和歌山職員を主体としたチーム。

イチローと和智辯のつながりは以外なもので、
昨秋近畿大会で明石商 対 和智辯の試合を観戦。
甲子園でもお馴染みのブラバンに感銘を受けて、
同月にイチローが和歌山の学校を訪問。
中谷監督とのつながりもあり、短時間ながら
智辯グラウンドで有意義な時間を過ごしたという。

ichiro.jpg

一瞬の勝負を制する

インドネシア ジャカルタで開催されている
アジア大会。
昨日はフェンシング女子で金メダル獲得!
   ↓
5aGEnxqz.jpg

女子フルーレ団体 決勝(日本 対 中国)
4名で構成されるメンバーの最後の"トリ"は
私の母校 和歌山北高校から日本体育大学に
進み、昨年の全日本を制したAS。
(一学年上のお姉ちゃんも日本を代表する選手)

最後の最後までもつれて、延長戦へ。
日本と中国 同時に仕掛けた勝負は一瞬の差で
ASのほうが速く、見事に勝利。

東京五輪も期待してるで!

平昌五輪 閉幕

昨日 平昌五輪が閉幕しました。
五輪前に私が注目していた選手は本来の力を
発揮することなく競技終了しましたが、
全体に日本チーム良く頑張った!

大会通して、私が見応えあるぁと思った競技(選手)。
   ↓
【男子スノーボード ハーフパイプ】
 平野歩夢
   19歳と思えない大胆な滑りに魅了されてしまった。
   インタビューの受け答えも落ち着いており◎。
   メジャーになる前は練習環境について
   お父さんも相当苦労されたようです。
   4年後の五輪では もっと大胆な滑りを期待!

【女子スピードスケート500m】
 小平奈緒
   無敵の走力を決勝でも発揮。
   オランダでの武者修行を経て挑んだ五輪で
   最高のコンディションで滑ることができた。
   五輪新記録。
   清水宏保の時 以来の感動。
   表彰式で国歌が流れ、日の丸が揚がったシーン
   は更に感動。
   "百花繚乱"帰国後の会見でも注目の的。

【女子団体追い抜き】
 佐藤綾乃,髙木菜那,髙木美帆,(菊池彩花)
   中盤でオランダに引き離されかけたが、
   髙木美帆が先頭で引っ張るラスト2周、
   どんどん差を詰めて最後は大差をつけて
   オランダを圧倒。
   戦術が見事にハマったレースだった。

【女子カーリング】
 藤澤五月,鈴木夕湖,吉田夕梨花,吉田知那美
   新たな歴史をつくってくれました。
   プレー中、ミスしても周りが声掛けしてとにかく明るい。
   悲壮感なし。
   大会中からプレー以外のことが注目されています。
   それも面白いことですが、プレーを観ていただきたい。
   日本では まだまだマイナーな競技。
   競技人口増えてほしいです。

【女子ビッグエアー】
 岩渕麗楽,藤森由香,鬼塚 雅
   前評判の高かった3名は余裕で決勝進出。
   決勝では自分の可能性を信じて攻めた結果、
   着地に失敗した選手もいた。
   しかし、その攻めの姿勢が◎。

japan.jpg



   

| ホーム |


 ホーム  » 次のページ