FC2ブログ

プロフィール

ひがっさん!!

Author:ひがっさん!!
K(男の子)とR(女の子)の2人の子どもを大切にする
磯釣り師でHGは和歌山県・みなべ&堺磯です。
中でも満潮時 水没する磯に良く行きます。
フカセ,紀州釣りでの自己記録は、
尾長グレ  51cm (2.0kg)
口太グレ  46cm (1.8kg)
チヌ    59cm (3.0kg)
マダイ   60cm (2.5kg)
イシダイ  47cm (2.3kg)

特に紀州釣りが大好きで、チヌは実寸で60アップを
仕留めるため、日々勉強しております。

釣り日記以外に子どもネタも充実!!

FC2カウンター

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

ブロとも一覧

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR

釣行日記 16-05-05

釣り場  白浜・ホテル川九裏

釣果   なし

仕掛け  ハリス1.5号,ハリ伊勢尼8号(黒),自作立ちウキ(黒,橙),
      タナ3~3.5ヒロ

エサ   色々(紀州釣り)

5月5日 こどもの日。
この日はKと釣りに行くと決めていた。

堺磯に行く予定で現地まで車を走らせたが、前日からの波が
取れておらず、磯はウノ島を除き 波で洗われている。
船頭に聞いてみると出船時間は潮下げるのを待つので
7時過ぎになるとのこと。
乗れても磯限定でKが一緒のことから安全第一。
磯に行くのをあきらめて波止での紀州釣りに変更。

最初見に行ったのは 田辺への字波止。
階段上から波止を見てみたが西風が強く釣りは厳しい。
今度は芳養漁港へ。
早朝からサビキ釣りの客で賑わっている。
空いているところで竿出し。
10投くらいしたが、潮が斜め手前に突いてくるので納竿。
再び釣り場探し。

への字はどうか? もう一度見てみるも、風が強い状態が続く。
ここで思い切って白浜へ。
ホテル川九   の裏のポイントへ。
   ↓
IMG_0779k.jpg

2名分の朝食。
   ↓
IMG_0777k.jpg

ポイントは東向き。追い風なのでベタ凪です。
足元は2ヒロ弱だが、前方に向かって だんだん深くなっており
私がダンゴ投入しているところは3.5ヒロくらい。
   ↓
IMG_0782k.jpg

Kは今年初の紀州釣りだが、ダンゴ投入の動作を体で覚えており、
スムーズに投げて距離も稼いでいる。
(本人曰く、への字波止の敷石は余裕で越えると・・・)
   ↓
IMG_0780k.jpg

2名 頑張って同一ポイントを攻めてみたがダメだった。
13時30分 納竿とした。

せっかくKを連れてきたが、残念な結果となってしまった。
更に残念なことが。
ここの釣り場はゴミだらけ。タバコ吸い殻,ペットボトル,アミエビ袋など。
同じ釣り人として情けない。自分のだしたゴミは必ず自分で始末するように
したいものです。

"こどもの日" ということで。
   ↓
IMG_6121k.jpg
スポンサーサイト



釣行日記 14-11-01

釣り場  みなべ・森の鼻

釣果   ヘダイ 27~31cm * 3匹

仕掛け  ハリス1.5号,ハリ伊勢尼6号(黒),
      ナニワSP/G2,タナ1.5~2.5ヒロ

エサ   オキアミ(フカセ釣り)

前日の天気予報では雨とのことだったので、私一人で森の鼻へ
行くことにした。
5時過ぎ駐車場到着。夜釣りの人達と入れ替わりで私が地磯に降りる。
潮が下がっているので、先端まで道具一式持って歩く。
私の入ったポイントは左から伸びる磯の一番先端。
   ↓
IMG_0889k.jpg

ここでは鹿島向きに竿を出す。磯際にはエサ取りの姿が確認できるが、
少し先まで出すとエサが通る。
一気にウキを持っていったのはヘダイ。残念。。。
   ↓
IMG_0886k.jpg

゛潮が左に取りだしたので釣る角度を変えてみる。
いいアタリだったが、またまたヘダイ。

朝のかかりは小雨だったが、9時くらいにドシャ降りの雨に。
ゴアテックス レインスーツを着用しているので不快感はないが、
潮がどんどん上げてきて ちょっと危険な状態に。
危険と言っても足元が水没してきたので、溝を跳ぶのが怖いだけ。

一番雨のひどい時に鹿島を撮影してみました。
   ↓
IMG_0892k.jpg

9時台に白浜町で29mmの降雨を記録したらしいが、隣町のみなべは
そこまで酷くなかった。

ポイント移動。底物さんの左手まで移動。
何の変哲もないところだが、試してみる。
しかし釣れたのはヘダイのみ。
うしろを振り返ると森の鼻付け根までの区間は全水没。
膝下まで浸かりながら道具置いているところまで避難。
避難というかエサが底をついたので10時45分 納竿とした。

たまには地磯で遊ぶのも良し!

CIMG8669k.jpg

釣行日記 14-09-28

釣り場  みなべ・一本松波止~堺白灯波止

釣果   なし

仕掛け  ハリス1.5号,ハリ伊勢尼6号(黒),自作立ちウキ(橙),
      タナ3.5~4ヒロ

エサ   色々(紀州釣り)


今日の釣りは15時迄と決めて、久々に堺磯に行くことにした。
5時50分 10名乗せて出船。
私達の希望する大島の近くに行くが、南からのウネリが凄く、大島全体を覆う。
   ↓
IMG_0811x.jpg

日の出です。今日もきれいだ!
   ↓
IMG_0809x.jpg

船頭からも「Kも居るし無理せんことか」ということで、折角準備してきたが、
そのまま帰港となった。

その後すぐに森ノ鼻に行き、貝殻拾い。
今日もタカラガイがたくさん採れました。

7時。しばらく考えて向かった先は一本松波止。
   ↓
IMG_0814x.jpg

最悪こんなこともあろうかとキャリーを車に積んでいた。
キャリーで荷物を引っ張って波止先端内向きに入る。
早速 朝食です。
   ↓  
IMG_0815x.jpg

釣り開始するも根掛かり多発で釣りにならず。
まん中のポイントにしとけば良かったな。

早々に道具を片付けて、森ノ鼻に向かうが、磯はまだ波の下。。。
潮が引くまで電車でも観ようと近くの芳養駅へ。
Kも背が伸びたな。
   ↓
IMG_0817x.jpg

御坊方面へ向かう普通電車と。
   ↓
IMG_0816x.jpg

そのあと、別のポイントに電車を観にいって そろそろ森ノ鼻も潮引いてきた頃かと
様子を伺いにいくが、北西風も強まり×。

最終的に堺白灯波止に向かうことにしました。
外向きの真ん中が空いていたので2名入る。

9歳児 Kのダンゴ投入姿。波止なので非常に釣り易い。
   ↓
IMG_0824x.jpg

北西風が右から吹きつけるためラインが取られるので常に修正要。
15時まで頑張ったが獲物なし。。。

もう帰ろうと思ったが、Kのリクエストで再び森ノ鼻へ。
釣りではなく磯遊び!
Kの手に乗るヤドカリ。
   ↓
IMG_0831x.jpg

わざと逆光で。こんな影のような写真が好きです。
   ↓
IMG_0833x.jpg

今日のナンバーワン写真。
   ↓
IMG_0834x.jpg

まともな釣りは出来なかったが、その他の遊びがgood!

チヌ反応確認日記

確認場所  片男波内側(和歌川尻)

内容    サナギ撒き


前々日の予報とは正反対の快晴。
Kを連れて9時過ぎに自宅を出発して片男波へ。
今日の目的はサナギ撒きでチヌを浮かすこと。
まずはスポーツクラブ裏に車を止めて風向きを伺う。
サナギの浮かし釣りには風が一番の要素となる。
風向きはOK。(南西風)

きれいな写真撮れました。(名草山と夏雲)
   ↓
sCIMG3296.jpg

マリーナシティも近いです。
   ↓
sCIMG3301.jpg

駐車場の一番端まで行き、5分ほど先端向いて歩く。
今日のサナギ撒きのポイント。
   ↓
sCIMG3289.jpg

上げ潮なので上流向いての流れが速い。
サナギを撒いてみる。
   ↓
sCIMG3292.jpg

sCIMG3293.jpg

多分、ここの地では過去に誰もサナギ撒きを
やったことがないと思う。
そうだとすると表現はオーバーだが、人類初!
サナギに慣れていないチヌを早期に反応させるために
しばらく潰したサナギを撒き、臭いを拡散させる。

Kは退屈なので、暗記しているポケモン本を読む。
   ↓
sCIMG3294.jpg

結局90分サナギを撒き続けたが、チヌの反応がなかった
ので、竿を出すことなく終了。

続いて横の公園へ移動。
早速Kはターザン遊び。
   ↓
sCIMG3303.jpg

ターザン遊びの最中に ふと川(サナギ撒きした上流400m)を
みると、なんとチヌが1匹。40cmくらいか。
水深は50cmくらい。これが居なくなると今度は一回り小さい
3匹の仲良しチヌが来た。
ここでサナギを撒けば良かったと思ったが、釣り禁止だし
松の木が覆い茂っておりNG。
カヤックでもあれば自由に移動効くから楽しめるかも。

釣行日記 12-06-02

釣り場  田ノ浦波止

釣果   イワシ 13cm * 7匹
       アジ  13cm * 1匹

仕掛け  市販サビキ仕掛け

エサ   アミエビ


前回のサビキ釣り Kが楽しめたようなので、
ちょっと行こうかと誘い出しに成功。
14時前に出発して田ノ浦へ。

今日の港。釣り客は桟橋と その北と南に集中しており、
私達が入ろうとする前回と同じポイントは誰も居ない。
早速釣り開始。
今日使ったサビキ(レインボータイプ)
   ↓
CA3I01060001.jpg

10分程経過しても魚群は見えない。
そのうちイワシの群れがやってきた。
結構な数ですが、サビキには反応しない。
かしこいイワシです。

しばらく釣ってみたが、状況変わらずなので、
Kと遊具の方へ向かいます。
鉄棒をしました。
Kが「地球まわり」という芸をやってくれました。
     ↓
120602_1611~01

しばし遊んだあと、釣り場に引き返します。
相変わらずイワシは回遊してくるのですが、
レインボータイプのサビキとは相性悪かったみたいで
以降は釣れず、16時50分 納竿とした。
何とも短時間の釣りでした。
自宅から近いので楽チンです。。。

CIMG0001.jpg

    ↑
8匹だったので数字の8にしてみました。
バランス悪いね。。。

| ホーム |


 ホーム  » 次のページ