FC2ブログ

プロフィール

ひがっさん!!

Author:ひがっさん!!
K(男の子)とR(女の子)の2人の子どもを大切にする
磯釣り師でHGは和歌山県・みなべ&堺磯です。
中でも満潮時 水没する磯に良く行きます。
フカセ,紀州釣りでの自己記録は、
尾長グレ  51cm (2.0kg)
口太グレ  46cm (1.8kg)
チヌ    59cm (3.0kg)
マダイ   60cm (2.5kg)
イシダイ  47cm (2.3kg)

特に紀州釣りが大好きで、チヌは実寸で60アップを
仕留めるため、日々勉強しております。

釣り日記以外に子どもネタも充実!!

FC2カウンター

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

ブロとも一覧

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR

釣行日記 11-09-11

釣行日  9月11日(日)

釣り場  田杭・地のイカリ

釣果   アイ    31cm    1匹
     シマアジ  23cm    1匹
     アオリイカ 13~15cm 5ハイ

仕掛け  ハリス2号,ハリ伊勢尼8号(黒),
     自作立ちウキ(橙),タナ5~6ヒロ

エサ   フナムシ(紀州釣り),エギ(ピンク,橙)


前日まで南部にしようかと悩んでいたが、希望磯は向かい風
がきつくなりそうで、潮位も高いため田杭に行くことにした。
磯優先順のため、前夜一睡もせず、1時過ぎに自宅を出発。
エサを買い、港に着いたのは2時30分。
一番乗りである。車中でウトウトするが、眠れる訳ない。
色々作戦をイメージしていると時間となった。

小突堤まで2回に分けて荷物を運ぶ。(どれだけ多いの?)
そして5時35分くらいに隣港から船がやってきた。
白井船頭に「紀州釣りしたい」と伝えると、暗黙の了解で、
地のイカリに乗れることになった。
他に2箇所紀州釣りできる磯があるのだが、やはり大型グレを
狙うなら 地のイカリは外せない。

潮が高いので、本命ポイントは危険。高場に船を着けてもらった。
釣り座も高場から。
まずはエギング。朝は10投くらいで2ハイのイカが釣れた。
次に紀州釣りの用意をする。
ここでのターゲットは45cmクラスのグレ。
いつもより1ランク仕掛けをアップし大型に備える。

潮は左へ。エサ取りはそんなに居ないようだ。
気になるのは海全体を覆うニゴリだ。
台風から1週間以上経つが、まだニゴリはとれない。
いつもは魚の動きが手に取るようにわかるのだが。
アタリはあまりなく、アイとシマアジを釣っただけ。

8時過ぎに本命ポイントに渡る。
先に攻めていたところにダンゴを打ち返すがアタリとれず。
合間にエギでイカを追加。イカは最終的に5ハイ釣れた。
足元には小魚の大群が。それを狙って秋の風物詩30cm級の
シオ(カンパチの幼魚)が10匹くらいで猛追撃。
ルアーがあれば釣れたかもしれない。

昼過ぎに潮が逆に取りだした。本命潮で気合を入れ直すが、
アタリすらとれない。
集中してウキを見ていると、左側から大きなのが泳いできた。
間違いなくサメだ。1mくらいあった。
日ノ岬周辺はサメが多いが、こんな湾内にも入ってくるとは。

途中 強風により、フナムシカゴが飛ばされ海に沈んだ。
こんな時はエギの出番。何度が試みて引っかけることができた。
フナムシはどうなったのか見てみると、逃げもせず しっかり
カゴにへばりついたままだった。
その後も色々やってみたが、グレは釣れず。
本当は最終18時まで釣りたかったが、夜に寝なかったので
集中力が途絶え、少し早いが15時30分納竿とした。

田杭の秋磯は早い。この日も沖のイカリでフカセをした人が
グレ結構釣っており、良型尾長グレのバラシも。

CIMG7664.jpg
スポンサーサイト



釣行日記 11-05-21

釣行日  5月21日(土)

釣り場  田杭・地のイカリ

釣果   グレ  34cm  1匹
      丸ハゲ 20cm  1匹

仕掛け  ハリス2号,くわせグレ7号,
       自作立ちウキ(橙),タナ5.5~6ヒロ

エサ   オキアミ(紀州釣り)


この時期45cmを超えるグレが紀州釣りで狙える田杭に行くことにした。
自宅を早めに出発して3時20分に港に到着。
そして5時前に舟着きへ。少ししてから隣の港から船がやってきた。
8名を乗せて出船。
紀州釣りということで、船頭から「地のイカリ」に行こうと言ってくれた。
ラッキーだ。

朝は波気があり、高場に荷物を集結させる。高場と言っても、海面から2m
程度の しかも足場の悪い磯なので、身動きするのも一苦労だ。
今日の仕掛けは普段 紀州釣りで使っているハリスより2ランクアップ。
大型グレに備える。
ダンゴの準備も整い、釣り開始。
最初はサシエ残ることが多かったが、次第にエサ取りが集まりだした。
最初 潮は真横(左)に流れていたが、そのうち左斜め手前に突いてくる
ようになってきた。これでは釣りにならない。
ちょうど昼ご飯の時間帯なので、ポイントを休め、昼食。

第2ラウンド。
状況は同じである。潮位も底なので、お土産の海藻など採取して遊ぶ。
13時くらいに潮が止まり、右に流れだした。
13時30分に少しウキが押さえ込まれた。合わすと魚はグングン下へと
潜る。強引に足元へ寄せる。これは綺麗な34cmのグレだった。

その後も釣れそうな雰囲気だったが、丸ハゲが釣れた程度。
17時過ぎには足元に35cmクラスのグレやアイのシブカミ級がヌカに
反応し、乱舞していたのには興奮した。
17時40分納竿。

ようやく水温20度を超してきた。船頭は「紀州釣り ちょっと早いんかな?」
と言ってた。グレ1匹しか釣れなかったが、水の綺麗な海で一日過ごせたことが
良かった。

CIMG7462.jpg

| ホーム |


 ホーム