FC2ブログ

プロフィール

ひがっさん!!

Author:ひがっさん!!
K(男の子)とR(女の子)の2人の子どもを大切にする
磯釣り師でHGは和歌山県・みなべ&堺磯です。
中でも満潮時 水没する磯に良く行きます。
フカセ,紀州釣りでの自己記録は、
尾長グレ  51cm (2.0kg)
口太グレ  46cm (1.8kg)
チヌ    59cm (3.0kg)
マダイ   60cm (2.5kg)
イシダイ  47cm (2.3kg)

特に紀州釣りが大好きで、チヌは実寸で60アップを
仕留めるため、日々勉強しております。

釣り日記以外に子どもネタも充実!!

FC2カウンター

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

ブロとも一覧

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR

釣行日記 20-06-20

釣り場  田辺・への字波止

釣果   チヌ 32~39cm *3匹

仕掛け  ハリス1.5号,ハリ伊勢尼8号(黒),
      自作立ちウキ(橙,黒),タナ2.5~4ヒロ

エサ   色々(紀州釣り)

大雨,大荒れの翌日の"への字波止"での紀州釣りに
期待して5時前 現地到着。
往路の燃費は20.0km/L とまずまず。
   ↓
IMG_2895hnz.jpg

大雨のあとなので、イカ釣りのお客さんの姿はなく、
私が一番乗りで お気に入りの3番に陣取る。

5時30分 釣り開始。
沖や天神崎のほうは波残っているが、ここは適度な
波気で釣れそうな感じ。
   ↓
20200620_052440.jpg

前回同様 ダンゴの投入は杓で。
今日はフカセ釣りでのメイン杓 ベルモントの
690をチョイスした。

上潮が滑り、波止の付け根(左)方向に速く流れる。
状況悪い中、6時25分にウキが一気に消えた。
流れ藻に絡みながら上がってきたのは
小型チヌ32cm。

一匹釣れたので、朝食を。
子どもの頃に好んで食べたビスコの味がした。
   ↓
IMG_2896hnz.jpg

その後は手前に突いてくる潮となり、せっかく杓で
遠投してもすぐに手前に押し戻される。

釣り客少なく、7時から10時の間に2名来たが、
以降は私一人か。

12時20分 久々のウキ入れ。
これはチヌ36cmだった。

お腹がすいたので昼食を摂り、午後の釣りに備える。
誰か散歩の人が来たかと想えば、ボリ兄だった。
少しの間 談笑して、周辺の釣りポイントの情報をもらった。

アタリが無い時間帯が続くが、辛抱強くダンゴの投入を
繰り返す。

15時前の出来事を記します。
   ↓
ダンゴが割れてすぐにウキが斜め右に一気に消え、
竿まで引っ張り込む大アタリ。
アテンダーⅡ1-53は胴から綺麗に曲がっている。
時間かけたが 糸をやることなく手前に寄せてきた。
足元の敷石の上まで寄せた時に大きな魚体を確認。
真鯛です。杓長さより少し小さく65cmくらいか。
玉網に手を伸ばそうとした時、真鯛が首を振ったと
同時にハリス切れ。
しばらく放心状態だったが、気を取り直し釣り再開。

海況の好転ないまま17時を迎えたが、この頃より
安定した潮行きに。
夕方はいつものように釣り客が増えて、20名近くが
それぞれの釣りを楽しんでいる。

17時30分に前アタリのあとウキを持っていた。
40cmに届かずだったが、この時期にない
体高のある美味そうなやつ。
   ↓
20200620_173251.jpg

以降も釣れそうな雰囲気あったが、竿曲がらず
18時納竿とした。

本日の釣果。
   ↓
20200620_180600.jpg

取り逃がした真鯛は私の釣魂に火を点けてくれた。
次回リベンジは9月の予定。

スポンサーサイト



釣行日記 20-06-06

釣り場  田辺・への字波止

釣果   チヌ 33,34cm * 2匹

仕掛け  ハリス1.5号,ハリ伊勢尼8号(黒),
      自作立ちウキ(黒,橙),タナ2.5~3.5ヒロ

エサ   色々(紀州釣り)

今回もお気に入りの 田辺・への字波止へ。
4時30分 現地到着。
先客は3名だが、2番,3番に陣取っているので仕方なく
5番と6番の中間から釣りをすることに。

5時00分 釣り開始。
前回の釣りの干潮時に海藻の位置をだいたい把握して
いたが、実際釣ってみると海藻の中にダンゴを落として
いたようで、仕掛け回収時に海藻に触れて上がってくる
のがわかる。

7時前に先客が帰ったと同時に3番へ移動。
   ↓
IMG_2892hnj.jpg

風が後ろから押してくれるので非常に釣り易い。
朝2時起きで腹が減ったので早めの朝食。
   ↓
IMG_2894hnj.jpg

最初に竿を絞り込んだのは丸っこいボラ。
   ↓
20200606_095824.jpg

8時過ぎに勢い良くウキが消し込んだ。
これは抜き上げられるサイズのチヌ。
9時前にも同じようなアタリで同サイズがきた。

その後、アタリが止んでしまい、釣りには影響ない
ものの風向きが西~南西へと変わってきた。

他に釣り人は2名来たが、12時に帰ってしまったので
しばらく私一人の釣り。

12時過ぎの足元の敷石はこんな感じ。
これをかわして魚を取り込むのはスリルあり面白い。
   ↓
20200606_113407.jpg

昼食は帰りの運転もあるのでノンアルコールで。
   ↓
20200606_120734.jpg

先ほどは敷石が露出するくらい潮位が下がったが、
上がりだしたら早い。
15時をまわったあたりから釣り人が増えてきた。
そしてこの頃から小雨が降ってきた。

16時くらいに 新たな釣り客がこちらに歩いてきたが
私は目が悪いので誰かわからず。
何と ボリ兄でした。
私の右横が空いていたので、そこに陣取り釣り開始。
ボリ兄と一緒に釣りするのは初めてで、妙に気合が入る。

左隣の釣り人にアオリイカがヒット。
慎重に取り込んだのは食べ頃のイカ。
釣った記念写真撮影を依頼されたので撮影すると
その後、アオリイカをいただきました。
(あとの検量で730g)
初対面の見ず知らずの私にこんな立派なイカを。
ありがとうございました。

17時過ぎから無風に近い状態になり、海況も非常に
期待を持たせる雰囲気になってきた。

すぐに一気にウキを消し込むアタリあったが、
海藻に巻かれて取り込みに至らず。残念。

17時30分までの釣りと考えていたが、釣れそうな
雰囲気漂っていたので延長する。

しかし 竿を絞り込む魚は当たらず、18時20分納竿。
何と13時間20分もの間、休憩は朝,昼食の時だけで、
その他はダンゴ投入を繰り返した異常さ。。。

本日の釣果。
   ↓
20200606_182631.jpg

今回は貧果だったが、私が大切にしている "への字" で
思う存分釣りができたので良かった。

車の燃費は往路,復路ともに19.1km/Lとまずまず。
   ↓
20200606_200812.jpg

釣行日記 20-05-23

釣り場  田辺・への字波止

釣果   チヌ 30~42cm *3匹

仕掛け  ハリス1.5号,ハリ伊勢尼8号(黒),
       自作立ちウキ(黒,橙),タナ2.5~3.5ヒロ

エサ   色々(紀州釣り)

今回はお気に入りの田辺・への字波止へ。
自分に課したノルマは12時間釣り。
4時過ぎに現地到着。
先客はイカ釣りの2名で広範囲に釣り座をとっているので
3番での釣りは断念。初めて入る1番に陣取り、
4時50分 釣り開始。

ここは海藻がいっぱいで、仕掛けを回収する時に
海藻に絡みながら上がってくるのがわかる。
先客が少し移動したので、私も合わせて移動(2番へ)。
ここは海藻のことは考えずに釣りができる。

そうこうしているうちに、イカ釣りの客が帰ったので、
一番の実績場である3番へ。やっぱり落ち着くわ。
   ↓
20200523_065853.jpg

7時40分 一気にウキが消えた。
これは抜き上げられるサイズ(30cm)のチヌ。

朝が早いと腹減るのも早い。朝食はカカオ。
   ↓
IMG_2883hnz.jpg

この時期特有の流れ藻がいっぱいで仕掛け回収時に
ハリに掛かってしまいストレスがかかる。
   ↓
IMG_2884hnz.jpg

他の客も含めて回収した藻。
取っても取ってもどんどん流れてくる。
   ↓
IMG_2887hnz.jpg

9時くらいに一気にウキをもっていったのは
綺麗な42cm。
   ↓
20200523_090219.jpg

朝は背後からの微風で釣りやすかったが、
10時過ぎから西南西から吹き、遠投した仕掛けが
斜め手前に突いてくる。

大潮の日はここまで潮位が下がる。
ダンゴ投入や魚の取り込み時にこの足元の敷石に
注意を要する。
   ↓
IMG_2888hnz.jpg

昼前に紀伊半島の地磯に精通するボリ兄が様子を
見に来てくれた。(差し入れありがとう)
私が気になっている釣り場を教えてもらったので
条件合えばチャレンジしてみたい。

14時くらいから風向きは変わらずだが、風速はマシに
なってきた。
ダンゴが効いてチヌは近くにいると思うが、サシエを
食わすのが難しい。

17時のチャイムが鳴ってすぐに久々のウキ入れ。
これは小型33cmだった。
頑張ったが大型を食わすことが出来ず17時25分
納竿とした。

12時間釣りは達成した。
一日通してみると食い渋く、難しい釣りとなったが、
やっぱり面白い "への字波止"。

20200523_173021.jpg

釣行日記 20-04-20

釣り場  田辺・への字波止

釣果   チヌ 36~45cm * 2匹

仕掛け  ハリス1.5号,ハリ伊勢尼8号(黒),
       自作立ちウキ(黒,橙),タナ3~3.5ヒロ

エサ   色々(紀州釣り)

この日は各所探訪の一日となった。
6時30分 まず最初に向かったのは天神崎・大鼻。
先客が5名居たが、私は湾内向きで釣るので邪魔にならない。
   ↓
IMG_2875obn.jpg

投点15mの設定で攻めるが、ここの底は前下がりとなって
おり、ダンゴはどんどん転がり、タナが全く合わない。
7ヒロ取ってもダメだった。
時間の無駄と判断して、9時前に退散して第二ラウンドは
近くの江川漁港内の車横付けポイント。
   ↓
20200502_095506.jpg

ここは3.5ヒロ程度でタナは合った。
根気良く攻めるも、南西風が横から吹きつけて仕掛けが
落ち着かない。
遅々の朝食です。
   ↓
IMG_2876obn.jpg

ここも辛抱ならず、11時に退散。
色々思案したが、近隣で一番頼れる への字波止へ。
11時20分 釣り開始。
向かい風の中、3番から遠投で攻める。
   ↓
20200502_112315.jpg

開始25分で自作ウキが一気に消えた。
この瞬間は何とも言えない。
玉網に入ったのはスリムな45cm。
   ↓
20200502_114952.jpg

2匹目を狙うが、仕掛けは風で押し戻されるので
ダンゴ割れてからの短時間勝負。
潮位低く、この時間帯タナ3ヒロ。
時々ボラが竿をひん曲げる。

ヌカの量が少なめだったので、後半ダンゴ玉は小さめ。
16時過ぎに居食いのような感じで36cmを取り込んだ。

風も止み、雰囲気出てきたが、ヌカが底をついたため
16時50分 納竿とした。

この日の釣果。
   ↓
20200502_170518.jpg

あちこち重い荷物持っての移動は疲れたが、
大好きなポイントで釣り出来て満足!

   

釣行日記 19-11-02

釣り場  田辺・への字波止

釣果   なし

仕掛け  ハリス1.5号,ハリ伊勢尼8号(黒),
      自作立ちウキ(黒・橙),タナ3~4コヒロ

エサ   色々(紀州釣り)

三連休の初日、への字波止へ。
5時45分 現地到着。
今日もエギンガー2名居るだけなので、どこでもOK。
3番へ釣り座をとる。
   ↓
IMG_2637hnz.jpg

6時30分 釣り開始。
潮の色はあまり良くない。
せっかく遠投しても、当て潮のため手前に戻ってくる。
アタリとれず朝食を摂ることに。
新物入手。
   ↓
IMG_2639hnz.jpg

アタリ取れない状態が続くので、少しずつ4番寄りに
移動。4番では前回同様に根掛かり多発で
自分の思うような釣りが出来ない。

少しずつ移動し、昼前から5番に釣り座を構える。
この時間帯は波止全体で私一人に。。。
この頃から南西風が斜め前から吹いてくるが、
気になる程でもなく、ダンゴ投入を繰り返す。
今日も半袖+7分パンツで過ごした。

14時過ぎたあたりから潮の色が良くなってきた。
ウキの動きに全神経を集中させたが、魚を掛ける
ことが出来ず。17時05分 納竿とした。

釣れなかったが、最後にはこんな綺麗な夕日を
拝むことができた。
   ↓
20191102_170443.jpg

今シーズンの"への字"はこれにて終了。
また来年。

| ホーム |


 ホーム  » 次のページ