プロフィール

ひがっさん!!

Author:ひがっさん!!
K(男の子)とR(女の子)の2人の子どもを大切にする
磯釣り師でHGは和歌山県・みなべ&堺磯です。
中でも満潮時 水没する磯に良く行きます。
フカセ,紀州釣りでの自己記録は、
尾長グレ  51cm (2.0kg)
口太グレ  46cm (1.8kg)
チヌ    59cm (3.0kg)
マダイ   60cm (2.5kg)
イシダイ  47cm (2.3kg)

特に紀州釣りが大好きで、チヌは実寸で60アップを
仕留めるため、日々勉強しております。

釣り日記以外に子どもネタも充実!!

カウンター

フリーエリア

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

ブロとも一覧

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

まとめ

釣行日記 17-06-02

釣り場  堺磯・大島

釣果   チヌ    38~41cm * 2匹
      丸ハゲ  22cm * 1匹
      アオリイカ 0.39kg~2.03kg * 2ハイ

仕掛け  (紀州釣り)
       ハリス1.5号,ハリ伊勢尼(黒)7号,  
       自作立ちウキ(黒,橙) ,タナ4.5~5.5ヒロ
      (イカ釣り)
       ヤエン仕掛け(K氏スペシャルヤエン)


休暇を取り、堺磯へ行ってきました。
往路の燃費は過去最高タイの18.8km/Lを記録。
   ↓
CIMG4835so.jpg

今月は遅番。5時15分 出船。
お客さんは私1人だけ。
(2軒 渡船屋あるが夕方まで私1人でした)

大島に着けてもらいました。
日の出時間は過ぎていますが、お決まりの写真を。
   ↓
CIMG4839so.jpg

まずはイカ釣りです。
南向きにアジを泳がせます。
すぐにイカが乗りましたが、取り込みまで持っていけませんでした。
海面には海藻が大量に。ポイントに滞留していましたが、
そのうち上り潮が効きだして左へ流れていった。
   ↓
CIMG4840so.jpg

南東向きでイカが乗りました。
しばらく待ちます。
   ↓
CIMG4841so.jpg

かなり大きそう。強引に引き寄せ 取り込んだのは
自己最高の2.03kgでした。
   ↓
CIMG4842so.jpg

一人貸切りなので、東向き中央でもやってみた。
ここでは1.5kg超のイカをヤエンは掛かったが、ギャフの打ち方を失敗。
イカの姿をみただけに終わった。残念。。。

メインの紀州釣りを行なったのは8時過ぎからとなりました。
朝からエサ取りは活発です。
   ↓
CIMG4847so.jpg

朝食はパッケージの変わったブルーベリー。
   ↓
CIMG4531so.jpg

南からのウネリが時々大島を洗います。
   ↓   
CIMG4848so.jpg

11時くらいにチヌが来ました。
白いチヌで非常に美味そう。
   ↓
CIMG4851so.jpg

午後からは北風強風となり、ポイント東向いて釣りをしていては
ポイントがボケるので15m程 北寄りに釣り座を移動し、
斜交いに釣ることにした。
   ↓
CIMG4853so.jpg

サンノジは今日もうるさかった。
竿引きのアタリが何度も。

13時過ぎにチヌ41cm。
これもこの時期らしからぬ綺麗なチヌで、さばいた時の身の
綺麗さには驚いた。
   ↓
CIMG4854so.jpg

丸ハゲ。腹は肝と卵でパンパン。
   ↓
CIMG4856so.jpg

その後も風は止むことなく。
釣果もパッとしないので16時の船で帰港した。

CIMG4866so.jpg


スポンサーサイト

釣行日記 17-05-20

釣り場  白浜堅田・ボラ20号筏 ~ 田辺・への字波止

釣果   チヌ 44cm * 1匹

仕掛け  ハリス1.5号,ハリ伊勢尼7号(黒),
      自作立ちウキ(橙),
      タナ(筏)10~12ヒロ, (への字)3ヒロ

エサ   色々(紀州釣り)

今回の釣行は普段行かない他の地域に目を向けようと
いうことで、白浜堅田の筏へ行くことにした。
今年は去年以上に大型グレが釣れ盛っていることから、
一分一秒でも早く漁協に行って番号札を取らないと
外れの筏しか乗れないという想いもあり、
前夜19時に自宅出発し、20時50分 漁協着。
この時間に到着しても取れた番号札は11番だった。
   ↓
CIMG4528bh.jpg

このあと晩御飯&銭湯を済ませ、車中泊。

夜は殆ど眠れずで、4時30分の受付をする。
やはり絶好調のイカダは早々に埋まっていき、
私は20号筏へ乗ることになった。
隣の筏がそこそこ実績あるので、期待大。
   ↓
CIMG4803bh.jpg

出船前の桟橋。
   ↓
CIMG4804bh.jpg

5時25分 出船。
約5分で20号筏に到着。
日の出時間は早いので、もうこんなに高い位置に。
   ↓
CIMG4805bh.jpg

本日の釣座。
北向きに釣ります。
私は長竿を用いた通常の磯釣りスタイル。
タナが深いのでラインの送りが大変です。
   ↓
CIMG4812bh.jpg

子サバがどの層にも沸いており、底に落としても掛かってくる。
7時前に また子サバが掛かったので回収始めると、
ガツンと何かが乗ったようだ。
一気に走られたが止まったのを見計らって寄せにかかる。
約3分くらい粘れたが、一気に突っ込まれた時にラインが切れた。
多分70~80cmのメジロだと思います。

朝食は宇治抹茶。
   ↓
CIMG4530bh.jpg

連結されている養殖筏の中を覗くと、食事中のマダイが
海面でバシャバシャと。
   ↓
CIMG4808bh.jpg

絶好調の18号,19号。
この日は不発に終わったようだ。
   ↓
CIMG4810bh.jpg

私のポイントはカケ上がりになっており、同じところにダンゴを
投入しても潮の速度によって着底する位置が変わり、
ウキ下設定ちょうど良い時もあれば、どんどんウキが沈んでいく
という非常に難しい釣りを強いられた。
結局ポイントがボケてしまい、更に子サバも居なくなり、
エサがそのまま残ってくるので13時40分 納竿し、
14時の船で帰港した。
と言っても これで終わりません。

続いて向かった先は 田辺・への字波止。
   ↓
CIMG4823bh.jpg

いつものポイントに入ろうと思ったが、この時期は海藻がビッシリ
覆い茂っており、釣り不可能。
沈みブロックの先の茶色が全部海藻です。
   ↓
CIMG4817bh.jpg

海藻のないところをみつけたのでここに入る。
   ↓
CIMG4815bh.jpg

15時過ぎ釣り開始。
潮の動きは殆どないがポイントづくりをする。
風は無風に近く、ちょっと暑いくらい。
17時25分にようやく竿が曲がった。
海藻に潜られないように慎重に浮かす。
への字波止らしい体高のある色艶申し分ない綺麗なチヌ。
   ↓
CIMG4821bh.jpg

これを機に納竿とした。

復路の燃費。まずまずの18.5km/L。
   ↓
CIMG4829bh.jpg

堅田筏の大型グレの実績は本当に凄いものです。
私と同じ14時上がりの人は37~44cmを4匹。
5月は50アップが3匹出ており、
18日には1人で46~52.1cmを20匹と夢のような
釣果が出ております。
腹には脂ドッサリで食べても美味しいらしいです。

CIMG4832bh.jpg



釣行日記 17-05-02

釣り場   堺磯・大島

釣果    チヌ     41cm * 1匹
       尾長グレ  30cm * 1匹

仕掛け  ハリス1.5号,伊勢尼8号(黒),自作立ちウキ(黒,橙),
       タナ4~5ヒロ

エサ   オキアミ(紀州釣り)

前回,前々回と不甲斐ない結果に終わっているので、
何とかしてやろうと単独で堺磯へ乗り込んだ。

5時の一番船には8名乗せて出船。
今回 私は紀州釣りとイカ釣りをする。
午後からの風向きを考慮して大島を選択。
紀州釣りはいつものポイント,イカ釣りは白浜向きに
竿を出す。

日の出です。
   ↓
DSC01289oh.jpg

朝一番はイカ釣りから。
エサのアジは5匹だけ調達してきた。
第1投目から大型が乗ってきました。
   ↓
DSC01291oh.jpg

しかしヤエン投入前に放されてしまった。
そのアジはまだ頭部の少しだけ齧られただけなので
そのまま投入すると また乗ってきたが、ヤエン投入の
タイミング悪く、取り込み失敗。
アジを交換して再度投入。
またまた大型が乗ってます。
これは慎重になり過ぎて、ヤエン投入時にはアジのゼイゴの中程まで
食われた状態であがってきて失敗に終わった。
その後は全く乗らず。

さて、メインの紀州釣り。
こちらは おびただしい数のエサ取りをかわして釣らないといけません。
風なし。潮はゆっくり上り潮。
アタリは取れませんが、後半に備えてポイントづくりをする。

朝食です。
お歯黒になるが、カカオ風味最高!
   ↓
DSC01293oh.jpg

8時前から上り潮の勢いが強くなり、潮上へダンゴを
投入して正面で合わせる釣りを強いられる。
以降は潮の勢いが緩くなり、釣り易くなってきたが、
魚からの反応なし。

前回のような睡魔に襲われることがなかったので、
ウキの動きに全神経集中。
大型サンノジがうるさくなってきた。
竿引きの瞬間にチモトを切られ、ハリは10本以上
なくなってしまった。
   ↓
DSC01276hu.jpg

14時くらいに尾長グレが釣れたが、状況はサッパリ。
ふと足元をみると、ここの主 60cmクラスのイズスミが悠々と
泳いでいる。こいつを食わそうと仕掛けはそのままで
足元に落としていくと、何と一発目から食ってきた。
竿はバット部からひん曲がり、5秒くらい耐えたが、
相手が大きすぎて取り込めるはずはない。
遊びはここまで。

今日こそ最終17時まで釣るつもりだったが、こんな状況なので
16時までの釣りに変更。

15時40分 最後の一投。これに食いついたのは
この時期にしては体高のある41cmのチヌ。
   ↓
DSC01298oh.jpg

これを機に納竿とした。
午後から西風が吹くと思っていたが、南西風プラス上り潮で
仕掛けの操作が難しかった。
今回も不完全燃焼。いつになったら完全燃焼できるのか?

釣行日記 17-04-30

釣り場  堺磯・平島の裏

釣果   チヌ    38cm * 1匹
      シマアジ 26cm * 1匹

仕掛け  ハリス1.5号,伊勢尼8号(黒),自作立ちウキ(橙),
       タナ3.5~4.5ヒロ

エサ   オキアミ(紀州釣り)

前回の釣りで完全丸坊主をくらったので、今日こそ釣ってやろうと
意気込み、堺磯へ向かう。

5時の一番船には12名を乗せて出船。
今日のコンディションでは ここしかないということで、
平島の裏を希望。ここで春の紀州釣りをするのは実に5年振り。
過去には自己記録のチヌの他、50アップを多数釣り上げた
一番実績のある磯だが、狙っていた日に風波でアウトになったりして
しばらく足が遠のいていた。 さて、今日はどうか?

朝は11度と冷え込んだ。
日の出です。
   ↓
DSC01260hu.jpg

この時期の堺磯は切れた海藻が海面を漂い、ラインに絡む。
これが厄介な海藻。
   ↓
DSC01263hu.jpg

5年振りにこの釣座へ。
これから潮が上げてくるので しばらくスタンディングゲームです。。。
   ↓
DSC01265hu.jpg

最初はエサが残ってくることが多かったが、そのうちエサ取りが
活発に動き出し、エサは残らなくなってきた。

朝食です。
   ↓
DSC01269hu.jpg

8時前の満潮いっぱいの時、釣り座のうしろを振り返ると、
全てが水没。
   ↓
DSC01272hu.jpg

隣のナナシもヒタヒタです。
   ↓
DSC01271hu.jpg

潮は右から左へ。この潮で魚は釣ったことない。
その潮が緩みかけた頃に紀州釣りでは理想的なアタリが出た。
久々に竿が曲がる。
しかし大型には程遠い38cmでした。
   ↓
DSC01275hu.jpg

その後、潮が右にとることを期待したが、潮行は変わらない。
私には珍しく睡魔が襲ってきたので、しばらく磯に横たわることに。

それにしてもコンディションは最高過ぎる。
海面はベタ凪。背後から緩い南風。
   ↓
DSC01281hu.jpg

潮はどんどん下がる。
14時30分くらいの一番下げた時。
上から5番目の写真と同じアングルで撮ってみた。
野球できるくらい広大に干上がってます。
   ↓
DSC01283hu.jpg

朝は膝下まで潮位あったが、その時より170cmくらい
低くなってます。
偏光グラスを通して撮影。
   ↓
DSC01279hu.jpg

美味なシマアジが来るも一匹止まり。
   ↓
DSC01284hu.jpg

その他 今日はコイツがうるさかった。
竿引きのアタリは全てコイツ。
   ↓
DSC01285hu.jpg

大潮の満潮(18時~19時)なら最終まで粘ってやろうと
思ったが、今日状況では諦めた。
15時40分 納竿。

期待外れに終わってしまったが、久々に乗った平島の裏、
非常に新鮮でした。

釣行日記 17-04-22

釣り場  堺磯・大島

釣果   なし

仕掛け  ハリス1.5号,伊勢尼8号(黒),自作立ちウキ(黒,橙),
       タナ5~6ヒロ

エサ   オキアミ(紀州釣り)


1ケ月強 釣りを絶っていましたが、ようやく行けることに。
選択したのは堺磯での紀州釣り。
5時30分 7名乗せて出船。私は希望の大島へ。
   ↓
DSC01250so.jpg

いつものポイントに陣取り 釣り開始。
朝一番はやや速い下り潮。
隣に他船の紀州釣り師がいるので思うように流せない。

朝食は甘い匂いがたまらんスイートポテト風味。
   ↓
DSC01245so.jpg

曇天で北風微風。
大変釣り易いが、魚を引き出すのが難しい。
たまに来る竿引きの大アタリは40cmクラスのサンノジ。

退屈なので、イカ釣りしているK氏のところに行き談笑したり、
アラタキ付近を探検したり。
   ↓
DSC01246so.jpg

DSC01247so.jpg

12時 昼食の時間まで獲物なし。
粘れば何とかなるやろうと安易な考え。

後半戦。
潮が上げてきた。
朝の濁りが若干とれて綺麗な潮になってきた。
ここからも沈黙が続き、15時40分まで頑張ったが×。

GWの紀州釣りでは結果を残したい。

| ホーム |


 ホーム  » 次のページ