FC2ブログ

プロフィール

ひがっさん!!

Author:ひがっさん!!
K(男の子)とR(女の子)の2人の子どもを大切にする
磯釣り師でHGは和歌山県・みなべ&堺磯です。
中でも満潮時 水没する磯に良く行きます。
フカセ,紀州釣りでの自己記録は、
尾長グレ  51cm (2.0kg)
口太グレ  46cm (1.8kg)
チヌ    59cm (3.0kg)
マダイ   60cm (2.5kg)
イシダイ  47cm (2.3kg)

特に紀州釣りが大好きで、チヌは実寸で60アップを
仕留めるため、日々勉強しております。

釣り日記以外に子どもネタも充実!!

カウンター

フリーエリア

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

ブロとも一覧

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

まとめ

釣行日記 18-10-13

釣り場  堺磯・内ミノ

釣果   チヌ 33cm * 1匹

仕掛け  ハリス1.5号,ハリ伊勢尼8号(黒),
       自作立ちウキ(黒,橙),タナ5.5~6.5ヒロ

エサ   色々(紀州釣り)

単細胞の私は前回の釣りに気を良くして、またまた内ミノへ。
5時45分 4名を乗せて出船。
本日の釣り座。
   ↓
IMG_2186umk.jpg

ダンゴの準備を早々にして釣り開始。
風は前方から吹き付けるので仕掛けが手前に
突いてくる。
取りあえず朝のうちは底にエサを効かすこと。

アタリなしのまま8時過ぎから朝食を。
   ↓
IMG_2187umk.jpg

それにしても一年の中でも滅多にない最高過ぎる
コンディション。
最高過ぎたかな。。。
   ↓
IMG_2189umk.jpg

釣り座から南東側に目をやると、
もくもくと煙が上がっている。
野焼きにしては大規模やなと思って見ていたら
どんどん煙が大きくなってきた。
   ↓
IMG_2191umk.jpg

翌日の新聞で確認すると住宅火災でした。
3時間後に鎮火した。


昼まで釣果なし。
エサは効いていると思うので後半勝負。
13時10分 いいアタリを捉えた。
しかし海面に姿を現したのは小型チヌ。
   ↓
IMG_2193umk.jpg

以降 ウキの変化に全神経を集中させたが
二枚目は釣れず。
翌日は朝早くから予定あるので14時50分 納竿。

毎回釣れるとは限らないのが釣りの面白いところ。

CIMG7600umk.jpg


スポンサーサイト

釣行日記 18-09-15

釣り場  堺磯・内ミノ

釣果   チヌ   35~43cm * 7匹
      ヘダイ 32cm * 1匹

仕掛け  ハリス1.5号,ハリ伊勢尼8号(黒),
      自作立ちウキ(橙,黒),タナ6~6.5ヒロ

エサ   オキアミ(紀州釣り)

こどもの日以来の釣り。
心配していた朝起きは問題なかった。
4時56分 港到着。
燃費は一部高速と国道で19.3km/ℓを記録。
   ↓
IMG_2147uk.jpg

5時過ぎに船頭が来たので様子を伺うと、
ウネリ残り状況は良くないという。
元々 安全な内ミノに行くつもりだった。
私一人の乗船で5時30分 出船。
本日の釣り座。
   ↓
IMG_2150uk.jpg

6時釣り開始。
朝から足元を波が洗う。
低い磯ほど潮位の高い時間帯はポイントを作りにくいが、
同じところにダンゴが行くように心掛ける。
本日第一号は6時35分。
竿引きのアタリをみせたのは40cm。
   ↓
IMG_2151uk.jpg

一匹釣れたので定番の朝食を。
   ↓
IMG_2152uk.jpg

腹ごしらえのあと、竿をグイグイ絞り込んだのはヘダイ。
   ↓
IMG_2154uk.jpg

これは3匹目の39cm。
足元は完全に水没しているので〆るところがない。
   ↓
IMG_2159uk.jpg

潮位がどんどん上がってきた。
   ↓
IMG_2160uk.jpg

内ミノは安全な磯だが、ウネリ大の時は南東沖にある
シモリあたりから大きな波が発生して内ミノ南東角に当たり
凄まじい勢いで足元を洗う。
この日はウマを3台降ろしていたが、重量物を乗せたウマは
大丈夫だったが、負荷の軽かったウマが波に倒されて
水汲みバケツが犠牲になってしまった。

こちらは大島の鉄塔。
台風波で無残な姿に。
   ↓
IMG_2161uk.jpg

午前中はチヌ4匹。
昼食後もどんどんダンゴを投入する。
潮が下げにかかるも、ウネリの大きさは変わらず。
こちらは14時前に釣れた6匹目 43cm。
お持ち帰りは5枚迄と決めていたのでリリースした。
   ↓
IMG_2165uk.jpg

15時30分に37cmを追加。
ウネリの状況をみていると、とても最終まで釣るのは
無理と判断して16時の船で帰港した。

今日のチヌのアタリは一気にウキを引ったくっていく
ものばかり。
ウネリで釣りを中断したりのロスがあったものの、
久々の釣りにしては かなり楽しめた。

CIMG7468uk.jpg

釣行日記 18-05-05

釣り場  堺磯・大島

釣果   チヌ 39cm * 1匹

仕掛け  ハリス1.5号,ハリ伊勢尼7号(黒),自作立ちウキ(黒,橙),
      タナ4~5.5ヒロ

エサ   オキアミ(紀州釣り)

久々にKと一緒に行くことにした。
部活や塾があるため、なかなか釣りに行く日が合わなかったが、
今回 1年半振りに実現出来た。

4時30分 うえひら渡船 船着場に到着。
5時の一番船には7名乗せて出船。

私達は大島で紀州釣り。
早速 太陽が出てきました。
   ↓
IMG_2034sok.jpg

朝は上り潮が手前に突いてくる。
エサ取りの多い大島だが、ずっとエサは残ってくる。

朝食を食べることにします。
(選り取り3ケ 298円)
   ↓
IMG_2035sok.jpg

1年半振りの紀州釣りだが、ダンゴ投入のコツを
覚えているらしく、飛距離も伸びていた。
   ↓
IMG_2040sok.jpg

10時過ぎにチヌが来た。
   ↓
IMG_2043sok.jpg

以降ダンゴ投入を繰り返すが、潮が手前に突いてくる
のは変わらず今日も難儀だ。

休憩を挟みながらKも頑張る。
   ↓
IMG_2044sok.jpg

あらゆる手を尽くしたが、魚は釣れず。
15時45分 納竿とした。

今日も厳しい釣りになってしまった。
これに懲りず次回に期待。






釣行日記 18-05-01

釣り場  みなべ・カブト

釣果   チヌ    38cm * 1匹
      丸ハゲ  24cm * 1匹

仕掛け  ハリス1.5号,ハリ茶グレ6号,デュエルTG/2B,
      タナ1.5~2.5ヒロ

エサ   オキアミ(フカセ釣り)

1ヵ月前から決めていたカブトでの釣り。
前夜 意気込んで準備したものの、何と朝寝坊して
起きたら4時20分。
朝は潮位高いので、中途半端な時間に行っても短時間での
磯替わりとなるので、地道を使ってゆっくりとみなべを目指す。

往路の燃費は過去最高(19.1km/L)を記録した。
   ↓
IMG_2009mk.jpg

朝食は出船前に車で食べた。
   ↓
IMG_2012mk.jpg

9時の船に乗り、カブトへ。
   ↓
IMG_2014mk.jpg

仕掛けを投入するも、中途半端な上り潮で、
手前に突いてきたと思えば、その後ウキの位置は変わらず。

10時過ぎに中途半端な下り潮に変わった時にチヌが来た。
   ↓
IMG_2016mk.jpg

こんな美味しそうな丸ハゲも。
肝パンパンで抱卵していた。
   ↓
IMG_2017mk.jpg

その後 サシエを取られることなく時間が過ぎる。
潮位が一番低い時間帯を迎えたが、
時折 南西方向からのウネリで波の高低がある。
昼を過ぎた頃だが、15時までの釣りは厳しいと
判断して13時に迎えにてもらい地方のウノ島へ。
   ↓
IMG_2021mk.jpg

潮位がかなり下がっているので、今後のために
シモリの位置を確認。

ここでもエサ取りは皆無に等しく、難儀した。

唯一 竿を絞り込んだのはサンノジ。

16時過ぎ 釣れそうな雰囲気がプンプン。
   ↓
IMG_2025mk.jpg

しかし竿を絞り込む魚は当たらず16時35分 納竿。

イカもさっぱり釣れていない みなべ磯ですが、
今後の釣果回復に期待。








釣行日記 18-04-21

釣り場  堺磯・平島のウラ

釣果   なし

仕掛け  ハリス1.5号,ハリ伊勢尼8号(黒),自作立ちウキ(黒・橙),
       タナ4~5ヒロ

エサ    色々(紀州釣り)

今季初の紀州釣り。
情報は全くないが、自分の中では 「そろそろ行けるやろ」という
想いがあったので、久々に堺磯へ。
5時過ぎに港到着。
往路の燃費はまずまず。(復路も18.6km/L)
   ↓
IMG_1965hu.jpg

平島のウラに行くと決めていたので船頭にその旨を告げる。
5時30分の一番船には7名乗せて出船。

平島のウラからみた日の出。
   ↓
IMG_1966hu.jpg

本日のポイント。
午後から南寄りの風が吹く予想で、これに下り潮が
カンヌシの方向にとってくれることを願い釣り開始。
   ↓
IMG_1967hu.jpg

朝一番はゆっくり上り潮。
この潮の時は魚を釣った試しがない。

朝食です。新パッケージで風味も良くなった。
   ↓
IMG_1968hu.jpg

上り潮が止まった。その後の変化を待つが、
ウキの位置は変わらず。

しつこくダンゴの投入を繰り返すが、エサは残った
ままの状態が続く。

緩い南風が吹いてきた。
海面はこんな感じで非常に釣りやすい。
   ↓
IMG_1974hu.jpg

昼を過ぎてもウキの位置は変わらない。
当然ウキが消し込まれることはない。

15時前から 潮かやや右に流れ出した。
この時にサンノジとボラが当たってきたので、
神経を集中して釣るがお持ち帰りの魚は釣れず。
15時40分 納竿とした。

水温17.7度。
平島ウラでの紀州釣りで大型を狙う最大のチャンス
だったが今年は結果出なかった。

| ホーム |


 ホーム  » 次のページ