プロフィール

ひがっさん!!

Author:ひがっさん!!
K(男の子)とR(女の子)の2人の子どもを大切にする
磯釣り師でHGは和歌山県・みなべ&堺磯です。
中でも満潮時 水没する磯に良く行きます。
フカセ,紀州釣りでの自己記録は、
尾長グレ  51cm (2.0kg)
口太グレ  46cm (1.8kg)
チヌ    59cm (3.0kg)
マダイ   60cm (2.5kg)
イシダイ  47cm (2.3kg)

特に紀州釣りが大好きで、チヌは実寸で60アップを
仕留めるため、日々勉強しております。

釣り日記以外に子どもネタも充実!!

カウンター

フリーエリア

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

ブロとも一覧

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

まとめ

釣行日記 18-05-05

釣り場  堺磯・大島

釣果   チヌ 39cm * 1匹

仕掛け  ハリス1.5号,ハリ伊勢尼7号(黒),自作立ちウキ(黒,橙),
      タナ4~5.5ヒロ

エサ   オキアミ(紀州釣り)

久々にKと一緒に行くことにした。
部活や塾があるため、なかなか釣りに行く日が合わなかったが、
今回 1年半振りに実現出来た。

4時30分 うえひら渡船 船着場に到着。
5時の一番船には7名乗せて出船。

私達は大島で紀州釣り。
早速 太陽が出てきました。
   ↓
IMG_2034sok.jpg

朝は上り潮が手前に突いてくる。
エサ取りの多い大島だが、ずっとエサは残ってくる。

朝食を食べることにします。
(選り取り3ケ 298円)
   ↓
IMG_2035sok.jpg

1年半振りの紀州釣りだが、ダンゴ投入のコツを
覚えているらしく、飛距離も伸びていた。
   ↓
IMG_2040sok.jpg

10時過ぎにチヌが来た。
   ↓
IMG_2043sok.jpg

以降ダンゴ投入を繰り返すが、潮が手前に突いてくる
のは変わらず今日も難儀だ。

休憩を挟みながらKも頑張る。
   ↓
IMG_2044sok.jpg

あらゆる手を尽くしたが、魚は釣れず。
15時45分 納竿とした。

今日も厳しい釣りになってしまった。
これに懲りず次回に期待。






スポンサーサイト

釣行日記 18-05-01

釣り場  みなべ・カブト

釣果   チヌ    38cm * 1匹
      丸ハゲ  24cm * 1匹

仕掛け  ハリス1.5号,ハリ茶グレ6号,デュエルTG/2B,
      タナ1.5~2.5ヒロ

エサ   オキアミ(フカセ釣り)

1ヵ月前から決めていたカブトでの釣り。
前夜 意気込んで準備したものの、何と朝寝坊して
起きたら4時20分。
朝は潮位高いので、中途半端な時間に行っても短時間での
磯替わりとなるので、地道を使ってゆっくりとみなべを目指す。

往路の燃費は過去最高(19.1km/L)を記録した。
   ↓
IMG_2009mk.jpg

朝食は出船前に車で食べた。
   ↓
IMG_2012mk.jpg

9時の船に乗り、カブトへ。
   ↓
IMG_2014mk.jpg

仕掛けを投入するも、中途半端な上り潮で、
手前に突いてきたと思えば、その後ウキの位置は変わらず。

10時過ぎに中途半端な下り潮に変わった時にチヌが来た。
   ↓
IMG_2016mk.jpg

こんな美味しそうな丸ハゲも。
肝パンパンで抱卵していた。
   ↓
IMG_2017mk.jpg

その後 サシエを取られることなく時間が過ぎる。
潮位が一番低い時間帯を迎えたが、
時折 南西方向からのウネリで波の高低がある。
昼を過ぎた頃だが、15時までの釣りは厳しいと
判断して13時に迎えにてもらい地方のウノ島へ。
   ↓
IMG_2021mk.jpg

潮位がかなり下がっているので、今後のために
シモリの位置を確認。

ここでもエサ取りは皆無に等しく、難儀した。

唯一 竿を絞り込んだのはサンノジ。

16時過ぎ 釣れそうな雰囲気がプンプン。
   ↓
IMG_2025mk.jpg

しかし竿を絞り込む魚は当たらず16時35分 納竿。

イカもさっぱり釣れていない みなべ磯ですが、
今後の釣果回復に期待。








釣行日記 18-04-21

釣り場  堺磯・平島のウラ

釣果   なし

仕掛け  ハリス1.5号,ハリ伊勢尼8号(黒),自作立ちウキ(黒・橙),
       タナ4~5ヒロ

エサ    色々(紀州釣り)

今季初の紀州釣り。
情報は全くないが、自分の中では 「そろそろ行けるやろ」という
想いがあったので、久々に堺磯へ。
5時過ぎに港到着。
往路の燃費はまずまず。(復路も18.6km/L)
   ↓
IMG_1965hu.jpg

平島のウラに行くと決めていたので船頭にその旨を告げる。
5時30分の一番船には7名乗せて出船。

平島のウラからみた日の出。
   ↓
IMG_1966hu.jpg

本日のポイント。
午後から南寄りの風が吹く予想で、これに下り潮が
カンヌシの方向にとってくれることを願い釣り開始。
   ↓
IMG_1967hu.jpg

朝一番はゆっくり上り潮。
この潮の時は魚を釣った試しがない。

朝食です。新パッケージで風味も良くなった。
   ↓
IMG_1968hu.jpg

上り潮が止まった。その後の変化を待つが、
ウキの位置は変わらず。

しつこくダンゴの投入を繰り返すが、エサは残った
ままの状態が続く。

緩い南風が吹いてきた。
海面はこんな感じで非常に釣りやすい。
   ↓
IMG_1974hu.jpg

昼を過ぎてもウキの位置は変わらない。
当然ウキが消し込まれることはない。

15時前から 潮かやや右に流れ出した。
この時にサンノジとボラが当たってきたので、
神経を集中して釣るがお持ち帰りの魚は釣れず。
15時40分 納竿とした。

水温17.7度。
平島ウラでの紀州釣りで大型を狙う最大のチャンス
だったが今年は結果出なかった。

釣行日記 18-03-03

釣り場  みなべ・カブト 他

釣果   チヌ 39~51cm * 4匹
      グレ 33cm * 1匹

仕掛け  ハリス1.7号,ハリ茶グレ6号,南ウキ競技3B,
       タナ2~4ヒロ

エサ    オキアミ(フカセ釣り)

今回も坊主を恐れずに みなべ磯へ。
5時10分 わだま渡船到着。
今年に入ってから全くと言っていいほど
釣れおらず、お客さん少ないので船頭嘆いています。

6時の一番船には5名乗せて出船。
私は潮位下がったら沖磯に行くと船頭に告げていたので、
それまではダルマへ行くことにした。
私に似合わない高い磯。
   ↓
IMG_1820mo.jpg

IMG_1823mo.jpg

朝は凪。ハテでも安心して釣れる。
(向こうは堺磯・ヤナギ)
   ↓
IMG_1821mo.jpg

在庫が底をついたので得パック購入。
今回はカカオ。
   ↓
IMG_1822mo.jpg

左から出る強い払い出しで仕掛けは右に流される。
際から丹念に探るがアタリなし。これは想定どおり。

9時過ぎに船が来たので私はカブトへ。
わだま渡船からの沖磯は私一人だけでした。
   ↓
IMG_1831mo.jpg

先日 台風並みに荒れたようで、潮が混ぜ返したため
全体に濁ってます。早速釣り開始。
いつものポイントは仕掛けが止まったままで釣れそうな
雰囲気なし。
そこで普段仕掛けを入れないエリアを攻めることに。

上手い具合に仕掛けが入っていく。
30分くらいマキエをした頃、ゆっくりとウキが入る。
かなり渋い。少し待ってフッキング成功。
久々に手にする魚は体高のある腹パン44cmのチヌ。
あれだけ待ってもハリは唇皮一枚。
   ↓
IMG_1839mo.jpg

IMG_1840mo.jpg

立て続けに同じところで同じようなアタリ。
これもコンディションの良い40cmチヌだった。

南風が強まってきた。
   ↓
IMG_1843mo.jpg

14時過ぎに竿引きのアタリ。
超久々のグレ。素早く抜き上げた。
   ↓
IMG_1844mo.jpg

次に来たのは大きかった。
また同じところでラインが走ったので反射的に
合わす。竿は綺麗な弧を描いている。
太いチヌ51cm!
   ↓
IMG_1845mo.jpg

カブトでの釣りは16時30分くらいまでなら
出来そうだったが、安全第一ということで
14時30分に迎えに来てもらい、第3ラウンドへ。
最後は子ノ島です。
   ↓
IMG_1847mo.jpg

南東の角は向かい風で釣りにならないので、
北側の棒杭周辺を攻める。
仕掛けは水道をゆっくり西へ。
16時前に渋いアタリを捉え、チヌを追加した。

港から船が出てきたので16時45分 納竿とした。
本日の釣果
   ↓
IMG_1854mo.jpg

一番大きいのと小さいのは帰り際にやさしくリリース
すると元気に泳いでいった。

先々週より水温は2度前後上昇している。
今後に期待。
皆さん どんどんエサを撒きにきてください。

CIMG6851mo.jpg


釣行日記 18-02-17

釣り場  みなべ・大島

釣果   なし

仕掛け  ハリス1.7号,ハリ茶グレ6号,南ウキ3B,
       タナ2.5~4.5ヒロ

エサ    オキアミ(フカセ釣り)

釣果期待薄を承知で今回も みなべ磯へ。
5時10分 わだま渡船へ2番目到着。
その後 1名来ただけ。
6時20分の一番船には3名乗せて出船。
船は鹿島西側を周る。水温11.9度。

朝は潮位高いため、鹿島イケジリへ。
   ↓
IMG_1733io.jpg

西向きのため 日の出は撮れない。
7時30分過ぎに太陽が姿をあらわした。
   ↓
IMG_1736io.jpg

朝から北西風が強く、左の角からの釣りは不可能。
磯にブチ当たった波は飛沫となり舞い上がる。
荷物は安全な高台に上げたが、飛沫で真っ白に。

朝食を食べて気合を入れ直す。
   ↓
IMG_1741io.jpg

切目崎方向からの強風は立っていられない程。
   ↓
IMG_1740io.jpg

美味しそうなガシラが釣れたが。。。
   ↓
IMG_1742io.jpg

10時前に船が来たので、磯替わり。
船頭と相談の結果、北西風をかわせて 常にエサが入っている
大島がお勧めということで久々に大島へ。
   ↓
IMG_1758io.jpg

船着を釣り座とし、足元から前方のシモリまでを攻める。
この頃より西北西の強風となり、子どもでは飛ばされる
レベルの風だ。西波で仕掛けが安定しない。

磯の窪みをみると、何と大きなスジアラが打ち上がっていた。
この低水温なので死んでしまったのか?
   ↓  
IMG_1753io.jpg

ざっと70cm,目方は5~5.5kgあると思います。
大変美味な南方系の魚。もったいないな。

歯が凄い!
   ↓
IMG_1755io.jpg

釣りのほうはサッパリ。
結局 最終までボラが掛ったのみ。
16時45分 納竿とした。

IMG_1767io.jpg

これで2回連続 丸坊主となってしまった。
水温は最低でも14度ないとグレ釣りは厳しいな。
それにしても強風には参った。常時10m/s以上の風。
白浜での最大瞬間風速は18.0m/sのようだが、
それ以上吹いていたような気がする。

| ホーム |


 ホーム  » 次のページ