FC2ブログ

プロフィール

ひがっさん!!

Author:ひがっさん!!
K(男の子)とR(女の子)の2人の子どもを大切にする
磯釣り師でHGは和歌山県・みなべ&堺磯です。
中でも満潮時 水没する磯に良く行きます。
フカセ,紀州釣りでの自己記録は、
尾長グレ  51cm (2.0kg)
口太グレ  46cm (1.8kg)
チヌ    59cm (3.0kg)
マダイ   60cm (2.5kg)
イシダイ  47cm (2.3kg)

特に紀州釣りが大好きで、チヌは実寸で60アップを
仕留めるため、日々勉強しております。

釣り日記以外に子どもネタも充実!!

FC2カウンター

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

ブロとも一覧

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR

釣行日記 19-11-23

釣り場  紀伊有田・フタゴ

釣果   なし

仕掛け  ハリス2号,掛かりすぎ6号,ブランクレス2B/赤
       タナ1~2ヒロ

エサ   オキアミ(フカセ釣り)

今回は気分を変えて、いつもと違うエリアへ。
2週間前に紀伊有田・松村渡船に空き磯を確認すると、
ほとんどが埋まっていたが、フタゴが空いていたので
迷わず予約した。

5時30分 港到着。
船頭からは「フタゴは一番船で着けます」とのこと。
6時の一番船には6名乗せて出船。
東磯(湾内)から先に着けてくれるようで、私は2番目。

無事に渡礁完了し、仕掛けの準備にとりかかる。
そうこうしているうちに、日の出の時間。
   ↓
20191123_065406.jpg

釣り座は舟着きの中段に。
   ↓
IMG_2655ftg.jpg

6時30分 釣り開始。
足元にはミニグレが大量に。
船頭からは「20~25m遠投してください」と
アドバイスもらったので、沖目にポイントをつくる。
しかし、ミニグレの大群はどこまでもマキエを追いかける。

今日の釣りは難儀するなぁと思いながら朝食を。
   ↓
IMG_2665ftg.jpg

ロケーションは最高!
岬の先端は本州最南端 潮岬。
   ↓
20191123_094438.jpg

沖の水没磯  カメゴシ。
  ↓
IMG_2666ftg.jpg

一ノコジ。
  ↓
IMG_2667ftg.jpg

仕掛けはどこに入れてもミニグレの餌食に。
海面には波紋があちこちに。

8時20分に弁当が来たので、熱いうちに食べる。
ここの弁当は最高に美味し!
個人的には手作り感を感じるコロッケと
ツナフレーク,酢の物が◎。
  ↓
20191123_082952.jpg

釣り再開するも、状況変わらず。
朝から快晴で気温も上昇。
昼前には長袖インナーとフローティングベストに。
半袖+ハーフパンツでも良かったくらい。
(潮岬での最高気温は20.4度)
予想外の暑さに参った。

近くには串本海中公園の桟橋がみえる。
   ↓
IMG_2671ftg.jpg

串本海中公園の半潜水型海中観光船 ステラマリス号が
フタゴの近くまで周遊。
   ↓
IMG_2668ftg.jpg


1ヒロ前後のタナで竿をひったくるアタリ連発だが、
ミニグレばかり。
こんな状況が続くが、辛抱して遠近のポイントを
攻めまくる。

潮が上げてきて、船頭の言うように雰囲気が
出てきた。
   ↓
IMG_2675ftg.jpg

アタリは続くが、良型グレには巡り合うことなく、
15時25分 納竿とした。

結果は散々だったが、色んな発見があって
かなり楽しめた。(発見は次回以降に公開)

スポンサーサイト



釣行日記 19-02-16

釣り場  紀伊有田・ウマノコシ

釣果   グレ 40.0cm * 1匹

仕掛け  ハリス2号,ハリ口太グレ6号,
       四国ますだウキG2,タナ3~4ヒロ

エサ   オキアミ(フカセ釣り)


5~6年前から気になっていた紀伊有田に
今回初めてトライしてきた。
二週間前に東磯の"双子"を予約していたが、
釣行3日前に天気予報を確認したところ、
北西風が強く吹くとのことだったので予約磯を
"ウマノコシ"に変更した。

5時前に紀伊有田港に到着。
この頃には強く降っていた雨も小雨となった。
船頭が出船1時間前に登場したので、
近況とウマノコシの攻め方などを聞く。

雨も上がり 6時20分 10名乗せて出船。
今日のお客さんは全員 西磯へ。
地の大島,長島の次にウマノコシへ着けてもらう。

釣座は南向きで背後の地磯が風を遮ってくれる
ので厳寒期の釣りには重宝される。

磯周りのシモリ位置を確認して7時 釣り開始。
本日の釣座。(前方の右端は本州最南端 潮岬)
   ↓
IMG_2378kau.jpg

薄日が差してきたのは7時30分頃。
いつもの風景とはちょっと違うな。
   ↓
IMG_2392kau.jpg

船頭からは「磯際を3ヒロから初めて
いってください」とアドバイスもらったので
仕掛けを際に引き付けて釣る。

朝食は5分で済ませる。
   ↓
IMG_2376kau.jpg

右斜め前にみえる"チョンナ"
   ↓
IMG_2380kau.jpg

港寄りには"平島"
   ↓
IMG_2381kau.jpg

東磯の"双子"
   ↓
IMG_2382kau.jpg

沖の水没磯 "カメゴシ"と"ヨボシ"
   ↓
IMG_2385kau.jpg

"一のコジ"
   ↓
IMG_2387kau.jpg

8時前にウキがゆっくり抑え込まれた。
竿を叩くような引きに最初はサンノジと
思い込んでいたが、水面に浮いたのは
良型グレ。
地方磯のグレは良く肥えている。
   ↓
IMG_2393kau.jpg

IMG_2407kau.jpg

8時30分に弁当の配達が来たので、
冷めないうちに。
いつもは立ったまま おにぎりを頬張るが
今日は足場の悪い斜めに座って食べる。
   ↓
IMG_2395kau.jpg

足元には60cmクラスのイズスミが悠々と泳ぐ。
時々アタってくるも魚が大き過ぎて掛けても3秒と
持たない。

そのうち、この界隈で沸きに沸いているボラの登場。
表層どこか中層から下にも夥しく群がり、釣り辛い。
ボラ用のマキエを15m程 地方に撒き、本命には
磯際の壁に当てるように撒く。
4ヒロまで落としこんだが反応なく。

ウマノコシは横からみるとWの形をしており、
真ん中の低いところが水没しだした。
   ↓
IMG_2405kau.jpg

15時30分くらいからボラの群れが居なくなり、
チャンス到来かと思ったが何も食わすことが
出来ず 15時50分 納竿とした。

松村渡船の船。
   ↓
IMG_2400kau.jpg

松村船頭は人当り良く、親切に対応してくれる。
今後も利用したい。
凪の日に沖の水没磯にチャレンジしたい。

IMG_2415kau.jpg


| ホーム |


 ホーム