FC2ブログ

プロフィール

ひがっさん!!

Author:ひがっさん!!
K(男の子)とR(女の子)の2人の子どもを大切にする
磯釣り師でHGは和歌山県・みなべ&堺磯です。
中でも満潮時 水没する磯に良く行きます。
フカセ,紀州釣りでの自己記録は、
尾長グレ  51cm (2.0kg)
口太グレ  46cm (1.8kg)
チヌ    59cm (3.0kg)
マダイ   60cm (2.5kg)
イシダイ  47cm (2.3kg)

特に紀州釣りが大好きで、チヌは実寸で60アップを
仕留めるため、日々勉強しております。

釣り日記以外に子どもネタも充実!!

カウンター

フリーエリア

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

ブロとも一覧

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

まとめ

釣行日記 19-02-16

釣り場  紀伊有田・ウマノコシ

釣果   グレ 40.0cm * 1匹

仕掛け  ハリス2号,ハリ口太グレ6号,
       四国ますだウキG2,タナ3~4ヒロ

エサ   オキアミ(フカセ釣り)


5~6年前から気になっていた紀伊有田に
今回初めてトライしてきた。
二週間前に東磯の"双子"を予約していたが、
釣行3日前に天気予報を確認したところ、
北西風が強く吹くとのことだったので予約磯を
"ウマノコシ"に変更した。

5時前に紀伊有田港に到着。
この頃には強く降っていた雨も小雨となった。
船頭が出船1時間前に登場したので、
近況とウマノコシの攻め方などを聞く。

雨も上がり 6時20分 10名乗せて出船。
今日のお客さんは全員 西磯へ。
地の大島,長島の次にウマノコシへ着けてもらう。

釣座は南向きで背後の地磯が風を遮ってくれる
ので厳寒期の釣りには重宝される。

磯周りのシモリ位置を確認して7時 釣り開始。
本日の釣座。(前方の右端は本州最南端 潮岬)
   ↓
IMG_2378kau.jpg

薄日が差してきたのは7時30分頃。
いつもの風景とはちょっと違うな。
   ↓
IMG_2392kau.jpg

船頭からは「磯際を3ヒロから初めて
いってください」とアドバイスもらったので
仕掛けを際に引き付けて釣る。

朝食は5分で済ませる。
   ↓
IMG_2376kau.jpg

右斜め前にみえる"チョンナ"
   ↓
IMG_2380kau.jpg

港寄りには"平島"
   ↓
IMG_2381kau.jpg

東磯の"双子"
   ↓
IMG_2382kau.jpg

沖の水没磯 "カメゴシ"と"ヨボシ"
   ↓
IMG_2385kau.jpg

"一のコジ"
   ↓
IMG_2387kau.jpg

8時前にウキがゆっくり抑え込まれた。
竿を叩くような引きに最初はサンノジと
思い込んでいたが、水面に浮いたのは
良型グレ。
地方磯のグレは良く肥えている。
   ↓
IMG_2393kau.jpg

IMG_2407kau.jpg

8時30分に弁当の配達が来たので、
冷めないうちに。
いつもは立ったまま おにぎりを頬張るが
今日は足場の悪い斜めに座って食べる。
   ↓
IMG_2395kau.jpg

足元には60cmクラスのイズスミが悠々と泳ぐ。
時々アタってくるも魚が大き過ぎて掛けても3秒と
持たない。

そのうち、この界隈で沸きに沸いているボラの登場。
表層どこか中層から下にも夥しく群がり、釣り辛い。
ボラ用のマキエを15m程 地方に撒き、本命には
磯際の壁に当てるように撒く。
4ヒロまで落としこんだが反応なく。

ウマノコシは横からみるとWの形をしており、
真ん中の低いところが水没しだした。
   ↓
IMG_2405kau.jpg

15時30分くらいからボラの群れが居なくなり、
チャンス到来かと思ったが何も食わすことが
出来ず 15時50分 納竿とした。

松村渡船の船。
   ↓
IMG_2400kau.jpg

松村船頭は人当り良く、親切に対応してくれる。
今後も利用したい。
凪の日に沖の水没磯にチャレンジしたい。

IMG_2415kau.jpg


スポンサーサイト

釣行日記 19-02-02

釣り場   みなべ・ナゼハ

釣果    なし

仕掛け  ハリス1.75号,ハリ掛かりすぎ6号,
       CORE-R攻2B,タナ1.5~2.5ヒロ

エサ    オキアミ(フカセ釣り)


一週間休養をおき、単独でみなべ磯へ。
5時10分 わだま渡船到着。
船頭到着遅れて6時に事務所が開く。

6時20分 7名乗せて出船。
一の島希望で船に乗り込んだが、
港を出て間もなく、灯台基礎が波をかぶっているので
断念。ここで他のお客さんの動向を確認しつつ、
空き磯のナゼハに行くことに。
私には珍しい "非水没磯" へ。

7時過ぎ 釣り開始。
   ↓
IMG_2367nzh.jpg

一見 静かそうにみえるが、
時々 大きな波が押し寄せてくる。
   ↓
IMG_2369nzh.jpg

気温が低い。白い息を吐きながら朝食を。
   ↓
IMG_2370nzh.jpg

船頭から浅ダナとアドバイスもらったが、
ウキに反応なく、エサもそのまま残ってくる。
唯一 竿を曲げたのはボラ。

ナゼハは背もたれ出来る岩があるので◎。
   ↓
IMG_2374nzh.jpg

どんな釣りでも辛抱が大事であるのは百も承知だが、
船がやってきたタイミングで空いている磯に替わる。

子の島。
   ↓
IMG_2375nzh.jpg

磯替わり前から どんな状況かある程度
わかってたが、やはりその通りに。
南向きはフグ地獄でハリの消耗が多い。
ハリスのチモトの噛み跡があるので、
毎回のように結び直しが必要。

北向きは乗っ込みチヌには最高のポイント。
時期的にまだ早いが竿出ししてみた。
南側から子の島を抜ける波が前方の
棒杭のほうに仕掛けを運んでくれるが、
何の反応もなし。

14時30分過ぎ、潮位が上がってきて
危険な状態になってきた。
エサは大量に余っているが納竿とした。

ここ最近、全くよう釣ってませんが、
これに懲りず次回の準備を。


釣行日記 19-01-19

釣り場  みなべ・カブト~ウノ島

釣果   チヌ 33cm * 1匹

仕掛け  ハリス1.7号,ハリ掛かりすぎ7号,
       田辺ナニワL/G2,タナ2~3ヒロ

エサ   オキアミ(フカセ釣り)


懲りずに今回も みなべ磯へ。
5時 わだま渡船到着。
前回よりお客さん少なく、10名乗せて6時20分 出船。
私は他のお客さんの動向をみて乗る磯を決める。
カブトは誰も希望しなかったので、私が乗ることに。

カブトに磯着けする前で既に戦意喪失。
竿2本前にはまたもや。。。
   ↓
IMG_2353kbu.jpg

しかし好きな磯に乗せてもらったので
最善を尽くす。

この瞬間、いつ見ても感激する。
   ↓
IMG_2351kbu.jpg

前回同様、ウキの位置は変わらず。
少しして潮がやや動きだしたが、黄色ブイの
ほうに行ったり、やや投点を変えるとアオギの
ほうに流れたりでポイントを絞ることが出来ない。

IMG_2356kbu.jpg

時間がもったいないので朝食は手早く。
   ↓
IMG_2355kbu.jpg

微風で波なし。潮が下げ、底の石が見えてきた。

一ノ島。
   ↓
IMG_2359kbu.jpg

港向きで竿引きのアタリで尾長グレが食ってきたので
そろそろアタる頃かと期待したが、何をしてもダメ。
エサはそのままの状態で上がってくる。

13時を過ぎた頃から潮位が上がってきたし、
カブトでは出来ても15時が限界なので、
ウノ島に磯替わりすることに。

いつもの釣座。
   ↓
IMG_2360kbu.jpg

足元にはフグが数匹でその他の魚はみえない。
潮が手前に突いてくるので、足元に引き付けて釣る。
ここでもエサは残ってくることが多い。

15時過ぎに小型チヌが釣れたのだが。
   ↓
IMG_2362kbu.jpg

他に竿を極限まで絞り込む魚はヒットせず。
16時15分 納竿とした。

IMG_2364kbu.jpg

自分の釣り、ちょっと考え直す時期が来てるかも。

釣行日記 19-01-13

釣り場  みなべ・カブト

釣果   チヌ 42cm * 1匹

仕掛け  ハリス2号,ハリ掛かりすぎ7号,
      ブランクレス2B(赤),タナ1.5~3ヒロ

エサ   オキアミ(フカセ釣り)


三連休の中日、みなべ磯へ。
5時10分 わだま渡船到着。
さすが好調に釣れているためか車が多い。
久々にみる駐車場満杯。

6時20分の一番船には約20名乗せて出船。
私は今回も単独でカブトへ。
磯に降り立ってまず気づいたことは、
ポイントのやや手前に網が入っていたこと。
カブトの左と右100m付近にも網が入っている。
網は入っているもののポイントはその沖なので
もし魚を掛けたら「一気に巻き上げの術」でと
イメージして釣り開始。

右の瀬から程良いサラシが形成されている。

綺麗な日の出。
   ↓
IMG_2337kbt.jpg

潮の動きは全くなく、3分待ってもそのままの位置。
投点を変えるも変化なし。

朝食は手早く済ませる。
   ↓
IMG_2340kbt.jpg

そのうち状況も変わると思っていたが、
ウキの位置変わらずエサはそのまま残ってくる。
昼前に初めてのウキ入れでチヌが竿を絞り込んだが、
厳しい状態が続く。

好調な 一ノ島(右)。
   ↓
IMG_2341kbt.jpg

最終(16:10)まで頑張ったが、不発に終わった。
この日は全般に不調でグレは数えるほどしか
なかったようだ。
水温 カブト周辺,鹿島周辺ともに14.2度。
これに懲りず、次回に向けてイメトレ実施。

チヌは最高のコンディションなので、刺身&鍋。

IMG_2347kbt.jpg

釣行日記 19-01-05

釣り場   みなべ・カブト

釣果    グレ 31~36cm * 8匹
       アイ 24~28cm * 6匹

仕掛け  ハリス2号,ハリ掛かりすぎ7号,
      ブランクレスG2/赤・黄,タナ2ヒロ

エサ   オキアミ(フカセ釣り)


今年の初釣りは正月三が日を避けて、
5日にみなべ磯へ。
5時過ぎに わだま渡船到着。
前日は30名くらい居たというが、今日は少ない。

6時20分 出船。7名全員足元をウエーダーで固めているが、
鹿島沖向きが好調ということで、沖磯組は私含めて2名。
競合なく、単独でカブトへ。
潮位が高いので、波には細心の注意を払う。

上り潮が右の瀬の先端付近を越す勢いで流れている。
   ↓
IMG_2321kbt.jpg

潮の色は久々にみる紺色。
幸先よく 3投目にグレが来たので朝食を摂ることに。
   ↓
IMG_2324kbt.jpg

曇っていたので日の出は拝めず。
   ↓
IMG_2322kbt.jpg

初釣りということでラインを巻き替えた。
(VERTEX ロイヤルブルー)
   ↓
IMG_2320kbt.jpg

苦手な上り潮が続くが、グレは良く当たる。
25~28cmであるが、竿引きのアタリばかり。
アイも竿を絞り込んだが、全てリリースした。

ひとつのポイントを攻め続けるとグレは小型ばかりに
なってしまうので、遠近,左右とポイントを変えて
キープサイズをキャッチしていく。
   ↓
IMG_2326kbt.jpg

昼食を摂る時間が非常にもったいないので、
おにぎりを食べつつポイント周辺にマキエをかぶせる。

昼をまわった頃から風が出てきたが北風なので
釣りには全く影響なし。
しかし潮位の上りが早く、13時過ぎから右の釣座が
危険になってきたので左側に移動。
しばらくは安全な釣りが出来たが、14時過ぎから
背中を押される波になってきたので、足を前後にひらいて
波で身体を倒されないように踏ん張る。

そろそろ限界近くなってきたので14時40分 納竿とした。

結構竿は曲がったが、グレは良型来ず。
現在 鹿島沖向き絶好調。
しかし私は行きません。

IMG_2327kbt.jpg


| ホーム |


 ホーム  » 次のページ