FC2ブログ

プロフィール

ひがっさん!!

Author:ひがっさん!!
K(男の子)とR(女の子)の2人の子どもを大切にする
磯釣り師でHGは和歌山県・みなべ&堺磯です。
中でも満潮時 水没する磯に良く行きます。
フカセ,紀州釣りでの自己記録は、
尾長グレ  51cm (2.0kg)
口太グレ  46cm (1.8kg)
チヌ    59cm (3.0kg)
マダイ   60cm (2.5kg)
イシダイ  47cm (2.3kg)

特に紀州釣りが大好きで、チヌは実寸で60アップを
仕留めるため、日々勉強しております。

釣り日記以外に子どもネタも充実!!

FC2カウンター

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

ブロとも一覧

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR
まとめ

陸上競技大会 19-05-25

5月25日(土)
中学生の陸上競技記録会。
(紀三井寺 補助競技場)
中間テスト前ということで、走高跳 一種目の
エントリー。

IMG_2688hhj.jpg

身体の上がりは良かった。
   ↓
IMG_2693hhj.jpg

IMG_2683hhj.jpg

自己ベストに挑戦したが、惜しくもクリアする
ことが出来ず。
来月の大会では次の高さのレベルまで
もっていきたいところ。


スポンサーサイト

さなぎの浮かし釣り

私のHGである 堺磯では例年水温が20度を
超す頃から さなぎの浮かし釣りが始まる。
愛用している 浜市の生さなぎ。
   ↓
IMG_0556sng.jpg

非常にゲーム性の高い釣り。
見えているチヌを食わすスリリングさが魅力。
白い目印が勢い良く海中に引き込まれると
同時に竿先が舞い込む。

私のタックルです。
   ↓
IMG_2548sng.jpg

長尺竿なので、極細ハリスでも竿を極限まで
曲げ込めば大きなチヌでも楽に取り込める。

当時 小学2年生のKが取り込んだ49cm。
   ↓
CIMG3323sng.jpg

シーズン初期はチヌもスレていないため
大胆にも背ビレを海面に出して さなぎを貪る。
心臓バクバクのシーンだ。

見かけによらず

先日釣った小さいほうのイガミです。
   ↓
IMG_2541sok.jpg

見かけによらず大変美味な魚。
久々に煮付けでいただき感激した。

田辺のおいやん達には絶大な人気を
誇るイガミ。

釣行日記 19-05-11

釣り場  堺磯・大島

釣果   グレ   38cm * 1匹
      イガミ  30~42cm * 2匹
      丸ハゲ 22cm * 1匹

仕掛け  ハリス1.5号,ハリ伊勢尼8号(黒),
       自作立ちウキ(黒・橙),タナ4~5ヒロ

エサ   色々(紀州釣り)


天候が良さそうだったので、堺磯へ。
4時30分過ぎ 堺港到着。
往路の燃費は2度目の20km/L超。
   ↓
IMG_2532sok.jpg

今年はアオリイカがあまり釣れていないためか
今日もお客さん少なく、遅番の5時15分の一番船
には4名乗せて出船。
私は希望していた大島に着けてもらった。

おはようさん。
   ↓
IMG_2534sok.jpg

ダンゴの準備整い、釣り開始。
   ↓
IMG_2535sok.jpg

上り潮がやや手前に突いてくるので
非常に釣り辛い。
エサ取りの動きは朝一番から活発で、
この先どうなるのか心配になる。

潮行きも変わらないので朝食を摂るとに。
   ↓
IMG_2538sok.jpg

潮の差し込む角度がややマシになった頃、
ウキに反応あり、グレ38cm。
パワフルな引きをみせてくれたがイサギの
ように細い。。。
   ↓
IMG_2539sok.jpg

その後、あれだけエサ取りが多かったのに
サシエが残ってくるようになった。
時々アタってるのはボラで、竿引きの大型サンノジ
のアタリは皆無。

14時前にウキが一気に消し込んだ。
重量感たっぷり。海面に姿を現したのは
良型のイガミ。(1.37kg)
   ↓
IMG_2542sok.jpg

一番の干底でも南面は波かぶり、
反対側の遠目にみえる みなべ浜の波打ち際も
真っ白だった。
   ↓
IMG_2543sok.jpg

太陽光が反射して非常に視認性の良い
自作立ちウキ(橙)。
   ↓
IMG_2544sok.jpg

ダンゴ投入ピッチを早めてみたが、全く反応なくなり、
戦意喪失で15時40分 納竿とした。
   ↓
IMG_2545sok.jpg

水温は20度間近。
そろそろサナギに反応するチヌの姿が
見られるかも。

IMG_2546sok.jpg


ツツジ満開

子ども達の練習場のツツジ満開!
   ↓
CIMG7017kss.jpg


| ホーム |


 ホーム  » 次のページ