FC2ブログ

プロフィール

ひがっさん!!

Author:ひがっさん!!
K(男の子)とR(女の子)の2人の子どもを大切にする
磯釣り師でHGは和歌山県・みなべ&堺磯です。
中でも満潮時 水没する磯に良く行きます。
フカセ,紀州釣りでの自己記録は、
尾長グレ  51cm (2.0kg)
口太グレ  46cm (1.8kg)
チヌ    59cm (3.0kg)
マダイ   60cm (2.5kg)
イシダイ  47cm (2.3kg)

特に紀州釣りが大好きで、チヌは実寸で60アップを
仕留めるため、日々勉強しております。

釣り日記以外に子どもネタも充実!!

FC2カウンター

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

ブロとも一覧

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR

釣行日記 19-09-14

釣り場  田辺・への字波止

釣果   チヌ 30~44.5cm *  7匹
          (キビレ1匹含む)
      アイ 28~40cm   *  2匹

仕掛け  ハリス1.5号,ハリ伊勢尼7号(黒),
      自作立ちウキ(黒・橙),タナ2.5~3.5ヒロ

エサ   色々(紀州釣り)

7月12日以来の釣り。
前日の予報(風向き,潮位)を考慮して、
久々に への字波止へ行くことに。
朝寝坊(5時過ぎ起床)したが、いつ行っても釣人は
少ないので気持ち焦らず車を走らせる。

お気に入りのポイントに陣取り、8時過ぎ釣り開始。
   ↓
IMG_2613hnj.jpg

腕を振り切れる状態でないので、8分くらいの力で
ダンゴの投入を繰り返す。
潮の動きはさほどでもないが、厄介な真横(東)からの
風のため上潮が滑り、ラインをとられてしまう。
とりあえず前半はダンゴを効かせることを意識。

朝食です。
   ↓
IMG_2615hnj.jpg

10時20分くらいに前アタリのあと斜めに
ウキを持っていった。久々の重量感。
潮位は下がり、足元の敷石が露出している
ので、敷石の上にチヌを置いて、波が来る
タイミングを見計らって玉網に滑り込ませた。
   ↓
IMG_2616hnj.jpg

小休止していると、地元の高校生ハイジャンパーが
様子を見に来てくれた。
色々と情報交換することが出来て良かった。

快晴。
このような最高のロケーションで釣り出来るのは
幸せだ。
   ↓
IMG_2617hnj.jpg

その後 単発でチヌが竿を絞り込むが、
小型が多い。

午後の満潮を迎えた。
この時間帯はウキの変化に全神経を集中。
ここでの紀州釣りで初めてアイが釣れた。
しかも大型シブカミ級!

ボラも次々と当たってくる。
腕が疲れるが、今後のために取り込みの練習。

結局 最後まで厄介な風向きは変わらず。
日没時間近づき 17時45分 納竿とした。

本日の釣果。
(食べる分だけ確保して残りはリリースした)
   ↓
IMG_2620hnj.jpg

10月,11月の天候安定する北~北東風の時が
狙い目。

スポンサーサイト



釣行日記 19-07-12

釣り場  堺磯・内ミノ

釣果   なし

仕掛け  ハリス1.5号,ハリ伊勢尼9号(黒)
       自作立ちウキ(黒・橙),タナ5.5~6.5ヒロ

エサ   色々(紀州釣り)

貴重な平日休みは堺磯へ。
5時15分の遅番で4名を乗せて出船。
私はお気に入りの内ミノに着けてもらう。

本日の釣り座。
波は無いように思うが、午後からウネリが。
   ↓
IMG_2594suk.jpg

朝の2投目から竿引きの大アタリあったが、
正体はヘダイだった。
   ↓
IMG_2596suk.jpg

腹が減ったので朝食を。
これ冷やしたら美味いかも。
   ↓
IMG_2601suk.jpg

曇り空なので日の出拝めず。
曇り空でも この海の風景は◎。
   ↓
IMG_2602suk.jpg

逆光時に抜群の威力を発揮する
自作立ちウキ(黒)。
   ↓
IMG_2603suk.jpg

良型の丸ハゲの口に伊勢尼9号が
ガッチリ掛かる。
   ↓
IMG_2605suk.jpg

今日はどうしたことか、アタリらしいアタリを
とらえることが出来ない。
しかし紀州釣りは辛抱が大事。
根気よくダンゴの投入を繰り返す。

頑張るも状況変わらず。
14時くらいから南西風が強くなってきた。
ここで放っておけないのが北側のポイント。
   ↓
IMG_2609suk.jpg

まずサナギと撒き餌杓だけもって行き、
様子を見ることに。
10分程サナギを撒くと、チヌが海面に姿を
現した。まずまずの型。
浮いてくるチヌは少なそう。
もっと浮いてきてからの方が良かったが、
ここで竿出し。

前回と同じように追い風に乗せて仕掛けを
操作して30m前方のシモリの上に
サシエを入れて様子見。
しかしチヌは賢く、サシエを入れてから
全く浮かなくなった。

前回乗ったチヌ島は水没。
   ↓
IMG_2610suk.jpg

時間もったいないので、紀州釣り場に戻る。
この頃から満潮とも重なり、ウネリが大きく
なってきた。
時々膝上まで上がってくることも。

休憩する時間も惜しんで、ダンゴ投入を
黙々と繰り返すが竿を絞り込む魚を
釣ることが出来ず、15時40分 納竿とした。

紀州釣りの難しさをあらためて感じた一日
だった。

釣行日記 19-06-22

釣り場  堺磯・内ミノ ~ チヌ島

釣果   チヌ  33~41cm * 5匹
      カスゴ 28cm * 1匹
      ヘダイ 30cm * 1匹

仕掛け (紀州釣り)
      ハリス1.5号,ハリ伊勢尼9号(黒),
      自作立ちウキ(黒・橙),タナ5~6ヒロ

     (浮かせ釣り)
      ハリス1号,ハリ伊勢尼7号(黒),
      発泡目印(白色),タナ0ヒロ

エサ   色々


単独で堺磯へ。約40日振りの釣り。
朝の一番船は結構賑わっており、
約15名乗せて出船。

今日の風向きを考慮して私は内ミノを選択。

既に日の出は過ぎてますが。
   ↓
IMG_2568suc.jpg

潮位は8時過ぎまで上がってくる。
水没した磯で仕掛けづくり,ダンゴを練って
準備完了。
   ↓
IMG_2571suc.jpg

北東~北の風が吹いているので仕掛けの
操作が難しいが午前中は辛抱。

朝食はいつものやつストックなく、仕方なく
菓子パンにした。
   ↓
IMG_2570suc.jpg

8時過ぎに前アタリのあと、ウキをグッともっていった
のは元気なチヌ。
   ↓
IMG_2577suc.jpg

潮位の一番高い頃。
   ↓
IMG_2574suc.jpg

その後、単発で同じようなアタリでチヌを追加
していく。
このまま最終まで紀州釣りを続けるのか?

風向きは西寄りに変わり、結構強い。
私にとっては願ってもないチャンス。

ここで紀州釣りを終了して13時30分の船で
磯替わり。
久々にチヌ島でサナギの浮かせ釣り。
   ↓
IMG_2578suc.jpg

堺磯のチヌは非常に警戒心強いため、
磯際から10mくらい離れて準備をする。

仕掛けづくりの前に、まずチヌの反応をみる。
サナギです。浮くものだけを使います。
   ↓
IMG_2581suc.jpg

10分ほどサナギを撒くと、早くもあちこちで
チヌの波紋を確認。
海面に浮いてくるやつは波紋の出方から
そんなに大きくなさそう。

仕掛けの準備。
浮かせ釣りには欠かせない長尺竿の登場。
   ↓
IMG_2583suc.jpg

西風に乗って目印が空中へ舞上がり、サシエの
サナギもあとをついていく。
25m付近に入れた仕掛けを見ていると、
目印が走り、竿の胴までもっていった。
久々に長尺竿の曲がりを楽しみながらゆっくり
寄せにかかる。
第1投目で仕留めたのは41cm。
   ↓
IMG_2582suc.jpg

2匹目を狙うが、チヌを警戒させてしまったのか
全く浮いてこなくなった。
波紋が確認できるのは70mほど沖。
追い風を利用して目印を空中に上げると一度の
着水もなしで50mラインまでは届く。
その50m先で着水後、すぐに目印が消えた。
かなり大きそう。
やりとりを楽しみながら寄せるが、右側の落ち込みに
持っていかれ、ハリスがタナで擦れてアウト。
そのあと同じポイントで更に大きいのが乗ったが、
これも取り込むことができなかった。

16時40分 納竿。チヌは家で食べる分たけ確保して
2匹リリースした。

サナギの浮かせ釣りは最高の風が吹いてくれたが、
チヌを警戒させてしまったことが大きな反省点。

IMG_2588suc.jpg

釣行日記 19-05-11

釣り場  堺磯・大島

釣果   グレ   38cm * 1匹
      イガミ  30~42cm * 2匹
      丸ハゲ 22cm * 1匹

仕掛け  ハリス1.5号,ハリ伊勢尼8号(黒),
       自作立ちウキ(黒・橙),タナ4~5ヒロ

エサ   色々(紀州釣り)


天候が良さそうだったので、堺磯へ。
4時30分過ぎ 堺港到着。
往路の燃費は2度目の20km/L超。
   ↓
IMG_2532sok.jpg

今年はアオリイカがあまり釣れていないためか
今日もお客さん少なく、遅番の5時15分の一番船
には4名乗せて出船。
私は希望していた大島に着けてもらった。

おはようさん。
   ↓
IMG_2534sok.jpg

ダンゴの準備整い、釣り開始。
   ↓
IMG_2535sok.jpg

上り潮がやや手前に突いてくるので
非常に釣り辛い。
エサ取りの動きは朝一番から活発で、
この先どうなるのか心配になる。

潮行きも変わらないので朝食を摂るとに。
   ↓
IMG_2538sok.jpg

潮の差し込む角度がややマシになった頃、
ウキに反応あり、グレ38cm。
パワフルな引きをみせてくれたがイサギの
ように細い。。。
   ↓
IMG_2539sok.jpg

その後、あれだけエサ取りが多かったのに
サシエが残ってくるようになった。
時々アタってるのはボラで、竿引きの大型サンノジ
のアタリは皆無。

14時前にウキが一気に消し込んだ。
重量感たっぷり。海面に姿を現したのは
良型のイガミ。(1.37kg)
   ↓
IMG_2542sok.jpg

一番の干底でも南面は波かぶり、
反対側の遠目にみえる みなべ浜の波打ち際も
真っ白だった。
   ↓
IMG_2543sok.jpg

太陽光が反射して非常に視認性の良い
自作立ちウキ(橙)。
   ↓
IMG_2544sok.jpg

ダンゴ投入ピッチを早めてみたが、全く反応なくなり、
戦意喪失で15時40分 納竿とした。
   ↓
IMG_2545sok.jpg

水温は20度間近。
そろそろサナギに反応するチヌの姿が
見られるかも。

IMG_2546sok.jpg


釣行日記 19-05-05

釣り場  堺磯・平島のウラ

釣果   なし

仕掛け  ハリス1.5号,ハリ伊勢尼8号(黒),
      自作立ちウキ(黒・橙),タナ4.5~5.5ヒロ

エサ   色々(紀州釣り)


前日の天気予報で、南寄りの風が終日吹くという
ことと、大潮という好条件が重なったので、
私の紀州釣りでの50アップのチヌを釣り上げた
実績が一番高い平島のウラに行くことにした。
こんな好条件は何年振りか。

4時40分 港到着。
冗談かというくらいお客さん少なく、
5時15分の一番船には私含めて2名乗せて出船。

5月は奇数日が遅番なので、平島のウラ空いてるか
心配したが、右角に底物のお客さん1名居るだけで
紀州釣り場は空いていた。
準備も整い、釣り開始。
   ↓
IMG_2524hsu.jpg

日の出の時間。
良い雰囲気だったので底物師も入れてみた。
   ↓
IMG_2523hsu.jpg

朝は左斜め手前に突いてくる潮で、
数は気になる程でもないが、流れ藻に
ラインをとられることがあった。
エサ取りなし。こんな状態が続いたので、
早めに朝食を摂った。
   ↓
IMG_2525hsu.jpg

風は南東~西~南西~南風と目まぐるしく
変わった。
南風(追い風)の時のポイントはこんな感じ。
平島の表側は白波立ち、釣りにならずだが、
ここ平島のウラは最高のコンディション。
   ↓
IMG_2529hsu.jpg

朝からほとんどアタリなしで、午後の満潮を迎えた。
15時前から雰囲気出てきてボラ,ヘダイが竿を
ひん曲げたが、本命は来ず。
16時45分 納竿とした。

滅多にない好条件を逃してしまった。
次回に期待。

復路で20.9km/Lと驚異的な燃費を記録。
今の時期はエンジンにストレスかからず
快適に走行できる。
   ↓
IMG_2531hsu.jpg


| ホーム |


 ホーム  » 次のページ